にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/2/21 National Hunt Racing

*Chepstow

Rifles Handicap Chase Supporting Care For Casualties (The Bombay Hunt Cup) (C2) 2m110y

昨シーズンの2m路線のチャンピオン、Sire De Grugyがまさかの参戦。膝の手術からの復帰初戦The Game Spirit Chaseこそ飛越が安定せず、落馬競争中止に終わった。しかしながらかつて長期休養開けのMughull Novice Chaseでも似たようなパフォーマンスを見せているだけに、今回は相手関係からも大いに前進が見込まれる。昨シーズンはG1を4勝と圧倒的なパフォーマンスを見せてきた馬。ここは楽勝して貰いたいところ。Grey Goldは11st12lbを背負ってC2勝ちこそあるものの、C1の一線級に入ると荷が重い。Far WestはNoviceの身であり、前走もTop Gambleに負けている。Mister GrezはC4勝ちこそあるものの、C2では実績すらない。

 

軽量のMister Grezが逃げる展開。トップハンデのSire De Grugyは最後方から構えるも、残り5障害あたりから難なく抜け出し楽勝。課題の飛越も安定していた。1~2stものハンデを背負ってもここでは格も実力も数枚上。CheltenhamのQueen Mother Champion Chase連覇に向けて視界良好といったところか。

 

 

*Kempton

Handicap Chase (Jockey Club Grassroots Jumps Series Qualifier) (C3) 2m4f110y

BetBright Cheltenham Festival Fund Adonis Juvenile Hurdle (Grade 2) (C1) 2m

4戦2勝、うち1戦はPUのBivouacが参戦。前走こそG2に挑んだものの、Peace And Coに14馬身負けている。Peace and CoはJuvenile路線で中心視される馬。さすがに相手が悪かったか。他1戦1勝のBeltor、Sam Twiston-Davies擁するAll Yoursなど。

 

Beltorが快勝。Bivouacは好位を進むも勝負どころから手ごたえが怪しくなり、Beltorから大きく離された3着。2着にはAll Yoursが入った。

 

BetBright Best For Festival Betting Pendil Novices' Chase (Grade 2) (C1) 2m4f110y

Noviceの身ながらHaldon Gold CupにてBalder Succes、Sumersbyなど2m路線の一線級に勝利した実績のあるGod's Ownが参戦。ここ2走は精彩を欠き、Novice路線に戻してくる。しかしながらNoviceであれば力は間違いなく上位。前走Novice G1にてGitane Du Barlaisの2着に入ったIrish Saintが対抗。Chaseに転向してからはなかなか重賞勝ちこそないものの、安定したレースを続けている。HurdleではG2やNovice G1勝ちのあるMelodic Rendezvous。前走はSouthfield Theatreに僅差の2着だった。Heavyな馬場の良い馬なので馬場がどうか。

 

Irish SaintとMelodic Rendezvousの一騎打ちはIrish Saintに軍配が上がった。Melodic RendezvousはIrish Saintを追いかけるも第12障害でミス。その後は勝ち馬に離される一方であった。最後Hollow Pennyに交わされたのは勝ち馬を追いかけた分か。Hollow Penny自身は二頭がスパートをかけた際についていけていなかった。なおGod's OwnはNR。

 

Sky Bet dovecote Novices' Hurdle (Grade 2) (C1) 2m

Days Of HeavenとVago Collongesの一騎打ち状態。Days of Heacenはここ2走C4で2連勝。いずれも圧勝である。Vago Collongesは前走G2でOrdo Ab Chaoの3着。The Grey Taylorは前走C2でSome Planに水を空けられており、やや厳しいか。

 

Days of Heavenが勝利。Vago Collongesは勝ち馬と叩きあいに持ち込むも最後遅れ2着。The Grey Taylorは途中まで二頭についていくも残り2障害から遅れ離れた3着。

 

BetBright Chase (Grade 3 Handicap) (C1) 3m

いつもどおり難解なハンデ戦。 人気はEaster Day、Fox Appeal、Rocky Creekなど。トップハンデのRajdhani Expressは3m経験がなく、かつ最近は行きたがる面を見せている。やや厳しいか。Champion ChaseでRoad To Richesの2着、Grand National5着のRocky Creekは実力、ハンデ実績、距離実績共に申し分ない。あとは軽ハンデ馬との戦いか。前走からハンデ戦に参戦しているFox Appeal、3mはHurdleのみの経験となるのでそこが課題。Le Reveは3mを中心に走っている馬。斤量は11st3lbとやや重く、この相手にこの斤量でどこまで。Scottish Grand National勝ち馬のGodsmejudge。今季初戦は残念なパフォーマンスだったが、実力、ハンデ実績、距離実績共に申し分ない。あとは調子か。Great Yorkshire Chaseの勝ち馬The Rainbow Hunterは距離もハンデも克服しているものの、如何せん今季初戦。大目標はGrand Nationalか。人気のEaster Dayは距離が不安。前走のHennessy Gold CupこそPUであったWhat A Warriorはその前は2連勝。ただしBlack Thunderを下した際は軽ハンデだっただけに実力面が不安。Lost Legendはようやく調子が戻ってきたか。G3勝ちのあるBally Legendは近走冴えないが斤量が軽くなる今回は見直しても良い。Renardは軽ハンデでどこまで。距離実績があり、Geraghty擁しているChartreuxは軽ハンデもあり侮れない。Tenor Nivernaisはやや格下か。C3でGas Line Boyの2着に入っているBallinvarrigも侮れない。最軽量のTap Nightは元々2m5f路線の一線級と戦ってきた馬。前走復調の兆しを見せているが、今回はやや距離が不安か。

 

Rocky Creekが快勝。道中は好位置を進み、残り4障害からは抜け出し、最後は持ったままの快勝であった。11st11lbの斤量を背負っての好走。ここでは力が違うか。離れた2着にLe Reve。斤量が不安であったが健闘した。3着には人気薄のBally legendが入った。Godsmejudgeは途中から手ごたえ悪くなるも持ち直し離れた5着。Rajdhani Expressは最後のとまり方が急だったのでやはり距離か。なお後方をポツンと走っていたThe Rainbow Hunterは早々にPU。馬場が合わなかったとの話。Fox Appel、Tap Nightは落馬競争中止

 

*Newcastle

Betfred Eider (Handicap Chase) (C2) 4m1f

非常に興味深い4m戦。Shotgun Paddy、Portait King、Wyck Hill、Alpha Victorが人気。 特にShotgun PaddyはCheltenham Festivalの4m戦でも11st6lbを背負って2着に入るなど、斤量にも距離にも耐性がある。課題は飛越か。Portrait Kingは3年前の勝ち馬。当時よりも斤量は軽くなるだけに楽しみ。4m実績のあるWick Hillは11st6lbの斤量が課題。Alpha Victorは4m実績こそあるものの、当時は10st0lbの軽ハンデだったので、10st12stの今回は斤量が課題。ほかScottish Grand National5着のSummery Justiceはやはり好走時は10st0lbだったので、8lb増える今回はどうか。

 

中団から徐々に進出したMilboroughがSummery Justiceの追撃を振り切った。平地の市ピードこそSummery Justiceが上回っていたが、最終障害の飛越の巧拙が2頭の差を分けたか。Milboroughは3m超えの長距離戦を主に使ってきた馬。今回は10st8lbとさほど斤量が重くなかったのも利したかもしれない。Woodford County、Knockanrawley、Sharney Sikeなど先頭集団を走っていた馬がその後ろ。Shotgun Paddyは第16障害で落馬競争中止。今後も飛越ミスのリスクを考慮に入れたほうが良いかもしれない。

 

*Fairyhouse

Bambury Bookmakers Juvenile Hurdle (Grade 2) (C1) 2m

寂しい3頭立てになってしまった。Vercingetorixが人気。続いてLettre De Cachet。

 

最低人気のGwencily Berbasが楽勝。Vercingetorixはカーブを曲がり切れなかったり飛越を嫌がったり序盤からトラブル続きで大敗。

 

Bobbyjo chase (Grade 2) (C1) 3m1f

Roi Du Meeが人気。かつてはSizing Europeを破ったほどの馬。それ以降さえないレースを続けていたが、前走のListedを勝利しようやく復調の兆しを見せた。Galway Plate4着のSpring Heeledが続く。ほかMy Murphy、Foildubh。

 

Roi Du Meeがレースを引っ張る展開。番手にMy Murphy、Spring Heeled。途中からMy Murphyが先頭に。Roi Du Meeは残り7障害あたりから代わって先頭に立ち、うちから迫ろうとするMy Murphyを競り落とすと後方から迫ってきたFoildubhの追撃を半馬身振り切った。3着にMy Murphy。Spring Heeledは勝負どころから置かれ4着。