にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/3/10 Ultima Business Solutions Handicap Chase (Grade 3)

Ultima Business Solutions Handicap Chase (Grade 3) (C1) 3m1f Good to soft-good in places

長距離のハンデ戦。去年はNoviceの身ながら11st6lbを背負って勝利したHolywellがここから出世していった。人気はハンデ戦らしく割れている。Pendra、Ned Stark、The Druids Nephewあたりが人気か。ハンデはBlack Thunderの11st12lbがトップハンデで、Azure Flyの10st4lbは最軽量となっている。

トップハンデのBlack Thunderは昨シーズンはNoviceを走っていた馬で、今期はListed勝ちがある。ただしCheltenhamは二回走って惨敗、Fallとあわないようだ。同様に昨シーズンNoviceを走っていたAnnacottyは前走Cheltenhamでハンデ戦を勝利。ただし相手がBig Fella Thanksとさほどスピードに長けた馬ではない点が気がかり。昨年のRSA ChaseもO'faolains Boyの8着と惨敗。Becher Chase2着のMendic ExpressはCheltenham実績、斤量、馬場ともに条件を満たす。Hurdleを一度叩いたここはチャンスか。Theatre Guideはここ2戦はいまいち。Hennessy Gold Cup Chase3着の実績はあるのだが。Garaghty擁するThe Druids NephewはHurdle戦を一度叩いての参戦。CheltenhamではSam Winnerの2着の実績もあるのでここでもやれていい。

No PlanningはCheltenhamの経験がない。Cheltenhamのコースもまたやや特殊で、特に坂の下りに設置された障害は難易度が高いため、ここは割引材料。Cape TribulationはCheltenam Gold Cup参戦暦もある馬。ただしここのところはいまいちなレースが続いている。軽視されているのがMonbeg Dude。11st1lbとハンデがかなり軽くなる上にGrand Nationalでも完走している。ハンデが軽くなる今回は狙い目か。Grand Jestureはここに入るとやや厳しいか。斤量も特別楽ではない。経験こそ少ないものの未知の魅力があるのがNed Stark。Ptit Zigにこそ完敗したものの、Cheltenahm経験があるのは強み。What A Warriorは11月以来の競馬となるのがやや不安か。Cheltenhamもあまり実績がない。

Lost LegendはCheltenham初経験。スピードのない馬だけにやや不安。MaCoy擁するPendraは騎手人気もあるだろうが、ややここに入ると実績が足りない。Indian Castleはここ数戦はいまいち。春から夏にかけて3連勝を飾ったLamb Or CodはさすがにC1に入ると力が足りないようだ。意外と侮れないのがGevrey Chambertin。前走からブリンカーをつけたとのことだが、どうやらこれが上手く行っている模様。According To TrevはC2実績まではあるが、C1に入るとやや厳しい。Barrakillaは前走は事故のようなものなので、2着は評価してよい。ハンデも10st7lbと軽くここはチャンス。Southfield Theatreに完敗しているNoviceのSmart Fredyはやや足りないか。ShanganiはハンデをもらってもC1では完敗続き。アイルランドから参戦のGallant Oscarは力関係が判断しにくいが、少なくともハンデは楽。Dursey Soundはここのところから一気にハンデが楽になるのはチャンス。ただしコース実績はない。Tenor Nivernais、Azure FlyはこのハンデでもC1経験がなく厳しいか。 

 

Azure FlyとAnnacottyが引っ張る展開。好位にGrand Jesture。Black Thundeは中団、Monbeg Dudeは後方から。途中からAzure Flyは脱落、Annacottyが先頭に。坂を下るあたりからAnnacottyの手ごたえがは怪しくなり、Grand Gestureが先頭に。追いかけるhaThe Druid Nephew。The Druids Nephewが残り2障害から先頭に立ち快勝。押し切りを図ったGrand Gestureが2着、遅れて進出したGallant Oscar、Indian Castleが3、4着、Grand Jestureの後ろにいたPendraが5着に入った。

The Druids Nephewは実績に対してハンデが楽、Cheltenham実績もあるのが味方したか。軽視していたのがGrand Jesture。アイルランドで走ってきた馬だが、Grade B2着の実績に対して10st11lbのハンデは楽であった。Monbeg Dudeは全く進んでいかず後方に敗れた。Gebery Chambertinはやはり気性に問題があるのか、道中も鞍上の手が動く場面が散見された。