にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/3/10 Stan James Champion Hurdle Challenge Trophy (Grade 1)

*Stan James Champion Hurdle Challenge Trophy (Grade 1) (C1) 2m110y Good to Soft-good in places

2miles Hurdle路線のチャンピオン決定戦。初日のChampion Dayのメインレース。今回はなんと言っても強烈な個性を持つ4頭が揃った。人気こそFaugheenが抜けているが。

Faugheenは昨シーズンNoviceを走っていた馬だが、そこからHurldeは8戦無敗。いずれも楽勝という怪物。一線級とあたるのは今回が初めてという点が懸念事項だが、2miles路線の主役に躍り出るにふさわしいパフォーマンスを見せてきている。

続くは2miles路線において主役を張ってきたThe New One。昨年こそOur Conorの落馬による不利で3着に終わったが(Our Conorは安楽死。改めてRIP)、その後は5連勝と力の違いを見せ付けている。Hurdleは15戦11勝という驚くべき数字。前走こそHeavyな馬場に苦戦したが、本来はGoodな馬場でこそ真価を発揮する馬。今年こそChampion Hurdle制覇となるか。

Jezkiは昨年のChampion Hurdleの勝ち馬。ここのところはHurrinace Flyに3連敗だが、いずれもアイルランドでの結果。Cheltenhamで巻き返しを図る。Hurricane FlyはG1を22勝という圧倒的な実績を誇る馬。ただし今回はCheltenhamの馬場で、去年はスピードに課題が見られただけにその点がどうか。もっとも、今期はJezkiに3連勝するなど古豪健在ぶりを発揮している。

その他の馬はこの4頭とはやや差があるか。Arctic Fireは崩れず走る馬だがここのところはいずれもHurricane Flyに完敗。特に前走はJezkiに先着とはいってもJezkiの飛越にミスがあったので度外視。Vaniteuxは前々走The New Oneに完敗。厳しい。未知の魅力があるのはKitten Rockか。Bertimontは1勝馬で前走The New Oneに迫ったとはいえHeavyな馬場を利してのもの。やはり厳しいか。

 

Faugheenが逃げる展開。The New OneとJezkiがそれを追い、Hurricane Flyがその後ろで構える。Arctic Fireなどはその後ろ。下り坂からThe New OneとJezkiが並びかけるものの、The New Oneの手が先に動き、JezkiもFaugheenを潰しきれない。その後ろからHurricane Flyが追うも、スピードの違いで離される一方。むしろHurricane Flyと同時に追ったArctic FireがFaugheenを追い詰めていた。

Faugheenは正確無比な飛越で引っ張り、The Machineとすら呼ばれていた。The New OneとJezkiの両馬に潰しに行かれたにも拘らず、むしろそれを突き放して完勝という内容、これは2milesの主役は決まったようなものか。Arctic Fireは前走こそJezkiのミスで2着にきたとはいえ、今回も2着。展開的には漁夫の利といったところだが、力のあるところを見せた。Hurricane Flyはやはりスピードの衰えを感じさせる3着。Jezki、The New Oneは最終障害の飛越でミスがあったように完全にバテて完敗の内容。