にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/3/22 Cheltenham Festival Champion Day

*とりあえず

2015 Cheltenham Festivalの個人的なまとめ。レースの詳細は各記事を参照。長いので4記事に分けようと思う。

 

*Cheltenham Festival

Cotswolds地方に存在するCheltenham競馬場で行われる英愛障害競馬の祭典。3月上旬の4日間にて、3miles超えの超長距離ハンデ戦を除く、全ての路線の最強馬決定戦が行われる。賞金額も非常に高く、全て数万ポンド以上。ちなみにチケットや馬券は1年前から売っている。なお昨年10月頃に近隣のホテルを捜したところ殆どが満員御礼だった。

 

*Champion Day (15/3/10)

快晴の良馬場のもとで行われた初日。G1としては、短距離Novice HurdleのSupreme Novices' Hurdle、短距離Novice ChaseのArkle Challenge Trophy、短距離HurdleのChampion Hurdle Challenge Trophy、及び今年からG1に格上げされたOLBG Mares' Hurdleが行われた。特にArkle Challenge TrophyではUn De Sceauxが圧倒的なスピードを見せ付けたほか、正確無比な飛越とスピードを披露し"the Machine”と称されたFaugheenのChampion Hurdle制覇、Mares' Hurdleでは人気を背負ったAnnie Powerが最終障害で落馬する波乱もあり、初日から非常に見ごたえのあるレースの数々が展開された。

 

 

Cheltenham Festival最初のレース。スタート時の大歓声は有名。レースは人気のDouvanが快勝。これで同馬は3戦3勝。ただし、昨年のVautourと比較すると今期のNovice Hurdleはいまいち抜けた馬が居るようには感じないので、同馬は次が正念場になる。

 


Un De Sceauxがスピードの違いを見せつけ圧勝。Noviceとは思えないほど早いペースで引っ張ったに関わらず、飛越の乱れもなく、最後まで余力が残っていた。実際、G1にも関わらず追走に苦労する馬が居るほどであった。2着にいたGod's Ownは人気こそ無かったが、本来はHaldon Gold Cupで上のクラスの馬に勝ってきているほどの馬。昨シーズンのPunchestownのG1勝ちが英国障害シーズンが終わった後であったため今期もNoviceに留まっていたが、本来であればNoviceにいる馬ではない。それを6馬身千切るUn De Sceauxは相当に強い。これで同馬は落馬を除けば9戦無敗。次が楽しみな1頭である。

 

 


 


無敗の怪物Faugheen、2miles路線の中心格で今期無敗のThe New One、G1最多勝利記録更新中のHurricane Fly、昨年の勝ち馬Jezkiの4強対決。結果は無敗の怪物Faugheenが圧倒的なパフォーマンス見せ付けるものとなった。Faugheenは正確無比な飛越で引っ張り、The New OneとJezkiが潰しにいくもそれを退け快勝。Hurricane Flyは良馬場があわなかったようだ。とにかく、2miles Hurdle路線の主役はしばらくこの馬でよいだろう。

 


9戦8勝のAnnie Powerが参戦することで話題になったレース。そのAnnie Powerが直線抜け出し、楽勝かと思われたところ、最終障害でまさかの落馬。勝ったのはGlends Melody。昨年はQuevegaの2着に涙を飲んだが、今年は嬉しいG1勝利となった。同馬はこれを以て引退が決定した。