にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/4/9 The Doom Bar Aintree Hurdle (Grade 1)

*The Doom Bar Aintree Hurdle (Grade 1) 2m4f

短距離HurdleのG1。この路線はとにかくCheltenhamのChampion Hurdleを圧勝したFaugheenの一強状態だが、二番手以下は混戦。特にその中でもJezki、Arctic Fire、Rock On Rubyが今回は集まり、興味深い一戦となっている。

このレースを考える前にChampion Hurdleについて振り返ってみよう。Champion Hurdleは人気のFaugheenが引っ張る展開で、その後ろにJezkiとThe New One。そのあとにHurricane FlyとArctic Fireがつける。勝負どころからJezkiとThe New Oneが勝負を挑みにいくもFaugheenに振り切られる。代わって追い込んできたArctic Fireが2着に上がり、Jezki、The New Oneは脚が上がりその後ろ、といった展開であった。

そう考えると人気のArctic Fireは展開が味方したともいえる。確かに前々走の2着もJezkiの飛越ミスに助けられた部分があり、必ずしもJezkiと比較して上とは言いがたいところがある。しかしながら今期の安定味は図抜けており、今回も好勝負が期待できる。また、Mullins師いわく今期は成長がうかがえるとのことで、新たなるスターホースの誕生なるか、目が離せない。

対するは昨年のChampion Hurdleの勝ち馬Jezki。今期こそHurricane Flyの前に敗退続きで同馬の記録のお膳立てをする格好になったりとどうにも冴えないが、昨季の終盤に見せた圧倒的なパフォーマンスは忘れがたい。平坦なコースで馬場もよさそうなのは歓迎材料。再度Faugheenに挑戦するためにも、元王者の復活を期待したい。

Rock On Rubyは2012年のChampion Hurdleの勝ち馬。一時はChaseに転向するも、どうも飛越が低く安定せず、再度Hurdleに戻ってきた。Hurlde復帰戦となった昨年の同レースでは低く軽快な飛越を見せ、The New Oneの2着に食い下がった。今期はここまで2連勝と調子もよく、ここでも期待できる。

Blue Heronは前走Irvingを下してはいるが、Garde La Victoireに完敗しているようでは厳しい。Vaniteuxは上位陣とは差がある。Volney De Thaixもやや厳しいか。Melodic Rendezvousは重馬場専用の馬。

 

Volnay De Thaixが引っ張る展開。2番手にRock On Rubyが構え、例によって圧力をかける。Jezkiは中団、Arctic Fireは後方から。直線を向くところから一気に馬群が凝縮し、Jezki、Rock On Ruby、そしてArctic Fireの3頭の競り合いに。その中で最も手ごたえの良かったArctic Fireが一気に抜け出すか、と思ったところで、最終障害にてArctic Fireがまさかの落馬。Rock On Rubyは完全にこの落馬の不利をうけ、Jezkiが13馬身差の圧勝となった。

Jezkiはさすがに力のあるところを見せた。しかし今回はArctic Fireの落馬の利があったため、Champion Hurdle勝利馬の完全復活とまでは行かないだろう。Rock On Rubyは惜しい2着。ただしそのまま行けば3着と言った手ごたえであったが。なおArctic Fireは無事とのこと。一時は周りを覆うシートを準備されていただけにこれは嬉しいニュースである。抜け出すときの手ごたえは最も良かっただけに力をつけているのは間違いない。次が期待される。