にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/4/9 The Crabbie’s Fox Hunters’ Steeple Chase (Class 2)

*The Crabbie’s Fox Hunters’ Steeple Chase (National Course Class 2) 2m5f

1日目において最もSpectacleなレースは間違いなくこれだろう。National Courseを用いたアマチュア騎手限定戦である。Grand Nationalとは異なり、これはNational Courseを1周する。なお、斤量は定量。

Allerford JackはC4からC5で走ってきた馬。ややここに入ると厳しいか。13歳のベテランBig Fella Thanksは要注目の一頭。今期は10st13lbを背負ってG3で2着に入っているほか、12st8lbの酷量を背負ってOpen Hunters' Chaseを勝利している。しかし、なんと言ってもこの馬の強調点なNational Courseの経験の豊富さだろう。2010年のDon't Push Itが勝利したGrand National4着、その他数多くのBecher ChaseやGrand National、Topham ChaseといったNational Courseを用いるレースに参戦してきている。しかし未だNational Courseで勝ち星はなく、ここで大ベテランが待望の勝ち星を上げられるか、要注目である。

ここに来て下級条件を2連勝のBobs Law。課題は初のNational Courseか。Bound For Gloryは前走こそ14馬身の圧勝だが、あくまでNoviceのC6。ややここでは厳しいか。ベテランBoxer Georgは近走いまいち。Brunswick GoldもC3で完敗。Current EventもOn The Fringeに完敗しており、相手関係に疑問が残る。Douglas Julian、Earth Dream、Good Eggは格下。Illusion of Timeは未勝利馬でここではさすがに厳しい。

昨年のGrand Nationalに挑戦し、Becher's Brookで落馬したのがLast Time D'albain。2013年のTopham Chaseの3着馬でもある。今期はアイルランドのC1を快勝してきており、ここでは期待が持てる。課題はもちろん昨年落馬したそれだろう。Major MalarkeyはC3で完敗続き。前走落馬している点も気がかりで、やや厳しいか。Neverownup、Ockey De NeulliacはC6の常連だが、上のクラスでも勝ち鞍はある。課題はコースだろう。人気になっているのがOn The Fringe。前走のCheltenhamのFoxhunter Chaseはまさかの17馬身の圧勝。12lb台は背負いなれている点もプラス。課題はこの馬もコースであろう。

Out NowはC5で完敗、やや厳しいか。Pacha Du PolderはTeaforthreeの2着があるように力があり、またコース経験もあるのもプラス。QuinzはC2に入るとあまりいいところがない。斤量経験がないのもマイナスか。Rouge et BlancはC3で走っている馬。相手関係がどうか。Sergeant Dick、Shoreaceres、Siro Demus、Soleil D'avrilはやや格下感。15歳の大ベテランTartan Snow。ここ2走こそ精彩を欠くが、昨年は2着、2013年は勝利とコース経験は随一。ここでも侮れない。

なぜかけっこう人気になっているのが愛すべきTwirling Magnet。昨年のGrand Nationalの第一障害で早速落馬した、飛越の割とへたくそな馬。しかしながらその実力は侮れない。Summer cupでも先頭に立ったところで落馬、その後のC2では飛越のミスでPU、続くC6はやはり飛越のミスで大敗、C5とC6はさすがの実力で勝利と来ている。同馬はNational Courseの障害をクリアできるか、要注目である。VincitoreはそのTwirling Magnetに完敗。厳しい。昨年の勝ち馬Warneはここでも人気になっている。前走こそOn The Fringeのまさかの激走の前に屈したが、昨年、一昨年とこのレースに参戦しているコース経験はここでも脅威。牝馬Chosen Milanはここでもがんばって欲しいが、やや格下か。

 

第一障害から昨年の勝ち馬Warneを含む3頭が落馬する波乱。そして第二障害でTartan Snowも落馬。勝ったのは好位にいたOn The Fringe。先頭にいたPacha Du Polderを難なく交わしての勝利。大きく離れた3着はLast Time D'albain。今年はBecher's Brookを無事超えたようだ。期待していたTwirling Mgnetは6着。Big Fella Thanksは8着。