にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/4/10 The Doom Bar Sefton Novices’ Hurdle (Grade 1)

*The Doom Bar Sefton Novices’ Hurdle (Grade 1) 3m

長距離Novice HurdleのG1。ただしこの路線は今年も大混戦で難解。Cheltenham FestivalのAlbert Bartlet Novices' Hurdleも人気薄のMartello Towerが勝利した。今回はその上位陣は不在で、別路線から来た組も存在する。とりあえず実績と距離経験、馬場適性から入るが。

Alpha De Obeauxは前走短距離のG2でDouvanの2着。距離実績もあり、馬場にも適正がありそうなのでここでも軽視は禁物。BlaklionはNovice Hurdle路線で長く戦ってきた馬であり、3mのG2勝ちもあるが、前走のCheltenhamの3m戦はPUに終わっている。良馬場が不安。1戦しかしていない未勝利馬Final Nudgeは常識的に厳しい。Flinthamは下級条件を勝ってきた馬だが、重賞では大敗。苦しい。Foryourinformatinは下級条件を使ってきた馬で距離経験がない点が不安。

未勝利馬King's Tempestは下級条件で2着続き。常識的には厳しいだろう。任期になっているのがMinella Rocco。ここまで2連勝と来ているが、いずれも2m5f、かつsoftな馬場。これを不安材料として切るかは判断に迷う。Monbeg Theatreは重賞で大敗。普通に考えて苦しい。むしろsoftな馬場ながら、3連勝中のOne For Arthurに食指は動く。3mも勿論経験済みである。課題はGoodな馬場か。G2勝ちのあるOrdo Ab Chaoは中距離から一気の距離延長。ただしGoodな馬場と距離に不安が残る。

むしろPort Melonを下したOur Kaempferは面白いか。ただしこの馬も馬場が課題。Parish BusinessはBlaklionに完敗。厳しい。アイルランドのRoi Des Francsは面白いが、この馬も距離に不安。ThistlecrackはC1では苦しいようだ。Thomas Brownは初の3m戦となる前走はPU。やや苦しいか。前走派手な飛越ミスで勝機を逃がしたVyta Du Rocは見直していい。ただしこの馬も距離が不安。むしろ3m戦で勝利を上げてきているZeroeshadesofgreyは興味深い。

 

まさかのThistlecrackの楽勝。とはいえ最終障害で並んでいたAlpha Des Obeauxの落馬があったせいもあるが。2着にVyta du Roc。距離不安がある馬が多いだけにこの快勝劇は判断に迷う。一気の距離延長がプラスに働いたのだろうか。いずれにせよ、同馬も次が正念場だろう。