にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/4/10 The Crabbie’s Topham Steeple Chase (Grade 3)

*The Crabbie’s Topham Steeple Chase (National Course Grade 3) 2m5f

初日のFoxhunter Chaseに引き続き、National Courseを1周ちょっとするレース。ただしこちらは騎乗騎手に制限は無い代わりに、なんとハンデ戦。毎年中距離路線を使ってきている馬が参戦するが、ほとんどの馬にとって始めてのコース、難解なことこの上ない。

トップハンデHunt Ballは中距離路線の重賞の常連。昨年はGrand Nationalにも挑戦し、完走を果たしている。このようにコース経験があるのはプラスだが、昨年はRyanair Chaseで4着に入るなど調子が良かったのに対し、今年はいまいち精彩を欠いている点が気がかり。同じくトップハンデのRajdahani Express。中山GJにも登録してきた過去がある馬である。この馬も中距離重賞の常連。確かにRyanair Chase3着の実力は侮りがたく人気にはなっているが、今期はどうにも精彩を欠いていることを考えると強くは押しにくい。

Splash of GiengeはG3勝ちの実績こそあれど、あまり飛越の得意な馬ではない。Noviceの馬という点も気になる。むしろRubi Lightを下してきたTurbanに食指は動くが、この馬はsoftな馬場の方がよいようだ。AnnacottyはG3で下した相手のBig Fella Thanksが昨日のレースで大敗しているようにレベルが疑問。むしろ昨年3着のEastlakeは面白い。騎手人気もあるだろうが、今期もここまで入着を果たしており、好調と見てよいだろう。Grand Seftn Chaseの勝ち馬The Poole Masterはその後精彩を欠く。得意のコースでどこまでといったところだが、斤量もさほど楽ではない。

アイルランドから参戦のRathlinはやや落馬が多い点が気がかり。Cheltenhamの良馬場のG3で勝利したDarna、その2着に入ったMonetaireは要注意。Art of Logisticsは久々のレースとなる点が不安材料。Grand Sefton Chase3着のBemnys Mistは侮れない。前走もG3で11st1lbを背負って2着に入っており、ここでも期待できる。Theatre Guideは上のクラスを使ってきたということもあるが、近走冴えない。Sew In TargetもAnnacottyに前走水を空けられており不安。人気になっているのがRuben Cotterであるが、前走11st7lbを背負ってのC2勝ち。これは評価してよいだろう。

MaggioはC1では大敗。やや厳しい。BobcatbillyもC3勝ちがあるのみ。BallygarveyもC1では苦しそうだ。Some Tikketは比較がつかないがやや近走精彩を欠くのが気がかりか。Witness In CourtもC3 Novice勝ちのみでは苦しい。Bless The Wingsは前走Cheltenhamの良馬場でThe Packageの2着。まさかの劇走の前に屈した形だが、ここもチャンスと見てよいだろう。ただし、DarnaにC3で水を空けられているのが気がかり。Granville IslandはC2で2着はあるものの、さほど斤量も楽ではないか。Wings of SmokeもC3レベルの馬。

Montoya's Sonはここにきて下級条件を連勝。さほど強い内容ではないが、調子という点、及び斤量的には軽視は禁物である。Up to Somethingは対して近走精彩を欠く。Fairy Rathもここに入ると苦しいか。Deciding Moment、Kings Grey、Festive Affairも同様。Standing Ovationは落馬が多いのが気がかりだが、コース経験はあり、元々はC1でも走っていた馬。このハンデなら要注意である。

 

何かとEventfulであったレース。Rajdahi Expressが大楽勝。3m戦を使ってきたスタミナと、飛越の上手さはここでも目立っていた。今期はどうも行きたがる面を見せていたが、ようやく実力馬の歯車がかみ合ってきたというべきか。2着にはレースを引っ張ったFairy Rath。実績的には格下の馬だが、今回は10st4lbの軽量もよかったのではないだろうか。3着にRathlin。飛越さえ安定すればこれくらいやれる。残念だったのが4着のHunt Ball。やはり調子が万全ではないのか、少なくとも昨年の出来にはないようだ。