にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/4/28 National Hunt Racing - Punchestown Festival

*Punchestown

Kildare Hunt Club Fr Sean Breen Memorial Chase 3m (Cross Country)

先頭集団を進んだ人気のWish Ye Didntが10馬身差の圧勝。同馬はこれが初勝利となるが、まだ6歳と若いのでこれからが楽しみである。2、3着には人気薄のEnniskillen、Oscar Day。落馬したKatie's Oscarは前の障害で騎手がアブミを落とし、天神乗りの状態となっていた。なお人馬ともに無事の模様。

 

Herald Champion Novice Hurdle (Grade 1) 2m

3戦3勝、CheltenhamのSupreme Novices' Hurdleを楽勝したDouvanが出走。対抗は同レース3着のSizing Johnといったとこか。その他にはG3勝ちのあるRich Coastなどだが、やや格下感が否めない。

 

前評判どおり、Douvanが7馬身差の圧勝。道中も安定した飛越を見せており、やはりここでは力が違う。2着にSizing Johnが入り、Supreme Novices' Hurdleどおりの結果となった。同馬はこれで4戦4勝。Chaseに転向するという話だが。

 

Killashee Handicap Hurdle (Grade B) 2m

Boylesports Champion Chase (Grade 1) 2m

アイルランドを本拠地にしている強豪が揃った。Queen Mother Champion Chaseの1~3着こそ出ていないが興味深い一戦。人気の中心はChampagne Fever。Arkle Challenge TrophyでWestern Warhorseの2着のある素質馬で、久しぶりの2mの出走となる。その他昨年のRyanair Chase2着のHidden Cyclone。ただしこの2頭とも飛越がいまいち安定しないのがどうか。続いてTwinlight、Mellowney、Felix Yonger、前走久々を叩いたFlemenstar、古豪Sizing Europeなど。

 

Sizing EuropeはNR。第一障害でさっそくOscar Hillが落馬。落馬による不利を受けたHidden Cycloneが下がり、代わってBaily Greenがハナに。二番手にTwinlight、Chanmpagne Feverは好位、Felix Yongerは後方から。落馬した馬にぶつかったによる怪我かSavelloは早々にPU。残り4障害でHidden Cycloneがミス。代わってMallowney、Felix Yongerが上がってくる。最終障害でFelix YongerがBaily Greenに並びかけ、二頭の叩きあいはFelix Yongerに軍配が上がった。

Felix Yongerはこれで4連勝。昨シーズンNoviceを使っていた馬だが、確実に力をつけている。Baily Greenの好走は予想外だが、春になって調子が上がってきたのだろうか。Hidden Cycloneは飛越のミスもあり3着に終わった。

 

Growise Champion Novice Chase (Grade 1) 3m1f

残念ながらVautourの出走こそ叶わなかったものの、ここもNovice 3m路線の強豪が揃った。CheltenhamのRSA Chaseを圧勝したDon Poli。今期のNovice長距離路線にはConeygreeという伝説的な名馬がいる。同馬に挑戦権を叩きつけるためにもここは負けていられない。対するはFlogas Novice Chase (G1)の勝ち馬Apache Stronghold、その2着のValseur Lido。この二頭はVautourには完敗しているが、Don Poli相手にどこまでやれるか。Wonded Warrior、Irish Canvalierはやや格下感。

 

Wonded Warriorが軽快に逃げる展開。Don Poliは2番手、Apache Strongholdは例によって後方から。残り6障害あたりからDon Poliの手が動き始め同馬は後退。代わって後方からValseur Lidoが進出。残り2障害で5頭がほぼ並ぶも、そこからR. Walshの豪腕でValseur Lidoが叩きあいを制した。2着はWounded Warrior。3着にApache Srtonghold。

どちらかというと上がり勝負のレースとなった。Irish Cavalier含めてさほど差はないだろう。いずれにせよ、今年のこの路線はレベルが高い。今回出走していた5頭は今後も要注目である。