にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/6/28 National Hunt Racing

*Cartmel Good

Handicap Chase (C2) 2m5f34y

5頭立てとやや頭数として寂しくなってしまったが、この日のメインレース。軽量のAlderbrook Ladがやや離して引っ張る展開。トップハンデのWitness in Courtが2番手。その後ろをDefinite Ruby、Presenting Junior、後方からSudski Starという隊列。途中からWitness In Courtが並びかけ、残り4障害あたりでは完全に馬群が一団に。しかし逃げるAlderbrook Ladが残り2障害あたりから後続を一気に引き離す。必死に追うのはDefinite Ruby。レースはそのままAlderbrook Ladが逃げ切り。5馬身差の2着にDefinite Ruby、3着にPresenting Juniorが入った。

Alderbrook LadはこれでC3から2連勝。調子は良いようだが、4月のPerthでWitness In Courtに1st以上もらって大敗していることを考えると、今回は馬場と軽ハンデが利いたと考えてよいと思う。長期休養からの復帰戦となった牝馬Definite Rubyは10st11lbというそれなりの斤量をもらってのこの好走。今後が楽しみである。トップハンデのWitness In Courtは斤量と良馬場が堪えたか。

 

Handicap Hurdle (C2) 2m1f46y

9st11lbの軽量Brave Spertacusが引っ張る展開。チークピーシーズが特徴的な人気のCommissionedは好位、Hurdleに戻ったトップハンデのCourt Minstrelは後方の外。残り2障害からCommissionedが一気に先頭に立ち、あとは引き離す一方。最後は18馬身差の圧勝劇となった。2着には番手を進んでいたRoman Flight、3着には果敢に逃げたBrave Spertacusが入った。Court Minstrelは大敗。

CommissionedはNovice上がりの馬で、Activialの2着といった実績こそあれどNoviceの上のクラスでは大敗していた程度の馬。まさかここでここまでの楽勝劇とは驚いた。最後まで脚が上がっていなかった上にスピードの違いを見せ付けるもの。これは楽しみな一頭だろう。Court Minstrelは久々のHurdleということで馬がやや戸惑っていたか。11t12lbという斤量も堪えたかもしれない。

 

*Uttoxeter Good

Handicap Hurdle (C3) 1m7f168y

Storm of Swordsが掛かり気味に行く展開。番手に人気で11st12lbの斤量を背負うIttirad。馬群は一団となってレースは進行。残り3障害で先頭を走っていたStorm of Swordsが落馬。これによって先頭に立ったIttiradがRuler of Allの追撃を振り切って勝利。

IttiradはこれでC2から2連勝。トップハンデを背負いながら強い内容であった。13戦して3着以内が12回と非常に堅実な馬。これからも要注意だろう。

 

Summer Cup (Listed) (C1) 3m2f12y

その名の通り夏恒例の長距離ハンデ戦。この時期に上のクラスのレースが組まれることは非常に少ないので大変貴重なレースである。今年も18頭という多頭数が揃った。長距離らしいスローペースからレースはスタート。とりあえず引っ張るのはSilver Man、Speed Masterあたりか。Ainsi Fidelesは中団の内、The Packageは中団の外、Twirling Magnetもやはり中団といったところか。徐々に隊列が崩れるも大きな動きは無くレースは進行。Ainsi Fidelesは馬群の中での飛越にやや苦労していたか。スタンド前を過ぎるあたりで観客から大歓声。このあたりでThe Packageは後方まで下がる。2周目あたりから後方で追走に苦労する馬が出てくる。先頭は相変わらずSilver Man、Speed Master。残り2障害で上がってきたShuil Royaleが代わって先頭に。レースはそのままSuil Royaleが5馬身差の圧勝。2着に逃げたSilver Man、3着にAdrenalin Flightと比較的軽い斤量を背負った馬が上位を占めた。Twirling Magnetは後方から追うも6着が精一杯。The Packageは8着、Ainsi FidelesはPU。

Suil RoyaleはC3のハンデ戦で11st12lbを背負って勝利した程度の実績の馬。今回は10st6lbという斤量も効いただろう。Silver Manの10st11lbと着差を考えると、同等にとった方がいいかもしれない。

なおThe Packageはこのレースをもって引退が決まった。3月のCheltenhamのアマチュア騎手限定戦ではまさかの圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた馬。幸せな余生を過ごしてくれることを祈る。