読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/7/9 日本酒

*日本酒 (~15/7/9)

主にtwitterで呟いている飲んだ日本酒の感想のまとめ。twitterよりもこちらのほうが備忘録としては適しているので。感想書いてないのは飲んだときに書かなかったわたしが悪いということで。

 

・群馬 松屋酒造 流輝(るか) 純米吟醸 舟絞り無濾過生酒山田錦

トップはストレートな米の旨み。後味はしっかりとした米の味が残る。スタンダードに美味い酒。山田錦の良さが前面に生かされている。フルーティな味わいとどこぞの雑誌には書いてあったが、それらしさはどこにもない。全体として米に始まり米に終わるといった印象。ただ日本酒の個性という点ではやや物足りないし、特別印象に残ってまた飲みたいと思えるような酒ではないかな。それに同じ山田錦なら個人的にはもう少し甘みと軽やかさを出してくれたほうが好み。

 

・新潟 越乃雪椿酒造 越乃雪椿 純米吟醸

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015金賞 」受賞らしい。感想は一言。不味い。トップの香り無し、味無し、後味は米の嫌味だけが残る。口当たりはクセがなくあっさりしているのだが、飲み続けると後味の嫌味が口の中に蓄積してきて気持ち悪くなる。醸造用アルコール混ざりの安酒でも飲んでる気分。冷酒ならまだ勢いで飲めるが、常温になると不味くて飲めたものではない。ラベルには使用米すら書いてない。そこらのスーパーで売ってる酒なのでこの程度だろう。某アワードの受賞一覧を見てみたが、某祭磨き某割が入っていたりして(あれ自体磨いているから美味いだけだというのが個人的な感想)正直あれを参考に買うのはやめた方がいいと思う。受賞している日本酒の種類もやたらと多いし、販促のためのただの箔付けだろう。

 

・秋田 新政 No.6 R-type

・秋田 新政 No.6 S-type

・秋田 新政 No.6 X-type

精米歩合としては、R>S>X。X-typeは比較的入手困難である。微炭酸でびっくりするくらい軽い飲み口から、意外にしっかりと残る米の甘みを含んだ旨み。このトップ、ミドル、ボトムの組み合わせはまさに芸術品。非常に飲みやすく危険な酒。もはや日本酒として一つの完成系にあるものと言っていいだろう。No.6シリーズの中では、やはりX-typeの後味は澄み切っていて上質。これに比べるとやはりR-typeはやや雑味があってさすがに落ちる。ただし味としては後味が勝る酒なので、米の旨みという点からすると逆にX-typeはやや物足りないかもしれない。個人的にはS-typeの程よく調和の取れた清純さと米の主張の強さが好き。

・秋田 新政酒造 新政 ヴィリジアンラベル

・秋田 新政 コスモスラベル

・秋田 新政 やまユ 純米吟醸 酒こまち(白)

・秋田 新政 やまユ 純米吟醸 美郷錦 (緑)

・秋田 新政 やまユ 純米吟醸 改良信交(桃)

・秋田 新政 やまユ 純米吟醸 美山錦(青)

・秋田 新政 ラピスラベル

フルーティで強い酸味の中に隠れた、火入れしているとは思えないほど深い味わい。しっかりと低音部が響いてくる上に奏でられる優雅で美しい、ガラスのような酸味の旋律。そして大吟醸レベルの酒なので雑味が全く無い。洋食にも合いますな。四号瓶で千円ちょっとはお買い得。

・秋田 新政 ラピスラベル 中取り別誂え

びっくりするくらいラピスとは表情が違う。ラピスに特徴的な酸味よりも、ラピスを低音部で支えている米の旨みと深みを前面に出してくるので、ラピスの酸味の鋭さを期待して飲むと期待外れかも。むしろラピスの中にある深みと旨みが好きな人向けですな。

・秋田 新政 エクリュラベル

微炭酸から酸味を幻想させる口当たりから、可愛らしい甘みがきて、それがすっと抜ける。イメージ的にはディープインパクト産駒の牝馬の切れ味。柔らかく、素軽く、瞬発力に長けている。とにかく飲みやすい、そして可愛らしい酒。

・秋田 新政酒造 新政 茜孔雀

・秋田 新政酒造 新政 陽乃鳥

もともと茜孔雀として売られていた貴醸酒がどこかの年度から名前を変え陽乃鳥として売られるようになったらしい。両方飲める居酒屋は貴重なので今のうちに両方飲んでおくべし。両方飲んだ感想としては、さすがに仕込み年度が違うだけあって熟成具合が大きく違っており、素直には比べられないかなと。いずれにせよ、陽乃鳥の軽やかで優雅な、それでいて濃厚な甘さと、その中にある奥深い味わいは芸術作品の如し。酒として一つの完成系を見せている。

・秋田 新政酒造 陽乃鳥オーク樽仕込み

意外とすっきりとした飲み口から、後からほんの少しだけ遅れてくる濃厚な甘み。とにかくこれが綺麗に甘い。これでもかってくらい、そして眩いばかりに甘い。そしてオーク樽が醸し出すお洒落な風味と貴醸酒ならではの味の深み。これが相乗効果を生んで、日本酒っぽさが全く無い。むしろ甘くて雑味の無いワインといったほうがいいかもしれない。そして精米歩合のせいで後味に雑味が全く無い。なんとも艶やかで、奥の深い味わいが完成されている。飲み進めるとオーク樽の風味が口の中に残るようになって、これがまた溜まらない。もしかすると、ブランデーやウイスキーを好んで飲んでいる人にもウケるかもしれない。特に、シェリー樽仕込みとかハイランドパークとか、ああいう華やかなウイスキーが好きな人向けかな。素晴らしい逸品。もはや日本酒という域には留まらない酒だろう。酒としてはもはや別の次元にあると言ったほうがいい。

・秋田 新政 亜麻猫 別誂え

・秋田 新政 亜麻猫スパーク

まるでキャンディみたいな口当たり。甘みと酸味が程よく統一されていて、それをしっかりと炭酸が締めている。そして炭酸がしっかりしてて騙されそうになるけれど、想像以上に後味に米の旨味と甘みが強い。正直スパークリング日本酒てキワモノ感があって舐めてたわ。こりゃ美味い。ただし開栓は非常に手間がかかるので注意。

 

・静岡 土井酒造所 開運 純米

・栃木 小林酒造 鳳凰美田 純米吟醸 ワイン酵母

・山形 宝剣酒造 宝剣 純米吟醸

・秋田 秋田酒造 ゆきの美人 純米吟醸

・秋田 秋田酒造 酔楽天 大吟醸

・三重 木屋正酒造 而今 純米吟醸 雄町

・静岡 磯自慢酒造 磯自慢 純米吟醸

・佐賀 五町田酒造 東一 純米吟醸

・北海道 高砂酒造 雪氷室一夜雫 大吟醸 原酒

・北海道 小林酒造 北の錦 秘蔵純米酒

 

・福島 白井酒造 風が吹く 山廃純米吟醸 うすにごり 

比較的軽やかな甘口の飲み口から、山廃仕込らしい米の旨さが残る。ただしこの旨みは飲み口の甘みとマッチしていないように思う。やや日本酒としては冗長な印象。個人的には山廃仕込でないものを試してみたいところ。

 

・栃木 菊の里酒造 大那 特別純米 直汲み 無濾過生原酒

・長崎 福田酒造 福田 純米吟醸 無濾過 生原酒

 

・山形 高木酒造 十四代 極上 純米大吟醸

・山形 高木酒造 十四代 純米吟醸 龍の落し子

・山形 高木酒造 十四代 本丸 特別本醸造

・山形 高木酒造 十四代 美山錦 中取り純米

 

・福島 夢心酒造 奈良満 おりがらみ

・福井 安本酒造 白岳仙 純米吟醸

・福島 宮泉銘醸 寫楽 純米

・和歌山 九重酒造 雑賀 生 雄町

・島根 若林酒造 開春 木桶仕込み 生 山田錦 90%

・広島 盛川酒造 白鴻 酒狂会ラベル

 

・島根 財間酒場 鴎外の郷 純米吟醸

スペック不明。森鴎外生誕150年記念ということで特別に作られた日本酒らしい。ほとんど出回っていない上に一部の酒屋でしか売っていないレア物だが、はっきり言って衝撃的に不味い。このような不味い酒を平気で取り扱うような酒屋は、客に対して良質な日本酒を提供する意図がないのではと疑ってしまう。少なくともわたしは、これを買った酒屋では二度と日本酒を買わないだろう。

 

・秋田 両関酒造 雪月花 大吟醸

非常に甘くて飲みやすい。大吟醸らしい嫌味のなさ。ただしやや甘味が前面に出すぎている感があるので、量を飲むと飽きると思う。

 

・秋田 かづの銘酒 千歳盛 上撰 霧囃子生貯蔵酒

非常に米の旨みが勝った酒。独特の味わいがある。冷酒の方が日本酒臭くなくて飲みやすいかも。70%と精米具合が高いせいでかなり米の味が強い。キヨニシキなる酒米を使っているらしく、独特の風味はここから来ているのかもしれない。個人的にはさほど好みではないが、好きな人にはハマる酒だろう。

 

・石川 車多酒造 天狗舞おりがらみ大吟醸

芳醇な甘みから移ろいゆく後味豊かな味わい。大吟醸とは思えないくらい後味がしっかりしている。ただし人によっては雑味が強いので嫌がるかも。個人的にはさほど好みではない。渋味の強い春菜を使った料理、例えば蕗味噌大根なんかと合うかと思う。わたしは食べられないけれど。

 

・奈良 油長酒造 風の森 秋津穂65%磨き しぼり華

風の森らしい炭酸と甘みをもった爽やかな飲み口から、精米歩合そのままになかなか残る米の甘み。type1-alphaよりも後味の米の旨みが強いので、このあたりは好き好きだろう。

・奈良 油長酒造 風の森 キヌヒカリ 磨き45% しぼり華 26BY

純米大吟醸とは思えないほど後味に米の味が強いのはキヌヒカリによるものかもしれない。酸味と甘みが程よく調和した風の森らしい爽やかな飲み口から、予想外に残る米の味。風の森と純米大吟醸のイメージを持って呑むと戸惑うかもしれない。風の森type1-alphaが軽すぎると感じる人はこちらの方がお勧め。

・奈良 油長酒造 風の森 純米大吟醸 山田錦45% 生原酒

これは美味い。口当たりは甘みと酸味と炭酸でまさにアップルサイダー。山田錦の磨き45%だからこその後味も爽やかで嫌味が無く、米の甘みがしっかりと抜けていく。それでいて炭酸が抜けてきても山田錦の味が見事に出ていてまさに正統派の大吟醸。風の森というと強烈な炭酸からくる爽やかな飲み口が印象的なのだけれど、これは炭酸が抜けても美味い。少々お値段は張るが、風の森が好きなら飲んでみて損はしないと思う。

・奈良 油長酒造 風の森 雄町 純米 山乃かみ酵母仕込み

Type1-Alphaからの二杯目はこれかな、と思わせる日本酒。まさかの精米歩合80%。微炭酸からの酸味と甘さの交わった風の森らしい飲み口から、がっつり米の臭みを感じさせる後味。さすがは雄町。強烈な米の臭みである。これは癖になりそう。

・奈良 油長酒造 風の森 Type1 Alpha 26BY

口当たりはキメ細やかな炭酸と清清しいまでの甘さから、爽やかに抜けていく中に含まれる微かな米の旨み。まさに大人のサイダー。とにかくひたすらぐいぐい行ける危険な酒。飲みやすさという点では最強の日本酒の一つだと思う。

 

・千葉 須藤本家 天乃原 純米吟醸

君津の地酒。切れ味の良い辛口からじわりと広がってくる美山錦の旨み。この辛味の鋭さなら油モノとも合いそう。ただ、飲み口の鋭さからすると意外に後味の旨みがあるので、大吟醸クラスまで磨いてしまうよりは吟醸クラスで抑えておくほうが良いかもしれないな。

 

・千葉 飯沼本家 Kinoene Apple 純米吟醸

ボトルにらいすわいんとか書いてあってキワモノ感半端無かったんだけれど、これが予想外に美味い。リンゴ酸を多く合成する酵母から作っているそうな。飲み口はそのままワインかと思えばこれが案外日本酒している。優しい酸の飲み口から可愛らしい甘みとそれを支える米の旨みがじんわりと伝わってきて、中々に美味。

 

・岐阜 白木恒助商店 達磨正宗 3年古酒

柔らかくて甘い口当たりから、深みのある、懐の深い旨さ。嫌味のない後味。ひたすらちびりちびりとやりたい酒。もはや日本酒という域ではない。別の酒と思って飲んだほうがいいだろう。

広告を非表示にする