読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/8/27 New Zealand Racing

*Egmont R.C. @ Hawera Slow8

Jumping Supporters Maiden Hurdle MDN HDL 2900m

Race 1: JUMPING SUPPORTERS MAIDEN HURDLE / RaceInfo / NZRacing

Jackabeanが逃げる展開。好位から人気のIl Poverino。最終コーナーの手前から後方にいたJusta Charlieが一気に捲るも、最後はJackabeanがこれを逆に突き放し、6馬身差の快勝。Il Poverinoは3着に遅れた。

JackabeanはHurdle5戦目での初勝利。惜敗が2回と惜しいところまでは着ていただけに嬉しい勝利だろう。ただし負けた相手があまり上のクラスでやれているとは言い難いだけに、これからが正念場といったところだろうか。むしろ2着のJusta CharlieはこれがHurdle初参戦。最後は飛越の不安定さで突き放された感もあるので、飛越の向上が見込める同馬はMDNでは期待していい存在だろう。

 

Mulch & Mow Hurdles RST OPN HDL 2900m

Race 2: MULCH & MOW HURDLES / RaceInfo / NZRacing

平日の開催ということもあり、OPN HDLとはいえさほどメンバーは集まっていない模様だが、さて。

葦毛のMr Kantonが逃げるかと思いきや、このハナを一気に叩いて行ったのが人気のShare The Blame。一時はこの2頭で後続を大きく離す展開となる。2周目からはさすがにペースが落ち、これを捲ってきたのがBrave Buccaneer。途中からShare The Blameは余力をなくし、代わってMr Kantonが先頭に。最終コーナーでは一気に馬群が凝縮するも、ここから抜け出してきたのが、元々は好位にいて仕掛けをワンテンポ遅らせたThatz David。これを最後方にいたSuperturfが最後追い詰めるも、Thatz Davidが半馬身凌いで勝利。人気のMr Kantonは大敗。Share The BlameはPU。

展開が大きくモノを言ったレースだろう。見ている分には面白いが。Share The BlameはMDNを勝って1戦1勝で臨んだが、さすがにあのペースで前半からぶっ飛ばしては持たない。代わりに後方で足を溜めていた組が上位に来た。Thatz David自身はこのクラスではいまひとつ足りない馬なので今回は展開が向いたといえるだろう。Superturfも久々の好走を見せた。これで調子が上向いてくればよいのだが。

 

Lowe Shollum & Jones/NZI Insurance Steeplechase MDN STP 4000m

Race 3: LOWE SCHOLLUM & JONES/NZI INSURANCE STEEPLECHASE / RaceInfo / NZRacing

HancockとAnd Thatz Scottyが引っ張る展開。2周目から一気にMahanadiが動き、And Thatz Scottyがやや抵抗するも人気のMahanadiが先頭に。これを追ってきたのがWise Men Say。最後は2頭のマッチレースと思いきや、最終障害でやや余力をなくしていたMahanadiが落馬。2着のNelles Belleに大差をつけ圧勝した。

Wise Men SayはFlatではMDN勝ちがある程度の馬。STPは初参戦であったが、見事なパフォーマンスを見せた。2着のNells Belleも前走勝利目前のところで落馬した馬。さほど弱い相手ではない。また、落馬したMahanadiも2013 Grand National Hurdlesの勝ち馬であり、比較的障害がHurdleに近い同競馬場では条件的には有利だったはず。これは楽しみな馬が出てきたといっていいだろう。

 

Hyponotize Steeplechase RST OPN STP 4000m

Race 4: HYPNOTIZE STEEPLECHASE / RaceInfo / NZRacing

Wotabuzzが行くかと思いきや、Kraseがこれを制してハナに行く展開。スタンド前でNo QuotaとAuthenticが落馬する事故があるも、大きくレースは動くことなく進行。I've Got Thisが逃げるKraseを追うも、Kraseは逆にこれを突き放し完勝。

KraseはSTPではOPN勝ちのある馬。今回は70kgの斤量を背負っての勝利であり、ここでは力が違ったと見るべきだろう。ただし、やや相手は小粒なので過大評価は禁物か。