にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/10/4 National Hunt Racing

*Huntingdon Good

Novices' Hurdle (C4) 1m7f121f

Royal Whip Stakes (G3)勝ちのあるMaputoが勝利。これでHurdleは3戦3勝とした。ただし2着のRegulationに1馬身半まで詰め寄られたのは気がかり。Regulation自体はC4でようやくといったレベルの馬である。

 

*Uttoxeter Good

Beginners' Chase (C3) 2m4f

Novice G2勝ちのあるKillala Quay、Chaseに転向してからは不甲斐ないレースが続いていたものの、ここではきっちりと逃げ切り勝利。ただしC3でSeventh Skyなどに水を空けられていた馬だけに、夏を越してどこまで力を付けているかといったところだろう。

 

*Tipperary (IRE)

世間はArcで盛り上がっているが、こちらでも障害重賞が3鞍組まれている。徐々に有力馬も始動し、障害シーズンが始まりつつあるといったところだろうか。

 

Istabraq Hurdle (G2) 2m

Fetherd Playerが逃げる展開。Plinthが2番手。その外にイタリア帰りのThousand Stars。Thomas Edisonは中段の内から。USAがやや離れた最後方。レースは一団となって進み、さほど大きな動きは見られない。Thousand Starsは徐々に後退し、向こう正面では最後方へ。レースはそのままFethard Playerが逃げ込みを図るも、番手から抜け出したPlinthが最後きっちりと交わし勝利。3着には追い込んだThomas Edisonが入った。

やや意外な結果となった。Plinthはさほど目立った成績のある馬ではなく、平地戦で勝ち星を積み上げてきた馬。2着のFethard PlayerはC1で勝ち星のある馬だが、こちらもさほど強い相手とやっているとは言いがたい。むしろ上位3頭は展開の綾であろう。Thousand Starsは本来フランス型の障害の方が良い馬。距離も短く、良馬場も合わなかっただろう。

 

Dolores Purcell Memorial Novice Hurdle (G3)

Rocky Courtがやや引っ掛かり気味に逃げる展開。圧倒的人気のBachassonは中段から。残り3障害から先頭に立ったThree Starsを最終障害でBachassonが交わし、最後は4馬身差の圧勝。

BachassonはHurdle4戦4勝。いずれも危なげの無い勝ち方であり今後に期待の持てる一頭である。特にスピードに乗った際の最終障害の飛越は非常に低く、無駄のないものであったのが印象的である。このレベルの飛越をNoviceクラスで見せる馬は正直驚きだ。今後も要注目の馬だろう。

 

Like a Butterfly Novice Chase (G3) 2m4f

悲願のChase初勝利を目指すRule The Worldが果敢に引っ張る展開。Vinconte Du Noyerが2番手、The Game Changerが3番手。Bashuful Beautyは早々に大きく遅れる。残り4勝がいでVinconte Du Noyerが小さなミス。残り3障害から前の2頭の手ごたえが悪くなり、The Game Changerが接近。最終障害でRule The Worldに並びかけたThe Game Changerがこれを差しきり勝利。

The Game Changerはこれで2連勝。中6日というややきついローテーションが懸念されたが、Noviceにしてはそれなりに流れたある程度レベルの高いレースをきっちり勝ちきるという実力を見せた。Rule The Worldは6lbのハンデを貰っての2着。これは勝ち馬を褒めるべきだろう。ただしNoviceでは実力は確かな馬。勝ち上がりは近いと思うのだが。