にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/10/11 National Hunt Racing

Velká Pardubická (Stcc L)の興奮冷めやらぬ中だが、英愛でもけっこう面白いレースがあったのでメモ書き。障害シーズンに向けて有力馬が続々始動しつつあります。ちなみにVelká Pardubickáの回顧は別で書く予定。Pardubice公式仕事しろやーい。

 

*Chepstow Good

Totepool Persian War Novices' Hurdle (G2) 2m3f110y

Gallic DestinyがNoviceらしいゆったりとしたペースで逃げる展開。それをぴったりとマークするのがRoadie Joe。人気のEmerging Talentは中段から。直線に向いてRoadie Joeが先頭に。これに並びかけるはDefinite Outcome, Emerging Talent。さらに内から忍び寄ったCardinal Palace。最終障害では一時的にCardinal Palaceが先頭に立つも、盛り返したRoadie Joeがゴール前差しきり勝利。人気のEmerging Talentは最終障害で大きなミスをして大敗。

1着と2着の馬の差は殆ど無いだろう。Roadie JoeはこれでHurdle3戦3勝としたが、どちらかというと飛越も無難であり完成度の高さで勝ってきた印象が強い。Cardinal PalaceもBachassonには大敗している馬だけにどこまでやれるだろうか。Emerging Talentはこれで2期続けてNovice。Vyta Du Rockと僅差の勝負をしているくらいの馬だが、いまいち飛越に無駄が多く、これからと言ったところだろう。彼の"Talent"はいつ"Emerging"するのだろう。

 

Veteran's Handicap Chase (C2) 2m7f131y

今期で引退を表明している2014 Grand National WinnerのPineau De Reが出ていたレース。

Your Busyが軽快に逃げる。番手からAlpie Spinner、Mountainous、Benbens。Pineau De Reは後方から。残り5障害辺りからPineau De Reが進出、残り4障害辺りでは前の集団に並びかける。しかし同馬の見せ場はここまで。このあたりで馬群は凝縮し、その中から抜け出したDanimixが一頭違った伸び脚を見せつけ、最後は10馬身差の圧勝。Court by Surpriseが2着。Mountainous、Benbens、Pineau De Reは大きく遅れた。

Danimixのスピード勝ちと言っていいだろう。さほど実績の無い馬だが、前走C4勝ちと比較的調子も良かったことが幸いしたか。最も、ほとんどが休み明けの馬という中、一度使っているというアドバンテージもあっただろう。なおPienau De Reは比較的このパフォーマンスは評価されたようだ。トップハンデを背負っての中距離、最後遅れるのは仕方がないだろう。このあとは1走してBecher Chaseに向かうとのこと。

 

*Limerick Yielding (Good to Yielding in places)

 Shannon Airport Chiristmas Racing Festival Novice Hurdle (G3) 2m5f

終始先頭を切ったLong Dog、追ってきた他馬を意に介さず、ほとんど追わずに最後は3馬身差の楽勝。

Long Dogはこれで4連勝。11st8lbのトップハンデを背負ってのこのパフォーマンスは圧巻の一言。もっとも、今回は相手関係が楽だったことは注意しておいた方がよいだろう。

 

Munster National Handicap Chase (Grade A) 3m

相変わらず良く分からない長距離のハンデ戦。例の如く多頭数。

レースは序盤から大きく動く。Kerry Nationalの勝ち馬Rogue AngelとOpening Batsmanが後続を大きく引き離す逃げを打つ。事故があったのは第4障害。人気のPerfect Promiseが中段の内で落馬。これに躓いてShanpallas、Pass The Hatも落馬。レースはそのまま2周目に入っても相変わらず2頭がぶっ飛ばす展開。一時は隊列がかなり長くなる。残り5障害あたりからOpening Batsmanが前に出るも、最終コーナーあたりでは苦しくなり、CarriganogやSadler's Risk、外から捲ったSpring Heeledが先頭に。この3頭のマッチレースかと思いきや、Carriganogが最終障害で落馬。レースはSpring Heeledを競り落としたSadler's Riskが勝利した。

Sadler's RiskはChase5戦目と経験の浅い馬だが、Galway Plate (Grade A)で3着に入るなどポテンシャルの高い馬。今回も乱ペースを落ち着いて追走し、最後はスピード能力の高さを見せ付けた。2着のSpring HeeledはGrand Nationalで完走を果たすほど持久力に長けた馬。今回も手ごたえが悪くなりながらも最後まできっちり差をつめてきており、ようやく復調気配にあるようだ。この2頭は11st半ばの斤量を背負っており、決して楽な条件ではない。それなりに評価してよいだろう。