にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/11/26 National Hunt Racing

*Newbury Good to Soft (Soft in places)

Bet365 Novices' Chase (G2) 2m7f86y

フランスでHaies D'Auteuil Grade 1 Hurdle勝ちのあるUn Temps Pour ToutのChase2戦目。

レースはKillala QuayとUn Temps Pour Toutが積極的に引っ張る展開。2週目からUn Temps Pour Toutが先頭に代わり、それなりのペースで引っ張る。殆どの馬はこのペースについて来れず脱落するが、唯一付いてきたNative Riverが最終障害でこれに並びかけると、最後は3馬身差の快勝。

Native RiverはChase3戦目。前走C2で16馬身差の圧勝を見せており、ハンデ差を考えれば力量としては上位のものがある。しかし、勿体無かったのがUn Temps Pour Tout。前走も同じような負け方をしており、これは鞍上の騎乗ミスだろう。比較的完歩が小さく身体の硬い馬にもかかわらず、飛越としては踏み切りが遠い場面が散見された。これは身体を大きく動かす必要を誘引し、馬の体力を余計に消耗する。鞍上としても踏み切りの前に馬を押して完歩を大きくし、障害に近い場所で踏み切るよう促していたが、早々に先頭に立って押し切りを狙った場合、スピードに乗った飛越を行なう必要が出てくるので踏み切りとしては遠いものになりやすい。やはりじっくり後方から構え、残り数障害からスピードの違いを生かす戦法が合っているのではないか。最後は余力をなくし、飛越も比較的小さいものとなっていただけに戦法のミスが悔やまれる。いずれにせよ、長距離Noviceにおいては力量上位の馬。More Of Thatとの兼ね合いが懸念されるが、今後も注意したほうが良い馬であることは間違いないだろう。