にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/12/19 National Hunt Racing

*Ascot Good to Soft (Soft in places)

Graduation Chase (C2) 2m5f8y

出走馬の中では比較的経験豊富なHorizontal Speedが軽快に引っ張る展開。これを追ったRoyal Regattaが第7障害辺りから代わって先頭に立つ。これを追ったのがMala Beachだが、むしろこれを残り3障害辺りからRoyal Regattaが突き放し、11馬身差の快勝。

Royal Regattaは昨シーズン11st7lbを背負ってC2勝ちのある馬。今シーズンはListedで11st12lbを背負って惨敗、続くC2でもさほど良いところを見せられなかったが、この相手ならと言ったところだろう。アイルランドから参戦したMala Beachはスピードの違いを見せ付けられ2着。World Hurdle (G1)にも参戦暦のあるBlue FashionはPU。なんともなければよいのだが。

 

Long Walk Hurdle (G1) 3m97y

このレース4連覇の偉業が掛かるReve De Sivolaが積極的に引っ張る展開。Saphir Du Rheuは好位から。Thistlecrackはやや出遅れ気味のスタートであったが、徐々に位置を上げ好位に取り付く。早々にAqalimの手ごたえが悪くなり同馬は後退。同様に好位にいたDynasteも後退。残り2障害から先頭に立ったThistlecrackがReve De Sivolaの抵抗をモノもせず、8馬身差の圧勝。2着にはReve de Sivola、3着には後方から追い上げたDeputy Danが入った。Saphir Du Rheuは大敗。

Thistlecrackは昨シーズンSefton Novices' Hurdle (G1)で13馬身差の圧勝を見せた馬。今シーズンはCole Harden、Whisperらメンバーの集まったLong Distance Hurdle (G2)で6馬身差の快勝と調子も良かった。しかし、Ascotでは滅法強いReve De Sivolaをこれだけあっさりと突き放すパフォーマンスは圧巻の一言だろう。ただし、いずれも重馬場での勝ち鞍であるだけに、極端な良馬場になりやすいCheltenhamで本命視出来るかと言うと疑問が残る。現に、3着のDeputy Danは脚の遅い馬だが、重馬場には滅法強い馬である。

Reve De Sivolaは得意の舞台で得意の形に持ち込んだが、今回は相手が悪かったとしか言いようが無い。もう少し馬場が良くなればもう少し抵抗できたかもしれないが。Deputy Danは前述の通りとにかくパワーと持久力に秀でた馬。Chaseでは飛越が安定せず芽が出なかったが、馬場が渋れば渋るほど良いので今後も注意だろう。

再度のHurdle戻りとなるSaphir Du Rheuは見せ場なく敗れた。Hennessy Gold Cupは自身が経験したことが無いほど厳しいレースとなったので、その疲労もあったのかもしれない。いずれにせよ、Hurdleでは低く安定した飛越を見せていた。馬場不問で走れる馬なので、今後Hurdle路線を歩み、人気が落ちるようなら狙い目であろう。出てきた理由が良く分からないDynasteは大敗。3mを走るスタミナは無いので中距離Chaseが良いと何度言えば。

 

Sodexo Silver Cup Handicap Chase (Listed) 2m7f180y

Houblon Des Obeauxが逃げる展開。好位からMa Filleule、Wakanda、Virakなど。残り2障害から先頭に立ったWakandaがVirak、Fingal Bayの追撃を抑え勝利。

WakandaはNovice G2勝ちのある馬だが、今シーズンに入ってListedを3連勝。ただし、そのうち2走は2着がVirakであり、かつ僅差というレース。Virakとはさほど力差はないだろう。僅差の3着に入ったFingal BayはHennessy Gold Cup (G3)にてSmad Placeの4着のある馬。このあたりは力どおりと言ったところか。Houblon Des Obeauxは10st13lbと斤量が軽くなっているにも関わらず大敗。今シーズンはいまいち冴えない。牝馬ながら11st11lbを背負ったMa Filleuleは大敗。さほどスピードに長けた馬ではなく、ハンデも厳しかっただろう。飛越は安定していたので巻き返しの可能性はある。

 

Ladbroke (G3 Handicap Hurdle) 1m7f152y

まさかのSternrubinとJolly's Cracked Itの同着になったレース。Jolly's Cracked Itは前走Listedで3着と好調であり、Sternrubinも同様にListed勝ちと好調であった。ただしいずれも好位でレースを進めた馬が入っており、平地の馬と違ってさほど瞬間的に加速できない障害馬にとって、短距離Hurdleで21頭立てというのはちと頭数が多すぎる気がしないでもない。現に後方の馬群ではかなりごちゃついて不利を受けている馬が多く散見された。11st9lbを背負って後方から3着まで来たRennetiは評価していいと思う。

 

*Haydock Heavy

Novices' Chase (C2) 1m7f157y

AsoとPain Au Chocolatが逃げる展開。残り2障害でPain Au Chocolatが大きなミスを擦るも、Asoの追撃を振り切り勝利。

Asoは序盤からかなり踏切が近く、そのたびにスピードを落とすロスが合った。Pain Au Chocolatは残り2障害のミス以外は飛越が安定しており、その差が最後に出たといった印象だろう。

 

Handicap Chase (C2) 2m6f204y

トップハンデのSeventh Skyが逃げる展開。Plus JamaisやHollow Blue Skyがこれを追うも、これらは後退。代わって上がってきたSpookydookyやCloudy Tooらが追撃するも、Seventh Skyが結局は7馬身差の圧勝。

Seventh Skyは本来であれば上のクラスでやれていい馬。11st12lbを背負っての勝利は流石の一言だろう。やや滑りやすい馬場のため着地時にバランスを崩す場面もあったが、ここは力を見せた。SpookydookyはNovice馬だが11st9lbを背負ってこのメンバー相手に2着。やや特殊な馬場ということもあるが、Noviceであれば面白い馬であろう。

 

*Fairyhouse Heavy

Beginners Chase 2m

Irish Daily Mirror Noivice Hurdle (G1)でThistlecrackを下しているKillultagh VicのChase初戦。好位からレースを進めるも、スピードの違いで途中から先頭に立つと、そのまま馬なりで15馬身差の楽勝。

さすがにここでは能力が違った。ただし踏み切りの位置がさほど安定していなかったのは気がかりか。

 

Beginners Chase 3m

HurdleではG3勝ちのあるRoi Des FrancsのChaseデビュー戦。Killultagh Vicを避けたのだろうか。レースはそのRoi Des FrancsとSub Lieutenantが2頭で引っ張る展開。隊列はほぼ変わらず、そのままRoi Des FrancsがSub Lieutenantに6馬身差をつけ快勝。

Roi Des Francsは終始飛越は安定しており、最後も余力残しといった勝利だった。ただし、非常にスローなペースのスタミナ比べとなっていることは注意すべきだろう。Sub Lieutenantは安定した飛越を見せたが今回は力負けか。