にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/01/06 National Hunt Racing

*Huntingdon Soft (Heavy in Places)

Maiden Hurdle (C5) 1m7f171y

先手を取ったAllee Bleueが逃げ切り勝ち。人気のTravertineは中段から押し上げるも2着まで。

Allee Bleueは4戦目にして勝ち上がり。ここまで負けてきた相手がWait For Me、Barters Hillとこのクラスでは力が上の馬であり、勝ち馬から離れた大敗続きと言っても力はあったということだろう。とはいえ重馬場が味方した感は拭えない。平地で重賞3着のあるTravertineはやや悠長に構えすぎたか。

 

Mares' Novices' Hurdle (C4) 2m4f145y

逃げたClemencyがAlizee Javilexの追撃を抑え勝利。

Clemencyは落馬を除き2戦2勝としたが、NHFではそう目立った実績を残せていない馬だけにさほど評価は出来ないだろう。Mon Momeの半妹Alizee Javilexは飛越に難があり、障害飛越の度にスピードを落とすロスが合った。2頭の差は経験によるものだろう。

 

Novices' Chase (C4) 2m7f129y

早々に踏み切りをミスったValue At Riskが落馬する展開。Fletchers Flyerが逃げる展開も、残り4障害からスパートをかけたDrumacooが一気にこれを引き離すと、最後は38馬身差の圧勝。

DrumacooはアイルランドでHurdleの下級条件を2勝してきた馬。今回はChase初戦ともありさほど評価されていなかったが、見事な勝利を見せた。Blaklionの3着のあるFletchers Flyerは典型的ストレッチ走法のマラソンランナーであり、瞬時に加速できるタイプの馬ではない。これを引き離すときのDrumacooの加速の違いは走法に起因するものだろう。Fletchers FlyerはChase3戦目とそれなりに経験のある馬だが、今回は完全に脚が上がっての敗戦。勝ち馬が一枚上と見るべきか。