読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/03/27 National Hunt Racing

*Plumpton Soft

Sussex National (Handicap Chase) (C3) 3m4f102y

Plumpton競馬場最大のレース。一時は雨で開催が危ぶまれたが、無事開催できる運びとなった。

超長距離戦らしいゆっくりとしたスタートから、先頭集団を行くのはSaroque、Coolking、Tour Des Champs。やや後方のFinish The Storyは押して出していく。第1障害でTour Des Champsなどが少々Saroqueなどとぶつかる。第3障害でやや先頭集団を追いかけるKrackatoa Kingが躓く事象も。ペースは超長距離らしく落ち着く。逃げるのはCoolking、それを追うのがSaroque、Tour Des Champs、Krackatoa King。Itoldyou、Finish the Storyは後方から。2周目の入り口あたりからSaroqueの手ごたえが悪くなり、同馬は後退。このあたりから後方にいたGolanovaが先頭集団にとりつく。ペースはやや2周目の途中から上がり、Tour Des Champsが先頭に代わる。これを追いかけるのがKrackatoa King。早々にItoldyouは後方に置かれる。第11障害にてミスをしたSaroque、後方に置かれていたItoldyouはPU。3周目の入り口辺りからCoolkingの手ごたえもやや怪しくなる。Krackatoa King、Finish the Storyにもムチが飛ぶ。Golanovaも後退。残り5障害で大きな飛越でTour Des Champsが後続を突き放す。これを追うのがKrackatoa King、Finish The Story、Golanova。しかし後続を大きく突き放したTour Des Champsがそのまま押し切り勝利。2着にはKrackatoa King、3着にはFinish the Story、大きく離れた4着にはBlameitalonmyrootsが入った。完走馬は以上。

Tour Des ChampsはWelsh Grand National Trial (C2)の勝ち馬。Scottish Grand Nationalでも4着の実績がある。比較的重馬場も得意な超長距離の常連であり、11st11lbを背負っての勝利は価値がある。ただし最後はかなり飛越に乱れが見られ、脚は上がっていた点は注意した方が良いだろう。Chase4戦目ながら果敢に挑んだKrackatoa Kingは大健闘の2着。やや飛越に安定性を欠いていたので、課題はそこだろう。この飛越で2着まで踏ん張るのは力がある証か。超長距離の常連Finish The Storyは3着。久々の好走となったが、かなりズブいところがあるようで、トップスピードもかなり難がある。上位馬とは力差があるだろう。Welsh Grand National (G3)で4着と好走したSaroqueは見せ場なくPU。飛越をミスした直後の棄権だけに何事もなければよいのだが。

 

*Cork Heavy

Imperial Call Chase (G3) 3m

かなり雨が降っていて重い馬場になっていたCork競馬場。Toon Riverが逃げる展開。これを追うのがArctic Skipper、Boxing Along。Fine Rightlyは中段から。Malt Gem、Toubalooは後方。ペースはスローで進行。第8障害でToubalooが前脚での着地に失敗し落馬。馬は幸い無事の模様。2周目から少しずつペースは上がるが、大きな動きは見られない。少しずつ後方に居た人気のFine Rightlyが上がっていく。残り5障害で逃げるToon Riverが小さなミス。この辺りで背景に大きな虹が出ているので必見。残り4障害から一気にペースが上がり、逃げるToon RiverにArctic Skipper、Fine Rightlyが襲い掛かる。これらを一気に交わしたFine Rightlyがそのまま押し切り勝利。2着にはToon Riverが入った。Arctic Skipperは最後脚が上がり3着まで。Malt Gemは残り2障害で馬が逃避する格好で飛越し騎手が落馬。馬も騎手も無事なようだ。

Fine RightlyはIrish Gold Cup (G1)でCarlingford Loughの3着に入った馬。前走は平場戦を快勝し、調子も良かったようだ。飛越も安定していたが、やや今回は相手に恵まれた感も否めないだろう。

 

*Fairyhouse Yielding (Soft in Places)

Mares Novice Hurdle Championship Final (G1) 2m4f

Monbeg Roseがそれなりのペースでやや引っ掛かり気味に引っ張る展開。Cashelard Lady、Ten Times Betterなどが好位。人気のJer's Girlは中段の内。その前にJessber's Dream。かなり隊列は早々に長くなる。第4障害の手前でWhistle Dixieが故障でもあったのかPU。この辺りからJer's Girlが徐々に外に出す。前のMonbeg RoseとCashelard Ladyが後続を大きく引き離すも、残り3障害辺りからこのリードは一気になくなり、残り2障害でJer's Girlが一気に先頭に。そのままトップスピードの違いで後続を突き放し13馬身差の楽勝。2着にはJessber's Dream、3着にはAsthuriaが入った。

Jer's Girlは12月のLeopardstownのKnight Frank Juvenile Hurdle (G2)でApple's Jadeの2着のある馬。さすがにFootpad相手には荷が重かったようだが、ここでは力の違いを見せ付けた。ただし4歳ということで他馬とは1st近く斤量の恩恵があったことは気をつけたほうがいいかもしれない。Jessber's DreamはWeatherbys GSB Jane Seymour Mares' Novices' Hurdle (G2)の勝ち馬。ここまでHurdle6戦3勝2着3回と非常に安定した成績を誇る。何とかこの辺りが牝馬Hurdle路線に一石を投じてくれればよいのだが。

 

Ryanair Gold Cup Novice Chase (G1) 2m4f

Sizing Platinumが逃げる展開。好位にOutlander、Kylemore Lough。第4障害でOutlanderが小さなミス。ややSizing Platinumが行きたがったのか、前半はミドルペースで進行。途中からペースは落ち着き、向こう正面ではスローまで落ちる。やや後方のVedettariatは押していく仕草が見られたか。向こう正面の下り坂の前の障害でSizing Platinumが大きな飛越で後続を突き放すも、直後にOutlanderがこれに接近。第11障害で前脚を障害にぶつけたSizing Platinumの騎手が落馬。Outlanderが逃げる展開も、これにKylemore Loughが襲い掛かる。内で脚を溜めるのがBlair Perrone。しかしこれを最終障害で突き放したKylemore LoughとOutlanderの一騎打ちは、外のKylemore Loughに軍配が上がった。最終コーナーから捲ったVedettariatは最後脚が上がり大敗。

Kylemore LoughはこれでChaseは6戦5勝。ハンデ戦を主に使ってきた馬である。ただし今回もペースはかなり緩み、最後の脚比べという面もあったため、今後相手が強化したときにペースが上がった場合の対応が課題だろう。Flogas Novice Chase (G1)の勝ち馬Outlanderは最後勝ち馬のトップスピードに屈する形での2着。ただしこの馬もJLT Novices' Chase (G1)では落馬という格好に終わっている。上位馬との力差という点ではやや疑問が残る。