にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/06/04 Czech Racing

*Pardubice stav dráhy: 3.4 (pružná)

Cena proutěnkářů
Proutky V.kat. - 2800 m, cena, 3letí 30.000 Kč

3歳馬限定のHurdle戦。サラブレッドの競争かよと思うくらいゆっくりとしたスタートから、いきなり第一障害でLipoが飛越拒否し騎手が落馬という若駒戦らしい立ち上がり。その後もペースはゆっくりと進行するも、その中から抜け出してきたSosonが後続を突き放すと、2着のHádésに4秒近い差をつける圧勝。圧倒的人気にこたえる結果となった。

SosonはHurdle初戦で初勝利。平地では未勝利ながらも大レースにも出走した素質馬である。飛越に粗削りな場面は多かったが、今後が楽しみな一頭だろう。

ちなみに海外障害競馬の若駒戦ではあのようなゆっくりとしたスタートはわりとよくある。
 

Cena za podpory ZOO Dvůr Králové nad Labem

Proutky IV.kat. - 3500 m, cena, 4letí a starší 60.000 Kč

こちらは4歳以上のHurdle戦。とはいえHurdleを使うのはほとんど若い馬で、Penelopaの9歳が最年長という構成であったが。

とりあえず出てくるのはRabbit Berglasだが、これを制して人気の一角で71.5kgを背負ったNew Attackが出てくる。しかし2周目の途中から手ごたえがなくなり、同馬は後退。代わって先頭に立ったPlaystarabadが後続を突き放すと、2着に11馬身差をつける圧勝。2着にはNicaminaが入った。完走馬が出走馬12頭中6頭であったのは馬場が重かったのか勝ち馬が強かったのか。

Playstarabadは4歳馬で、これでHurdleは2戦2勝とした。飛越にはまだスピードに任せて飛ぶ粗削りな場面があったが、最後まで馬は余裕をもって走っており、これは完勝だろう。69. St Leger s Prahou 5 (Rovina L)にて2着のあるNew Attackは期待されたが大敗。71.5kgを背負っていたにせよこれは負けすぎだろう。

 

Cena mladých jezdců (hdcp)

Steeplechase crosscountry IV.kat. - 3400 m, handicap, 5letí a starší 60.000 Kč

Stccの下級条件ハンデ戦。レースはStingaがやや引っ掛かり気味に逃げる展開。早々にTheophilosの騎手が落馬、後半の生垣障害でByrabayが落馬。Stchに入ったところの障害で大きなミスをしたStingaだが、後続のRabbit Librettistらの追撃を一度は振り切る。しかし最終障害を超えた辺りから一杯になり、その中から抜け出してきたWoodyがRabbit Librettistを抑えて勝利。3着にはLord Jagminが入った。

人気のTheophilosが早々に落馬して難しい結果となった。Woodyは日本人にはお馴染みだろうTiger Cafe (JPN)の産駒でこれがStcc初勝利となる。70.0kgを背負っての勝利だが、あくまで平地の脚で抜け出してきたといったイメージだろう。相手関係としても未勝利馬や1勝馬が多く、同馬も上のクラスでの実績はないので、ややレースの評価としては疑問が残る。

 

Cena Mezinárodní výstavy Koně v akci

Steeplechase crosscountry III.kat. - 3500 m, cena, 5letí a starší 90.000 Kč

Stccの中堅どころが出てきたレース。わりとメンバーはそろっていた。注目は何といっても発馬拒否を散々やらかしてくれたLove The Winであろう。

そのLove the Winだが、今回は普通にスタートを決めてハナに。クラス相応に引っ張り、比較的隊列は長くなる。スタンド前のDropでLarryを含め何頭か落馬。Love The Winは積極果敢に引っ張り、最終障害を先頭で飛ぶも、そこからすごい足で追い込んだPuntarenasが最後差し切り勝利。2着にはAmforaが入った。Love the Winは最後失速し3着。

勝ち馬はブービー人気である。Puntarenasは10歳馬で、かつてはCena heitmana Pardubickeho kraje Cena Vltavy (Stcc NL)で3着のある馬だが、ここのところはめっきり調子を落としていた。今回は1年近い休養明けになるので、それがよかったのだろうか。このクラスの常連Amforaはよく追うも最後は勝ち馬の差し脚に屈し2着。このレベルであれば安定している馬。Love the Winはいつやらかすかわからない馬で怖いところがあるが、さすがに力を見せた。勝ち馬とは平地の脚の差だろう。

 

Dostih pod záštitou radního Pardubického kraje Pavla Šotoly a náměstka primátora města Pardubic Jakuba Rychteckého

Steeplechase crosscountry IV.kat. - 4500 m, cena, 5letí a starší 60.000 Kč

名前が長い。実況も噛んでる。なんてことはないStccの下級条件戦なのだが。

とりあえず出てくるのはSegal。スローで引っ張るも途中でBugaboo、Sir Blackが落馬。比較的馬群は密になって進行し、最終障害で先頭に立ったClaasが後続の追撃を抑えて勝利。2着にはCantonが入った。
ClaasはここにきてStccを2連勝。力をつけている馬だが、レース内容としてはスローを最後平地のスピードで押し切ったというもの。さほど強調できる内容ではないだろう。
 

Cena bratranců Veverkových (hdcp)

Steeplechase crosscountry III.kat. - 4700 m, handicap, 5letí a starší 90.000 Kč

レース序盤からMiraxが積極的に飛ばす展開。III. kat.だが巨大なDropや踏切位置がダートになっている障害などを越えていくコースを用いる。2連続障害の後には一度は落ち着いたMiraxだが、巨大なDropを超えたのち再度リードを開く。比較的隊列は長くなるものの、再度の二連続障害辺りから後続が追い上げ、Stchに入る辺りで一気にNostalgikが先頭に。そのまま後続を突き放し、2着のAvex Charmeに7馬身差をつけて快勝した。

NostalgikはStcc4戦目で初勝利。64.5kgの軽量が味方した感は否めないが、Miraxがそれなりに飛ばす展開、いくつかの比較的難易度の高い障害を用いるレースで余裕をもって勝ち切ったことは評価してよいだろう。もっとも、相手関係としてはやや疑問が残るが。

 

Cena města Pardubic
Steeplechase crosscountry II.kat. - 4500 m, cena, 5letí a starší 120.000 Kč

本日のメインレースであるが早速のFalse Start。バリア式なので仕方ないのだが。

レースを引っ張るのは人気のCharme Look。おそらく行きたかったであろう深いブリンカーが特徴的なHipo Japeは番手から。レースはこのクラスにしてはゆっくりと流れるが、おそらく道中に存在する巨大なDropを気にしてのものだろう。各馬落馬なく淡々と進行するも、急カーブでCharme Look、Mr Pamperitoがまさかの転倒、落馬競争中止。おそらく急カーブで馬が滑ったというパターンだろう。これを制して先頭に立つのは葦毛のTer Mill。そのままUsockemの追撃を抑えてJan Odložilの派手なガッツポーズとともに勝利した。

人気のCharme Lookのまさかのアクシデントにより荒れた結果となった。馬は元気に走っていたが、コース内に急カーブの存在する競馬場では障害での落馬以外にこのようなパターンでの落馬は比較的よく見られる。Ter Millは何かと落馬が多い馬だが、今回は比較的安定した飛越を見せていた。落馬さえなければかつてCena společnoti VCES ,a.s. Cena Labe (Stcc L)にて3着に入った程度の実力はあるということだろう。ただし今回はかなりペースが遅かったということもあり、何かとペースが速くなりがちな上のクラスでどこまでやれるかは疑問が残る。UsockemはStcc2戦目ながら好走した。Poplerův memoriál podporovaný firmou ELTON hodinářská, a.s. PRIM MANUFACTURE 1949 (Stcc NL)でStcc初戦ながら3着と好走した実力は確かなものがある。課題は平地のスピードだろう。Cena hejtmana Pardubického kraje - Cena Vltavy (Stcc NL)の勝ち馬Charme Lookは残念な落馬。これで評価を落とす必要はないだろう。

 

Cena MČR ve všestrannosti

Steeplechase crosscountry V.kat. - 3300 m, cena, 4letí 30.000 Kč

4歳馬限定のStcc。さすがに引っかかる馬が多かったり、なんでもない障害に躓いていたりと先ほどのレースに比べると飛越の荒い馬が多い。

逃げるのはJesmoon。比較的引っ掛かり気味に逃げる展開。番手からManolなどが追うが、かなり隊列は長くなる。Stchに入ったところでManolがミス、同馬は後退。これを代わってSplashが追ってくるが、最終障害を越えたのちに一気にJesmoonが引き離し、2着に3秒近い大差をつける圧勝。ž. Jaroslav Myškaの派手なガッツポーズ付き。
JesmoonはStccは2戦目にして初勝利。Hurdleや平地も使っているが芽は出なかった馬。平地の脚は際立っていたが、さすがにこのクラスの障害は平易であるためどこまでやれるかは疑問だろう。
広告を非表示にする