読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/07/03 New Zealand Racing

New Zealand Racing

*Racing Te Aroha @ Te Aroha Heavy11

Two Tones Catering Hurdle 0-1 Win HDL 3100m

Moni Nui、Master Michael辺りが先頭をうかがう構えも、Hunters Creekがこれを制してハナに。ペースは重馬場らしくスローで流れる。Justa Charlie、Istimagic辺りが好位に構える。2周目の途中から人気のMoni Nuiが先頭に代わり、これをMaster Michael、Justa Charlie、Istimagicが追いかける。Hunters Creekは後退。しかし最終コーナーから一気に捲ったRaisafuashoが直線で先頭に立つと、そのまま持ったままで後続を突き放し9馬身差の圧勝。2着にはIstimagicが入った。

RaisafuashoはHDLはMDNに続く2勝目。久々のHDL参戦となったが、どうやらこの馬場が得意のようだ。Heavy11と非常に重い馬場であったことは注意しなければいけないが、IstimagicはRST OPN HDLではやや力が足りない馬。見た目は楽勝だが相手関係としては疑問が残る。

 

Te Aroha Supporters Club Hurdle MDN HDL 3100m

Artifactが逃げる展開。Sometime Lucky、Top Choice、Beverlyey Beckなどが好位。2周目のコーナーから例によってレースは動き、Top Choice、Beverley Beck、それから中団にいたCaduceusが追い上げる。Artifactは後退。激しい3頭の争いは最終障害をスピードを殺さずに飛んだBeverley Beckに軍配が上がった。2着に人気のTop Choice。

Beverley BeckはHDL6戦目にして初勝利。少しずつ力をつけてきた馬のようだ。Top ChoiceはHDL2戦目にして3着、2着と安定した成績を収めている。着順は最終障害の巧拙の差だろう。ただし先ほどのレースと比べると完全に脚が上がってからのバテ合いを制したといった感が強く、勝ち時計も3秒近く遅い。第一レースの勝ち馬Raisafuashoが重馬場の鬼であることを考慮しても、ややその水準には疑問符が付くといったところだろう。

 

Te Aroha Veterinary Services Steeple RST OPN STP 3500m

Goosebumpsが引っ張る展開。途中でAmanood Ladが絡んでいくが、2周目の入り口辺りでGoosebumpsが再度ハナを取り返す。早々にMcCulleyは遅れる。Goosebumpsは軽快に逃げ、手ごたえの悪くなった後続に一時は4馬身近い差をつける。Amanood Ladもコーナーの終わりでは手ごたえが怪しくなり、残り2障害で大きなミス。そのままGoosebumpsが後続に5馬身差をつけ快勝した。Amanood LadはなんとかくらいついてきたTizza Secretを抑えて2着を確保するのが精いっぱい。

GoosebumpsはSTPはMDN勝ちのみという馬。Heavy11という馬場にも関わらず比較的快調な飛越を見せており、おそらく馬場が向いたのだろう。2014 Great Northern Steeplechase (PJR)の勝ち馬Amanood Ladは71kgという斤量が堪えたか。なんとか抑え込んだTizza SecretはMDN勝ちのみながらRST OPN STPでも堅実に好走できる馬であるので、決して悲観できる内容ではないと思われる。ただしこの馬場はあまり向いていないかもしれない。

 

Te Aroha Stallion Placement Scheme Steeple MDN STP 3500m

MaharishiとBig Meadsyが並んで逃げる展開。人気のStagehandは出遅れ最後方から。2周目の障害でGlemour Boyが落馬。Maharishiを振り切ったBig Meadsyが逃げ込みを図るも、残り2障害で落馬。後方から必死に追い上げたStagehandがVenerateを下して勝利した。3着に逃げ粘ったMaharishi。

StagehandはSTPは4戦目にして初勝利。Flatでは6勝を挙げている。ややBig Meadsyの落馬に助けられた感はあるが、最後方から追い上げたスピードの持続力と精神力はかなりのものがあるだろう。VenerateはRST OPN HDLの常連でありSTPは初参戦。勝ち馬とはコース取りの差か。

なお落馬した馬は軽い怪我を負ったが大事はないということ。また騎手は無事とのこと。