にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/07/15 National Hunt Racing

*Kilbeggan Yielding

右のタグを整理してみた。具体的にはあまり機能してない(気がする)競馬場毎のタグを削除した。個人的な使いやすさを取ったのでご了承いただければ。

 

Midlands National Handicap Chase 3m1f

小さなKilbeggan競馬場を3周するレース。スタート直後からKylecrue、Ravishedが出てくるが、そこからRavishedが後続に大差をつける大逃げを打つ。ペースはそれなりに流れ、早々にBalnaslowなどはついていけなくなりPU。Kylecrue、Tom Horn、トップハンデのFirst Lieutenantなどが好位から。人気のCarriganog、Tulsa Jackは中団から。2周目の終わりあたりからRavishedのリードはなくなる。残り3障害辺りからTom Hornが逃げるRavishedに並びかけるも、これを追ったTulsa Jackが残り2障害から一気に先頭に立つと、そのまま後続を突き放し16馬身差の快勝。2着にはCarriganogが入った。逃げたRavishedは残り2障害で大きなミスをし大敗。First Lieutenantは途中からついていけなくなり残り3障害で落馬。

Tulsa JackはCork Grand National Handicap Chase (Grade B)の勝ち馬。Irish Grand National (Grade A)でも8着と完走を果たしている。昨シーズンはあまりよいところを見せられなかったが、おそらく暖かくなってくるこの時期が良いのかもしれない。ただし9st7lbというかなりの軽量に助けられたこと、やや飛越が安定しないところがあったりと、信頼性を欠く部分があることは注意した方がよいだろう。CarriganogはJoseph P O'Brienの管理馬。実績に比して10st8lbとやや斤量は見込まれた感があるが、それでも見せ場を作った。勝ち馬とは斤量とスピードの差だろう。First Lieutenantは斤量とハイペースが堪えただろう。ややスピードに衰えが見られるため、Hunters' Chase路線などがよいかもしれない。