読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/07/23 Czech Racing

*Kolesa stav dráhy (Unknown)

馬場状態が書いてない件。

 

Cena Společnosti STŘECHMONT pana Josefa Kárníka

Steeplechase crosscountry V.kat. - 3700 m, cena, 5letí a starší 30.000 Kč

カメラもうちょっとやる気出せ(笑)

Stccの下級条件戦。基本的にチェコCross Countryはクラスが上がるほど越えていく障害の難易度が高くなる。Class1~5まで存在し(Jockey ClubのHPからのコピペで直すのが面倒なのでI. kat. ~ V. kat.という表記をする)、このレースは最も下のクラスになる。レースは第一障害の手前で逃避したOur Presentが落馬するハプニング。下級条件戦らしくペースはスローで進行。途中でByrabayもトラブルがあったのか途中棄権。後半から一気にペースが上がり、後方から進出したMilerytが先頭に立つと、そのまま押し切り勝利。2着にはMaestro Quercusが入った。

Milerytはポーランド産馬。ポーランド平地重賞を勝ってからチェコに移籍しているが、チェコではさほど実績を残せていない。StccはIII. kat.に続き2勝目。69.5kgを背負っての勝利は立派だが、上のクラスでさほどやれていないのは気がかり。

 

Ceana společnosti ENERGOLAND

Steeplechase crosscountry IV.kat. - 3500 m, cena, 4letí a 5letí 50.000 Kč

4歳・5歳限定戦。とりあえずは葦毛のValencia Skyが出てくるも、これをSergejが突っつき、ペースはそれなりに流れる。しかし後半から一気にPurple Heartが捲って来て先頭に。StchでミスをしたValencia Skyは遅れる。これを追ってきたのが人気のGibb's Beach。2頭のマッチレースはスピードで勝ったGibb's BeachがPurple Heartに4馬身ほどの差をつけて勝利した。

Gibb's Beachは平地でチェコダービー(G3)まで駒を進めたほどの馬。今年の5月からStccに転向し、Pardubiceでも勝利を上げている。ここはやや相手に恵まれた感もあるが、それなりにペースが流れたこのレースを制したことはそれなりに価値があるだろう。課題はクラスが上がって難易度が上がる障害への対応だろうか。

 

Cena Wroclawski Tor Wiscigow Konnych Partynice

Steeplechase III.kat. - 3500 m, cena, 4letí 80.000 Kč (40000 - 18400 - 12000 - 5600 - 4000)

ごちゃごちゃと色々なオブジェクトがあるKolesa競馬場を11頭もの馬が走っているとなかなかに壮観である。これでも本日のメインレース。レースは好位置から進めたCherriesが勝利。平地で下級条件戦勝ちがある程度の馬であり、Stchではこれが初勝利となる。2着のGotschaはPardubiceのStccでも好走歴のある馬であり、4歳馬としてはそれなりのレベルにあると言っていいだろう。人気のJourneyは大敗。イタリアのSiepi (=Hurdle)はチェコStchに近いが、イタリアSteeplechaseはチェコのそれとはまるで性質が異なる。近走はイタリアSteeplechaseを使っていたため、ややペースへの対応という点で課題があったかもしれない。


Cena firmy FRANČÁK Steeplechase crosscountry III.kat. - 4000 m, handicap, 5letí a starší
70.000 Kč

本日の準メイン。騎手も障害も気合が入っている。Merano競馬場にあるような水たまり障害もある。レースはMiraxが引っ張る展開。さすがに前半からペースは流れるが、途中でバンケットや飛び乗り台を越える必要があるため少しずつペースは落ちる。後方にいたLingarryは空壕障害で後肢での着地に失敗。その後の急カーブを曲がり切れずに騎手が落馬、競争中止。Stchに入るところから先頭に立ったMaklerが後続の追撃を凌いで押し切り勝ち。2着には逃げたMiraxが入った。

Maklerはポーランド産馬。それなりに大レースの経験もあり、特にProutkyで結果を残してきた馬のようだ。Stccはこれが2勝目だが、10歳となった現状こちらで結果を残せたことは今後に向けて楽しみな材料だろう。72.5kgを背負ったStep Dancerはやや悠長に構えすぎたか。Lingarryは相変わらず着地時のバランスがやや悪い。

広告を非表示にする