読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/10/09 Czech Racing

*Pardubice stav dráhy: 3.6 (pružná)

126. VELKÁ PARDUBICKÁ s Českou pojišťovnou (Stcc L)以外の結果。なおレース映像は以下のリンクを参照のこと。チェコ国営テレビのオンデマンド配信。怪しいサイトではないのでご安心を。Pardubice公式の映像を待ってもよいのだが、おそらく仕事が遅い。公式が仕事し次第貼り付けておく予定。

今年から斤量が増量されたため、若干慎重なレース運びが目立った印象。ぶっ飛ばす馬はぶっ飛ばしていたが。

 

Cena firmy Chládek a Tintěra, Pardubice, a.s. – Cena Jana Kašpara

Steeplechase crosscountry NL - 4400 m, cena, 5letí 200.000 Kč

映像は29分あたりから。5歳馬限定戦。Sergejが逃げる展開。これを追うのがLombargini、Bridgeur。人気のTzigane Du Berlaisは中団から。各馬ミスなくレースは進行するが、Dropの飛び上がる動作でやや失敗したSergejに代わってBridguerが先頭に。ここからBridguerが少しずつペースを上げて逃げ込みを図るも、最終障害でBuonarrotiが先頭に。さらに最後の直線で内からJaroslav Brečkaの派手なアクションに応えたVajgarosが差し切って勝利した。2着はBuonarroti。人気のTzigane du Berlaisは伸びず5着まで。

VajgarosはこれでStcc2勝目。もともとはチェコダービーまで駒を進めた馬だが、障害に転向後はStcc V. kat.を1勝のみとさほど成績を上げられていなかった。ようやくと言った勝利だろう。ただし相手関係としてはIII. kat.でようやく勝負になったTzigane du Berlaisが筆頭格、さらに障害としてもIrish Bankは使用せずと比較的平易だったことには気を付けた方が良いだろう。この世代はややここまでの評価としては低調かもしれない。

 

Cena Pivovarů Staropramen – Cena Laty Brandisové

Steeplechase crosscountry NL - 4200 m, cena, 4letí a starší - klisny 200.000 Kč

牝馬限定戦。昨年の勝ち馬ArcioneはCena Labeへ参戦、人気を背負うと思われたNatalieの取り消しが残念だったが。レースは68分くらいから。

葦毛のValencia Skyが逃げる展開。好位置からBugaboo、Adana。Vivienne of Gracie、La Charlotte、Rain Magnaなどは中団から後方。森の横を通り過ぎた辺りの生垣でLa Charlotteがミスするも立て直す。直後の二連続障害でAdanaが飛越に戸惑いやや遅れる。この辺りからミスを連発していたAdanaはその後の生垣で空壕に脚を引っ掛け落馬。La CharlotteもPU。途中から先頭に立ったBugabooが唯一追いかけてきたRain Magnaを振り切ると、最後は6馬身差の快勝。3着以下は大きく離れた。

BugabooはこれでStcc2勝目だが、一応II. katからIII. kat辺りであれば勝負になる馬。比較的手薄なメンバーと平易な障害も向いただろう。あくまで牝馬相手であればといったところか。Rain Magnaは未勝利馬だが、3着以下には差をつけているだけに勝ち星は近いだろう。ただし取りこぼしが多く、平地の脚で難点があるかもしれない。前走II. katで2着に入ってきたVivienne of Gracieは斤量が堪えたか。

 

Cena portálu Kudy z nudy – Cena ČASCH

Steeplechase crosscountry NL - 4200 m, cena, 4letí 200.000 Kč

4歳馬限定戦。なぜかこのレースだけ斤量が69kg-66kgと軽い。

圧倒的人気を背負ったJesmoonが軽快に逃げる展開。第2障害のrailed hedge and ditchにて後方のRingmasterが前脚での着地に失敗する形で落馬。めったにここで落馬する馬はいないのだが。Jesmoonはその後も軽々に飛ばし、早々からついていけず脱落する馬が相次ぐ。途中の生垣で後方のNarolも落馬。Jesmoonは先頭でSteeplechaseに進入するが、この辺りから手ごたえが怪しくなり好位にいたNapastnikが追ってくる。2頭のマッチレースは最後の直線で伸びたNapastnikに軍配が上がった。Jesmoonは2着。3着以下は大きく離れた。

Napastnikはポーランド生産馬でStcc自体は初めての参戦。ここまではProutkyやポーランドのSteeplechaseを使い、勝ち星を上げられずにいた。それにしてもJestmoonのハイペースを好位で追走し、特に飛越の乱れもなく最後まで脚を伸ばしきったパフォーマンスは高く評価できるものだろう。今後が楽しみな一頭である。3連勝で挑んできたJesmoonは惜しい2着。対抗角と目されていたGibb's Beachは全くペースについていけずの敗戦。

他にもイタリアで勝ち星を上げているSanto CerroやKifaayaなど、この世代はなかなかに面白い馬がそろっている感。

 

Cena podporovaná firmou ELTON hodinářská, a.s. PRIM MANUFACTURE 1949

Steeplechase crosscountry III.kat. - 4700 m, handicap, 5letí a starší 90.000 Kč

レースは148分辺りから。本日唯一のハンデ戦

70.5kgを背負ったMiraxが出てくる展開。第2障害でStefanが落馬。その後は比較的ペースは控えめに、二連続障害からDry ditchとクリア。Timber Railを越えてIrish Bankに向かい、先頭のMiraxは特に素晴らしい飛越を見せる。Miraxはそのまま快調に飛ばしSteeplechaseへ。ここで好位置にいてやや脚の上がったStep Dancerが落馬。追ってきたAristmontot、Sixtysevenを抑えてMiraxがMyška Jaroslavの派手なガッツポーズとともに後続に4秒近い大差をつけて逃げ切り勝ちを収めた。Starbuckは最後脚が上がり4着。

MiraxはこれでStccは3勝目。前走はKolesaのIII. kat.を勝って来ていた。やや格下の馬が多く集まった印象こそあるが、70.5kgを背負ってここでは完勝の内容だろう。特にIrish Bankの飛越は非常に素晴らしいものがあった。I. kat.~II. kat.辺りであれば今後も勝負になる馬。ただし飛越前に鞍上が押していく場面が見られたことは気がかりな材料。

 

Cena hejtmana Pardubického kraje - Cena Vltavy

Steeplechase crosscountry NL - 4500 m, cena, 5letí a starší 400.000 Kč

レースは188分くらいから。

Quantikiが前に出てきて、これをCeladon、Usockem、Marmiton辺りが追う展開だが、馬群は密集して進行。Irish Bankの前でQuantikiが飛越拒否、競争中止。Irish Bankをこなすにしてはかなりスピードが出ており、かつ障害の大きさもあるのでこういうこともある。事件が起こったのはそのあとの障害。先頭を走っていたUsockemが前脚の着地を失敗、そのまま横倒しとなる。これに躓いてAl Bustan、Talent、All Scater、Celadon、Marcus Aureliusが落馬。幸い馬は全て立ち上がっていたようだが、これでかなりの数の馬が脱落してしまう。代わってKrocoleonが先頭に。これにMarmitonが絡んでいく。Dropの辺りからMarmitonが先頭に代わるが、Big water jumpにてミス。再度Krocoleonが先頭に。しかし競り合うMarmitonとKrololeonにひたひたと忍び寄ったNo Time To Loseが最終障害でこれらに並びかけると、最後はこれらを一気に突き放し4秒近い大差をつけて完勝。2着にはMarmitonが入った。

No Time To LoseはStcc初勝利。とはいえそれなりにKrocoleonも飛ばしていたのでこのパフォーマンスは評価できるものだろう。昨年Cena ČASCH podporovaná společností Bělecký Mlýn (Stcc NL)を勝ち、あえてCena firmy Chládek a Tintěra, Pardubice, a.s. – Cena Jana Kašpara (Stcc NL)をスキップしてここに照準を合わせてきたMarmitonを下したことは高い能力の証である。Marmitonはやや飛越に難を見せながら力は示した。Talentは落馬したが前走のII. kat.勝ちはスローを逃げ切ったものだったのでどこまでやれたかは疑問が残る。

 

Cena společnosti VCES a.s. - Cena Labe

Steeplechase crosscountry L - 5200 m, cena, 6letí a starší 700.000 Kč

本日の準メイン。レースは233分辺りから。

古豪Trezorがスローで逃げる展開。これを好位置からRenard Argenté、Wild Danger、Delight My Fire、Status Quoが追いかける。圧倒的人気を背負ったArcioneやRabbit Hawk Wingは後方から。序盤からRenard Argentéが積極的にTrezorに絡んでいき、途中からは先頭に。TrezorはIrish Bankではこのコースに慣れた古豪らしい素晴らしい飛越を見せ、ここで再度先頭に代わる。その後のBig Water Jumpで水しぶきを上げたのは牝馬Lingarry。Small taxis jumpの辺りから一度は位置を下げたRenard Argentéが再度Trezorに絡んでいく。Dry Ditchを越えSteeplechase Courseを抜けたところからDelight My Fireが進出、やや手ごたえの悪くなったTrezorに代わって先頭に。途中のコーナーで内ラチが破損する事件。この辺りからArcioneは外に持ち出し一気に進出。ほぼ持ったままで先頭にDelight My Fireに並びかけるも、ここからDelight My Fireが抵抗。最後までArcioneに抜かせず先頭でゴールした。3着には内からするすると進出していたRabbit Hawk Wing。

Delight My FireはポーランドでWroclaw Trialを連覇してきた牝馬。昨年のCena Pivovarů Staropramen - Cena Laty Brandisové (Stcc NL)でもArcioneの2着に入った実力馬である。主にポーランドを使ってきた馬でWielka Wroclawska Nagroda Portu Lotniczego WroclawでSergeant Thunder相手だとどうも分が悪いのだが、ここでArcione相手にここまで抵抗できたことは成長を示すものだろう。やや序盤行きたがる面を見せたりと難しさはあるようだが。人気を背負ったArcioneはDelight My Fireを捕まえきれず2着。前走のII. kat.では持ったままで後方からぶち抜く競馬をやってしまい、そのイメージで乗った面もあるだろう。やや勿体ない敗戦。いずれにせよこの2頭は今後のチェコStcc路線で楽しみな牝馬2頭だろう。Rabbit Hawk Wingはさすがに実力を見せたがややスピード面で前の2頭とは見劣る印象。もう少し厳しい展開になればチャンスはあったかもしれないが、あえてVelka Pardubickaを避けてこっちに回ってきたのは気がかりな点。古豪Trezorは全く抵抗できず敗戦。飛越は素晴らしいものを見せていたが、そろそろスローの急激な上がり勝負は苦しいかもしれない。

 

Poplerův memoriál skupiny Profireal Group

Steeplechase crosscountry NL - 3300 m, cena, 5letí a starší 300.000 Kč

レースは278分くらいから。

Tarasがこの距離とクラスにしては比較的落ち着いたペースで逃げる展開。やや引っ掛かり気味にTheophilos、Vicodyなどがこれを追いかける。序盤のDropでTarasとTheophilosの間に挟まれてしまったVicodyの騎手Dušan Andrésが落馬し競争中止。残念ながら今日はDušan Andrésの派手なアクションが目立たずに終わってしまった。Big Water Jumpを先頭で抜けたのはRyana。Ryanaはそのまま逃げ込みを図るも、最終障害前から手ごたえが一杯に。代わって先頭に立ったTarantがTheophilosやTurdusの追い上げを凌いで勝利した。なおDušan Andrésはその後渋い顔をして歩いているのが映し出された模様。

Tarantはどうやら3000m級でこそといった馬のようだ。Stccはこれで2勝目。4000mを越えると途端に凡走しているため、あくまでこの距離でどうこうといった印象だろうか。人気を背負ったTheophilosは勝ち馬とはあくまで道中の立ち回り一つだろう。Stccはこれで3戦目と若い馬であり、途中引っ掛かる点が解消されれば距離はこなせるかもしれない。一昨年の同レースの2着馬Ryanaはやや勝ち馬とは離された敗戦。あまり使い込めていない馬であり、最後はやや足が上がっていた。Amforaは見せ場を作れず。

広告を非表示にする