にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/10/23 National Hunt Racing

*Aintree Good (Good to Soft in places, Watered)

菊は本質的に3000mに適性があり、かつ卓をひっくり返す能力のある馬がいなかったという印象。自分の中のステイヤーという在り方の理想像に疑問を抱くレースだった。

 

Handicap Chase (C2) (10yo plus) 3m210y

Your Busy、Forgotten Goldが逃げる展開。Eastlake、Masters Hill、Double Rossなどがこれを追いかける。第10障害辺りからDouble Rossが先頭に絡んでいくも、残り3障害辺りから交代。変わって先頭に立ったShuil Royaleが先頭に立つと、食い下がるYour Busyを振り切り勝利した。

11 years youngとはよく言ったものだろう。Shuil RoyaleはもともとSummer Cup (Listed)勝ちのある馬。2か月ほどの休養を入れながらコンスタントに走っている。シーズン中はどちらかというとC3辺りの馬だが、今回は11st5lbを背負いながら力を見せた。良馬場もよかったのだろう。Your Busyは今年13歳のベテラン。ただし距離はこれが限界か。Double Rossは勝負所で一気に置いて行かれた。スピードのない馬なのでこれ自体は仕方がない。

 

Old Roan Handicap Chase (G2) 2m3f200y

Sire de Grugy、Smad Placeなどの実績馬が登録していたが、Three Musketeers、God's Ownなどの若い馬が人気にあっていたようだ。

第一障害でThird Intentionがやや大きなミス。Smad Placeがハナに行く展開も、これをRoyal Regattaが叩きに行く。ペースはやや上がるが、スタンド前の時点では落ち着く。これをSmad Placeが交わしにかかるも、Royal Regattaがハナを主張。Three Musketeers、Vibrato Valtatは好位、Sire De Grugy、God's Ownなどは後方から。残り3障害辺りから好位にいたVibrato Valtatが先頭を伺うも、残り2障害からこれを追い上げたThird Intentionが先頭に。追いかけてきたGod's Ownをしのぎ切って勝利した。Smad Placeは勝負所で置いて行かれるも盛り返し4着まで。Sire de Grugyは見せ場なし。

Third Intentionは目立った勝ち鞍としては2012のNational Spirit Hurdle (G2)がある程度。どちらかというと重賞クラスでは今一つ足りないレースを繰り返していた馬だが、ここで嬉しい戴冠となった。もともとは16f戦に対応できるスピードもあり、Cross Countryに出るだけの飛越の巧さもあり、24f戦でも結果を残せる程度の持久力もあり、しかしそれぞれがいま一つ武器とするにはワンパンチ欠ける馬。今回は前半ややペースが上がるも途中からは淡々と進み、かつAintreeの平坦なコース、さらに10st7lbという軽量と条件が揃っての好走となった。平均的な能力を持つ馬としていい指標になるだろう。むしろペースが上がってほしかったのがGod's Own。16-20fで結果を残してきた馬であり、持続的なハイペースで各馬が足が上がったところで差し込んでくる能力を持っている。今回は11st9lbを背負っての2着ということで、勝ち馬より上に取るべきだろう。G1を3勝している名馬としては素晴らしいシーズン初戦だったのではないだろうか。

Vibrato Valtatは20f戦に矛先を向けてきたが、やや平均ペースかつAintreeというコースにしてはワンパンチ欠いた。11st3lbと斤量も恵まれた今回は出来れば勝ち切りたかったが、やはり本来は16f戦の馬だろう。Hennessy Gold Cup (G3)の勝ち馬Smad Placeはとにかく平均的からやや早いくらいのペースを持続させることに長けた馬。今回も決して足が上がっているわけでもなく、最後まで同じようなペースで走っている。短中距離馬の一瞬のスピード能力にやられたが、シーズン初戦としてこの馬らしさを存分にみせてくれた。Sire de Grugyは20f戦を使ってくるも勝負所から置いて行かれ大敗。今回こそ飛越に大きなミスは見られなかったが、どうもポカのある馬で距離延長はそれだけでリスクになる。やはり16f戦がよいとは思うが、ここのところは飛越に自信を無くしているのか全盛期のスピード能力が見られないのが不安材料。