にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/12/04 National Hunt Racing

*Fairyhouse Good to Yielding (Yielding in places)

Bar One Racing Juvenile Hurdle (G3) 2m

Bapaumeが逃げる展開。これをぴったりとSoir de Chantenayがマーク。好位からLandofhopeandglory。残り3障害辺りからMega Fortuneが捲りをかけるもペースは上がらない。Soir de Chantenayは脱落。残り2障害辺りからペースは上がり、その前からBapaumeに並びかけていたLandofhopeandgloryがBapaumeを競り落として勝利。Mega Fortuneが3着に入った。

LandofhopeandgloryはこれでHurdle3戦3勝とした。平地では大きな勝ち鞍こそないがDeutches Derby (G1)への挑戦をはじめ、アイルランドで実績を残してきた馬。今回は超人的な馬制御技術を持つRuby WalshがBapaumeをがっちりと抑え込むスローペースの中、レース運びの巧さとトップスピード、及び最終障害の飛越で勝っていた。3歳戦では若い馬が引っかかってハイペースになることもあるが、この馬であれば対応も可能だろう。Bapaumeは最終障害において後肢での着地にミスが見られた。Mega Fortuneも平地でそこそこやれた馬なので、平地実績だけであればそれなりに有望なレースだろう。

 

Bar One Racing Royal Bond Novice Hurdle (G1) 2m

Labaikが発馬拒否。Airlie Beachが逃げる展開もこれにLa Martalinが絡んでいきペースは上がる。Penhillは後方から。残り3障害前後で大きくペースは緩み馬群は凝縮。最後の直線に向いて再度ペースアップを図ったところで、好位にいたPeace Newsが落馬、後続が大きく不利を受ける。そのままSaturnasなどの追い上げを振り切ってAirlie Beachが快勝した。Le Martalinが3着。

Airlie BeachはHurdle6戦負けなしとした。ただし今回は中盤で大きく緩む展開利があったことは否めないだろう。Saturnasはやや飛越に拙さが見られた。PenhillはPeach Newsの落馬の不利もあったが、スピードに乗っての飛越に課題があるようだ。

 

Bar One Racing Hatton's Grace Hurdle (G1) 2m4f

Whiteoutがスローで逃げる展開。これを追いかけてShaneshill、Monksland。Ivanovich Gorbatov、Vroum Vroum Magは後方から。残り5障害辺りから少しずつペースが上がる。残り3障害辺りでApple's Jadeが逃げるWhiteoutに並びかけ先頭に。残り2障害を越えてVroum Vroum Magが外から一気に進出、最終障害では逃げるApple's Jadeに並びかけるも、ここからApple's Jadeが抵抗。僅差でVroum Vroum Magをしのぎ切って勝利した。3着にはShaneshill。

Apple's JadeはBetfred Anniversary 4-Y-O Juvenile Hurdle (G1)でまさかの41馬身差の勝利を決めた馬だが、今シーズンは2戦していずれも2着と期待通りの走りを見せられずにいた。今回は初の20f戦となったが、ようやく今シーズン初勝利を挙げることが出来た。今シーズン2戦ではいずれもシャドーロールを付け、やや下を気にしてか飛越にスムーズさを欠くところがあったが、今回はシャドーロールを外したことはプラスに働いたようだ。レースとしてはかなり楽なので距離延長がプラスに出たのかはわからないが、さほど得意でない馬場で距離・障害不問で高いスピード能力・飛越能力を持つVroum Vroum Magを凌ぎ切ったことは今後に向けてプラス材料だろう。Vroum Vroum Magは牝馬限定戦で圧倒的な強さを見せてきた馬であり、昨シーズンはPunchestown Champion Hurdle (G1)も勝利している。ここでも力上位だろう。やや厩舎と馬主の関係か、強敵相手のレースは使われない傾向にあるが、いずれにせよこれほどの馬を牝馬限定戦に使うのはもったいないと思わせるレースであった。上位2頭はChampion Hurdle (G1)かWorld Hurdle (G1)を目指して欲しいところ。Shaneshillは最終障害をミスしての3着であり、ミスがなければもう少し差を詰められたかもしれない。Ivanovich Gorbatovはやはり16f戦の方がよい。

 

Bar One Racing Drinmore Novice Chase (G1) 2m4f

Alpha des Obeauxが淡々と逃げる展開。Lieutenant Colonelがこれを追いかけるも、第7障害でミスをして後退。好位からConey Island、Diamond King。残り3障害から馬群は凝縮し、ここから抜け出してきたConey IslandがAnibale Flyを抑えて勝利した。

Coney IslandはChase2戦目で初勝利。Irish Daily Mirror Novice Hurdle (G1)で2着のある馬だが、今回はやや人気薄だった。ただし、あくまで人気馬にミスが続く中でスムーズに立ち回れた利は否めないだろう。Anibale Flyは直線ようやく前が空いたところではすでに勝負付けが済んでいた。Alpha Des Obeauxは踏切位置に課題が見られた。Diamond Kingは最終障害でミス。A Toi Philは直線行き場所がなかった。Leiutenant Colonelは第7障害のミスでリズムを崩してPU。

 

*Huntingdon Good to Soft

Betfred Peterborough Chase (G2) 2m3f189y

Josses Hillが逃げる展開。これを追いかけてDidging Bullets、続いてVolnay de Thaix、Tea For Two、More of That。残り4障害でTea For Twoがミスをするも盛り返す。Dodgint Bulletsが最終障害で逃げるJosses Hillに並びかけるも、飛越でJosses Hillが勝ると、そのまま追い上げてきたTea For Twoを突き放し6馬身差の勝利。3着にはMore of Thatが上がった。

Josses HillはChaseでは重賞初勝利。比較的大きい飛越を繰り出す馬であり、なかなか飛越が安定しなかったが、今回は20f戦のゆっくりしたペースの中でスムーズに走れていた。ようやく素質馬が力をつけてきたといったところで楽しみである。Tea For Twoはよく追ったが勝ち馬とはスピードの差を感じさせる2着。24fの方がよいのかもしれないが、本質的には長いので難しいところがある。More of Thatは飛越に相変わらずスムーズさを欠いた。Dodging Bulletsはどうもスピードの衰えがあるかもしれない。

 

*Kelso Good to Soft

Novices' Chase (C3) 2m7f96y

Delusionofgrandeurが逃げる展開も飛越にスムーズさを欠き、Aux Ptit Soinsと並んで引っ張る形に。残り2障害からAux Ptit Soinsがスパートをするも、最終障害で大きなミス。なんとかWestern Warriorの追い上げをしのぎ切って勝利した。3着にはThe Dutchman。

Aux Ptit SoinsはChase2戦目にして初勝利。2015年にフランスから移籍した馬で英国は4戦目となる。踏切に修正仕草が多く見られ、飛越には向上が必要だろう。Western Warriorは何度か細かいミスがあったものの立て直して2着まで来た。ミスに負けない精神力は良化してよいとは思うが。

 

Scottish Borders National Handicap Chase (C3) 4m90y

ひたすら長い。

Scotswellが第1障害で落馬するアクシデント。空馬は何度か馬群に絡んできたが残った馬が不利を受けることはなかった。逃げるのはHarry the Viking。これを追いかけてCarrigdhoun。Itstimeforpint、Emperor's Choiceなどが好位から。Royale Knightは後方から。残り5障害で中団にいたGrove Silverが落馬、これにつまづいたMillicent Silverも落馬。残り2障害辺りからCarrigdhounが逃げるHarry the Vikingを追いかけるも、これを逆に突き放してHarry the Vikingが快勝。2着にはCarrigdhounが入った。

Harry the Vikingは2011年以来となるChase3勝目。超長距離ハンデ戦を使っている11歳のベテラン。今回は比較的気分よく行けた点や、9st13lbの軽量も大きかった。最後まで集中力の高い飛越が維持されていたようにチークピーシーズも効いただろう。Carrigdhounは勝ち馬を見る形で進めるも最終障害でミスをして後退。前走26f戦は勝っていたが初の32f戦ということで、苦しくなってからの飛越で勝ち馬とは差があった。Royale Knightはやや後方から動けず。Emperor's Choiceはやや今シーズン2戦は精彩を欠いている。