読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/12/27 National Hunt Racing

*Kempton Park Good (Good to soft in places)

Juvenile Hurdle (C2) 2m

Dark Eemyが逃げる展開も、第5障害辺りから早々に後退。代わってDreamcatchingが先頭に。残り3障害辺りから後方にいたCharli Parcsが先頭に並びかけると、そのまま後続を突き放して持ったままの快勝。2着にはMaster Blueyesが入った。

Charli ParcsはフランスHaiesを勝利してきた馬。英国移籍後初出走にて初勝利となった。飛越も見事で安定しており、8馬身差の快勝は今後が楽しみになるパフォーマンス。Master BlueyesはいきなりListedで4着に入ってきた馬だが、さすがに相手が強かったか。

 

Wayward Lad Novices' Chase (G2) 2m

Marracujdaが例によって引っ張る展開だが、今回はさほど行きたがる面は見せずに淡々と引っ張る。Mrsrobinは早々に遅れる。Stephanie Francesも追いかけるが第7障害をミスして後退。Altiorはスムーズに追走すると、残り3障害辺りから逃げるMarracudjaに並びかけ、そのまま軽く突き放すと18馬身差の圧勝。Marracudjaは2着。

AltiorはSupreme Novices' Hurdle (G1)にてMinに対する7馬身差の圧勝を含むHurdle5戦5勝の馬。Altiorにいじめられた馬がその後やたらと勝っていたのは昨シーズンの良い思い出。今シーズンからChaseに転向しており、Chaseでは3戦3勝とした。終始高い身体能力から繰り出される安定した飛越を見せており、スピードに乗ってからの飛越にも乱れがなかった。道中行きたがる面も見せず、見た目通りの圧勝だろう。Marracudjaはほぼ引っかかり通りしでCheltenhamのNovice C2を勝った馬だが、これでAltiorに対しては2戦2敗。さすがに能力差がありすぎる感もあるが、この馬自身行きたがる面は改善し、飛越も向上していた。対Altiorでは苦しいだろうが、この馬も高いポテンシャルを持っており楽しみである。Stephanie FrancesはYorton Stallions Mares' Novice' Chase (Listed)を勝利、Hurdle時代にもThe New Oneから僅差の2着のある馬だが、今回は全くペースについていけずの敗戦。あまり距離を伸ばしてよい馬でもなく、あくまで16f戦が主戦場となるだろうが、さすがにここに入ると苦しいようだ。Mares' Hurdleに戻すかもしれない。Mrsrobinは長く下級条件を走ってきた馬であり、飛越にこそ問題はなかったが、ここに入るとさすがにペースが違いすぎる。

 

Desert Orchid Chase (G2) 2m

第2障害で対抗角と目されていたSire De Grugyが落馬するアクシデント。馬は元気に走っていたようだ。Special Tiaraが逃げ、これをSir Valentinoが追いかける。Savelloは早々に遅れる。残り4障害辺りから後続を突き放したSpecial Tiaraだが、ここから再度Sir Valentinoが猛追。なんとかSpecial Tiaraがしのぎ切って勝利した。Savelloは3着。

Special Tiaraは2014年のこのレースの覇者。Kempton Parkは平坦なコースであり、また今回は得意の良馬場ということもあって条件は向いた格好になる。Queen Mother Champion Chase (G1)にて2年連続3着と能力の高い馬なのだが、今回は早々にSire De Grugyが落馬したことにより慎重な逃げを打ってしまったことが辛勝の原因だろう。細身で胴長の馬体を生かした大きい飛越から繰り出されるハイペースが一番の持ち味の馬。もともとはスローで逃げては大敗を繰り返しており、2014年のこのレースでハイペースで逃げてから頭角を現してきた。スローで逃げればやはり苦しくなるということだろう。Sir ValentinoはHaldon Gold Cup (G2)の勝ち馬。Tingle Greek Chase (G1)でも前とは5馬身差の5着に入っており、この馬も力をつけている。やはり一線級に入ると厳しいかもしれないが、勝ち馬とは6stの斤量差がありながらSpecial Tiaraを追い詰めたパフォーマンスは立派だろう。Savelloはやはりここでは厳しい。Sire De Grugyはこのようなポカのある馬。復調気配を見せていただけに馬が自信を無くさなければよいのだが。

 

*Chepstow Soft (Good to Soft in places)

Future Champions Finale Juvenile Hurdle (G1) 2m11y

Evening Hushが逃げる展開。これを追いかけてDolos、Defi Du Seuil。Dino Velvet、Monday Clubは徐々に遅れる。残り4障害辺りからEvening HushとDefi Du Seuilの一騎打ちになるかと思いきや、ここでEvening Hushがミス。Defi Du Seuilがスムーズに抜け出す。その後飛越のミスこそ見られたが、Defi Du SeuilがEvening Hushに13馬身差の快勝。Dolosが3着。

Defi Du Seuilは英国移籍後3戦3勝とした。見た目以上の楽勝だとは思うが、スピードを上げた残り3障害地点から何度か飛越にミスが見られたことは今後の課題だろう。Evening Hushは前走AintreeのListedを21馬身差で圧勝してきた馬であり、坂の多いChepstowのコースも比較的スムーズにこなせていた。Defi Du Seuilの能力の高さが際立った一戦だろう。

 

Coral Welsh Grand National (G3 Handicap Chase) 3m5f110y

最軽量がEmperor's Choiceの10st7lbと、やや全体的に実績馬の登録が目立った。馬場としては2010年(2011年)のSynchronisedから久しぶりにSoftで行われたWelsh Grand National。2009年の勝ち馬がDream Allianceというのに少々時代を感じる。

逃げるのはそのEmperor's Choice。内から2013、2015(2016)の勝ち馬Moitainousも気合を付けて前に取り付こうと試みるが好位に収まる。外からNative River、Beg to Differも先頭に。これを追いかけてTheatre Guide、Vicente、Raz De Maree、Bishops Road、Onenightinviennaなど。Houblon Des Obeauxは例によって中団の外。Baie Des Iles、Carole's Destrier、Firebird Flyer、Royale Knightなどが中団から後方にかけて追走。Emperor's Choiceはやや押しながら飛越を試みており、ペースはやはり大レースらしく早めで進行。第5障害でミスをしたOnenightinviennaは早々にPUした以外は大きなアクシデントはなくレースは進行する。2周目から逃げるEmperor's Choiceを交わしてNative Riverが先頭に。Emperor's Choiceは抵抗できずに脱落。ここにHoublon Des Obeauxが外から進出。第13障害辺りではNative Riverに並びかける。しかしここから一気にNative Riverがスパート。残り2障害辺りでは後続に大きな差をつける。そこから猛追してきたRaz De Mareeを1馬身ほど抑えきったところがゴール。Houblon Des Obeuaxが3着に入った。

これは驚いた。Native RiverはMildmay Novices' Chase (G1)、Henessy Gold Cup Chase (G3)の勝ち馬だが今回はトップハンデを背負っていた。それでもこのハイペースを難なく追走し、勝負所から一気に後続を突き放し、最後は緩める余裕すら見せるパフォーマンスは素晴らしいの一言だろう。飛越も安定しており、Cheltenham Gold Cup (G1)でも有力馬となり得るかもしれない。RSA Chase (G1)ではスローから一気に加速したBlacklionの前に敗れたが、高いスピード能力と持続力、持久力が求められる厳しいレースでこそ真価を発揮する馬だろう。Raz De Mareeは人気薄ながら見せ場を作った。Cork Grand National Handicap Chase (Grade B)の勝ち馬でありこのような超長距離はお手の物なのだが、最後までバテることなく勝ち馬を追い詰めた伸び足は目立っていた。勝ち馬とは1lb以上の斤量差があるため単純には比較はつかないが、11歳となった今年も高い可能性を示した一戦だろう。

Denman Chase (G2)の勝ち馬Houblon Des Obeauxも見せ場を作った。もともとこのような超長距離でミドルペースで追走することに長けている馬であり、シーズン初戦となったここでもその高い能力を見せてくれた。やや掴みどころが難しい馬だが来年で10歳とベテランの域に入ってくる。楽しみな一頭だろう。最後上位と突き放されたのはトップスピードの違いか。Beg to Differは全く実績がなかったが前々で踏ん張った。この馬も超長距離ハンデ戦であれば見せ場を作れる。London National (C2)の勝ち馬Carole's Destrier、Durham National (C3)の勝ち馬Royale Knightはペースが速すぎた。2014年の勝ち馬Emperor's Choiceは前々で運ぶも手ごたえが悪くなり後退。苦しくなってからのひと踏ん張りに定評のあった馬なのだが、最近はあっさり脱落している点が気になる。

 

*Leopardstown Yielding to Soft

Paddy Power Cashcard Chase (G1) 2m1f

Alisier D'Irlandeが思い切って逃げる展開。Douvanはこれを見ながら好位から。これを追いかけてSimply Ned、Sizing John、Black Hercules。Alisier D'Irlandeはやや左に斜飛する癖を見せる。残り2障害辺りからDouvanがスムーズに先頭に代わると、そのまま追いかけてきたSizing Johnを突き放して勝利した。Simply Nedが3着。

DouvanはこれでChase8戦8勝とした。飛越もスムーズでありあくまで勝つために最低限追ったという印象。ここにはもはや敵なしといった状態だろう。Sizing Johnは転厩初戦であったが見せ場は作った。ただしDouvan相手には肉薄できないことははっきりしており、あくまで下馬評通りの走りと言ったところか。Simply Nedも短距離の一流どころが相手だとやや厳しい。JLT Novices' Chase (G1)の勝ち馬Black Herculesは期待されたが全く走らず。シーズン2戦とも見せ場なく敗れており、この馬は立て直しを図った方が良いだろう。Alisier D'Irlandeは積極的なレースをしたが5着まで。

 

Future Champions Novice Hurdle (G1) 2m

Le Martalinが逃げる展開。これを追いかけてSaturnas、Brelade、Sunni May、Peace Newsなどが続く。Riven Lightは中団から。残り2障害辺りからSaturnasが先頭に接近。最終障害で先頭に立つと、そのままBreladeを抑えきって勝利した。Riven Lightは伸びず4着まで。

SaturnasはBar Oe Racing Royal Bond Novice Hurdle (G1)にてAirlie Beachの2着に入った馬。ただし期待されたRiven Lightが全く走らなかったため相手関係としてはやや疑問符が付く。同レースで見せ場を作りながら落馬したPeace Newsも最後遅れ5着。