にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/01/07 National Hunt Racing

*Sandown Soft (Good to Soft in places)

Handicap Chase (C2) 1m7f199y

De Faoithesdreamが淡々と逃げる展開。これを追いかけてGarde La Victoire、Ulck Du Lin。第6障害でミスをしたUlck Du Linは後退、代わってBright New Dawnが前に上がる。Garde La Victoireは残り3障害から先頭に立つと、追いかけてきたBold Henryを2馬身ほど突き放して勝利。3着にはHollywoodienが入った。

Garde La Victoireは11st12lbを背負っての勝利。元々HurdleではG3勝ちがあり、Novice ChaseでもG2を勝っていた。ただしいずれの勝利もNoviceらしいスローからの上がり勝負であり、ややペースが厳しくなったG1クラスではいずれも落馬に終わっていた。今回はC2のハンデ戦らしくややペースが流れる中、トップハンデを背負ってこれを追走し、最後まで足を伸ばしきる競馬。特にトップスピードに乗ってからの飛越は流石のものがあった。道中やや左に斜飛する癖が見られたが、Chase2シーズン目としての成長が伺える。Bold Henryはよく追ったが、勝ち馬とはスピード能力の点でやや差があった印象。

 

Tolworth Novices' Hurdle (G1) 1m7f216y Soft Heavy in places

Chalonnialが逃げる展開も、やや口向きの悪さを覗かせながらのレース。これを追いかけてFinian's Oscar、Capitaine。残り2障害辺りからFinian's Oscar、Capitaineが先頭を伺うも、ここでCapitaineがミス。そのままFinian's Oscarが5馬身差の勝利。

Finian's OscarはこれでC4から2連勝となる。やや最終障害をスピードを落として大事に飛んだ分着差はつかなかったが、この悪い馬場の中でも最後まで足を伸ばしきるパフォーマンスは目立っていた。飛越は序盤こそやや低いものが見られたが、後半以降では比較的綺麗なものを見せていた。PTPでも勝利のある馬であり、今後の活躍が期待される。Capitaineは残り2障害で勿体ないミス。そこからの再加速に手間取った辺りはやはり馬場だろう。2000 Guineas (G1)にてGleneaglesの5着のあるCelestail PathはHurdle初参戦となったが、かなり馬場に苦労しているように見えた。

 

Veterans' Handicap Chase (C2) 3m37y

2016 Veterans' Handicap Chase Seriesの最終戦。レースは中盤から押し上げたPete The Feteが残り3障害から先頭に立つと、追い込んできたTheatrical Star、反撃を試みるLoose Chipsを抑えきって勝利。Dynasteは後方から進出するも最後は脚が上がり7着。

Pete The Featは13歳馬。10st1lbの最軽量を背負っての勝利となる。C2では軽ハンデながら活躍している馬であり、今回は渋った馬場もよかったのかもしれない。鞍上の乗り替わりが激しいのがやや気がかり。Theatrecal Starは比較的スピードに長けた馬であり、Loose Chipsが淡々としたペースを刻む展開も向いていた。11st8lbを背負ったGas Line Boyは4着まで。やや残り3障害辺りからの飛越で遅れてしまったのが今後に向けて気がかり。Cloudy Tooは途中まで見せ場を作ったが、最終障害で右に斜飛してしまったところから再加速できず5着に敗れた。Rocky Creekは見せ場なく少しずつポジションを下げての11着。London Nationalよりもハイペースで進んだせいもあったと思うが、やや疲れもあったのだろうか。Dynasteはやはり3mは長いのだろう。これで引退とのこと。