読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/01/26 National Hunt Racing

National Hunt Racing

*Gowran Park Soft (Yielding in places)

John Mulhern Galmoy Hurdle (G2) 3m

スタート直後からスピードに任せた飛越を見せていたMilseanが早々に落馬。代わって引っ張ったShaneshillが残り3障害辺りからペースを上げ、食らいついてきたSnow Falcon、De Plotting Shed、Clondaw Warriorを凌ぎ切って勝利した。Dedigoutはバテて大敗。

ShaneshillはもともとNHFでG1勝ちがあり、Hurdleでもそこそこ実績を残して昨シーズンはChaseに移行、RSA Chase (G1)でもBlaklionの2着と健闘していた。その後はHurdleに戻し、Iroquois Hurdle (G1)にも挑戦し2着と頑張っている。ややG1クラスに入るとしんどいようだが、Snow Falconに対して5stのハンデ差をもらったここでは力を見せた。途中から先頭を走れたのも良かったのか、飛越も比較的安定していた。Snow Falconはあくまでハンデ差だろう。また、直線で内にもたれてやや追いにくそうにしていた。人気を背負ったClondaw Warriorは僅差の3着だが、この展開であれば勝ち切りたいところであった。

 

Goffs Thyestes Handicap Chase (Grade A) 3m1f

またShadow CatcherとかClarcamとかいるんですけれど。レースはRogue Angelを制して逃げたChampagne Westがそのまま7馬身差の逃げ切り勝ち。2着にはUcello Contiが入った。

Champagne WestはClarcamに並んで11st7lbのトップハンデを背負っていたが、ここでは強い競馬を見せた。Henry de Bromhead厩舎に転厩してからはこれで3戦目だが、その中でListed、Grade Aを勝利と調子が良い。以前は落馬や途中棄権の多かった馬だが、ようやくその能力を出し切れるレースができるようになったということだろうか。ただしやや行きたがる面を見せており、スピードに任せた飛越で不安定な部分も多い。この辺りは今後の課題となるだろう。Ucello Contiは中団から抜け出してきての2着。Chaseこそ未勝利だがGrand National (G3)でも6着に健闘出来る馬。勝ち馬には平地の能力で差をつけられたが、その飛越技術は非常に高いものがある。今後要注意の一頭だろう。Bonny Kateは好位で立ち回るも最後は苦しくなっての敗戦。Rogue Angelは残り2障害でのミスが堪えたが、やはりハナを切った方が良いのだろう。Thunder And Roses、Bless The Wingsはややペースについていけず。