読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/02/20 National Hunt Racing

National Hunt Racing

*Lingfield Heavy

Surrey National Handicap Chase (C3) 3m4f

通称なんちゃらナショナルシリーズはレースがすごく面白いのでおススメ。

CoolkingとDelgany Demonが飛ばす展開。これを追いかけてKrackatoa King、遅れてOnderun、Finish the Story、Grove Silver。早々にWalk On Al、Armedanddangerous、Amberjamなどは遅れる。残り4障害辺りから再度先頭に立ったCoolkingは残り3障害で前脚を引っ掛けるミスをするも、完全に脚の上がった後続を突き放し快勝。2着にはDelgany Demonが入った。Krackatoa Kingが3着。

Heavyの超長距離戦ということで、そもそもペースに付いてこれる馬だけが残るというサバイバルレースとなった。Coolkingは10歳のベテランで障害だけで41戦という馬。大きいところの勝ち鞍こそないが、今回は嬉しい勝利となった。今回はHeavyな馬場も良かったのだろう。残り3障害でのミスを立て直してゴールまで向かう姿は、流石は歴戦の兵といったところか。Delgany DemonはChase未勝利で11st9lbとやや見込まれた条件であったが健闘した。勝ち馬とは1st近い斤量差があり、この馬も勝ち星は近いだろう。斜飛しては立て直す場面があったためこの辺りの改善があれば大きい仕事をやってのける力のある馬。Krackatoa Kingは何とか前に食らいついて3着。Sussex National(C3)2着のある馬だが、ややズブいところがあるかもしれない。

 

Hunters' Chase (C6) 2m4f

15歳馬Big Fella Thanksが走っていたが2着まで。勝ったのはMan Of Steel。

Man of Steelは2014年まではC4辺りを走っていたが勝ち星を上げることは出来ず、2016年の3月からHunters' Chaseに移行していた。これで4勝目となる。NHFを3勝しているだけに能力はそれなりにある馬だと思うのだが、Hunters' Chaseのゆったりしたペースが合うのだろうか。約1年ぶりの復帰戦となったBig Fella Thanksは素晴らしい飛越を見せての2着。夕焼けの淡い日差しの中をこれほどの馬が走っていると風情がある。Cheltenham Festivalに来てくれないものか。