読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/03/05 French Racing

French Racing

*Auteuil Terrain collant (4,3) 

労使間交渉とかで2月の末の開催が中止になり、一部のレースが3/5に延期になった模様。レース映像と結果は以下のリンクから。

http://www.france-galop.com/fr/courses/reunion/20170305/aFh3NmRlOHVzWFNqSEw0UWV2aU1WZz09

フランスギャロはなんだかんだで最近サービスが良い。適当なアドレスを使って会員登録をすればレース映像諸々が見ることが出来る。

 

Prix Karcimont Steeplechase 4400m (5 ans et au-dessus Handicap)

なんてことのないハンデ戦なのだけれども、すごく面白いので必見。事件は第3障害の前に起こる。

 

Prix Juigne Haies 3600m (5 ans et au-dessus) (G3)

イギリスからRaycin Blackが参戦していたが大敗。人気のBlue Dragonも3着に敗れた。勝ったのは対抗角と目されていたDevice。

DeviceはこれでHaies16戦12勝とした。重賞は7勝目。昨年のPrix Renaud Du Vivier (Haies G1 4 ans)では落馬に終わっているが、まさに世代を代表する障害馬。67kgと斤量は恵まれていたが、それでも雨が降りしきる重馬場を難なく追走し、一気にストライドを伸ばしてセーフティリードかと思われたSolwayを差し切るパフォーマンスはこれからが楽しみになるものだろう。Grand Prix d'Automne (G1)の2着馬Solwayは見せ場十分の2着。Blue Dragonはやはりどこか気性的な難しさがあるかもしれない。それでも3着まで抵抗するだけやはり力はある。Rayvin Blackはもともと加速をつけて飛越にテンポを生み出していく必要がある馬だけに、そもそもこのように慎重なレース運びでは大敗もやむなしといったところ。

 

Prix Robert de Clermont-Tonnerre Steeplechase 4400m (5 ans et au-dessus) (G3)

水壕障害の辺りから先頭に立ったMali BorgiaがDavid Cottinなる騎手の激しいアクションに応えて勝利。人気のCarriacouが2着。

気迫で負けるのやめようぜ。Mali BorgiaはPrix Morgex (Steeplechase G3 4 ans)勝ちのある馬。その後なかなか勝ち星には恵まれていなかったが、前走のPauにて久々の勝利を挙げ、これで2連勝とした。寸が詰まった体形でパワフルな走りをする馬で、比較的重い馬場が合うのだろうか。人気を背負ったCarriacouは逆にストライドが大きく、手ごたえのわりに伸びきれなかった。Prix Maurice Gillois Grand Steeplechase des 4 ans (Steeplechase G1)勝ちのある馬であり、馬場はもう少し硬い方がいいかもしれない。

広告を非表示にする