にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/03/14 National Hunt Racing - Cheltenham Festival - OLBG Mares' Hurdle (G1)

*Cheltenham Good to Soft

OLBG Mares' Hurdle (Grade 1) 2m3f200y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Cheltenham/14-March-2017/1610/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170314/2671332/15989614

f:id:virgos2g:20170322145444j:plain

(写真:パドック脇にあるワインバー"Quevega"。そこら中でおっさんが酒飲んでいるので思わず釣られてしまうけれども、競馬場内の食事は基本的に高い。)

近年G1に昇格された牝馬限定Hurdle戦。2015年は圧倒的人気を背負ったAnnie Powerが完全に抜け出した最終障害にてまさかの落馬で有名になった。2009年から2014年にかけて同レースを6連覇したQuevegaをたたえ、Cheltenham競馬場のパドック脇にはQuevegaと名をつけられたワインバーが設置されている。メンバーとしては、今シーズンに入って急激に力をつけてきたLimini、昨年の勝ち馬Vroum Vroum Magが人気になっていた。続いて2015-16シーズンにてJuvenile路線を席巻し、Betfred Anniversary 4YO Juvenile Hurdle (G1)では41馬身差の大楽勝を演じたApple's Jade。

f:id:virgos2g:20170322144916j:plain

(写真:わりと可愛い顔したLimini)

f:id:virgos2g:20170322145109j:plain

(写真:Debdebdeb。名前なんとかならんの)

Pass The Timeが逃げる展開も、早々からこれにApple's Jadeがプレッシャーをかけていく。上り坂となる残り5障害地点ではApple's JadeがPass The Timeを競り落とし先頭に。最終障害でVroum Vroum Mag、Liminiの2頭がこれに並びかけるが、これを1馬身ほどApple's Jadeが競り落として勝利した。

f:id:virgos2g:20170322144704j:plain

(写真:Apple's Jade)

昨シーズンこそJuvenile路線にて無類の強さを誇ったApple's Jadeだが、今シーズンは馬主と厩舎のごたごたでGordon Elliott厩舎に転厩。その後はHatton's Grace Hurdle (G1)を制したのみで16f Hurdle路線の主役となれるような活躍は残せていなかった。前走のQuevega Mares Hurdle (Listed)でも圧倒的人気を背負っていたのだがLiminiに完敗の内容。そのため今回はやや人気を落としていた。おそらく16fを行き切るほどのスピードはなく、どちらかというと持続的なスピード能力に長けた馬。また、馬場としてはSoft程度のものが合うのだろう。このような好条件に加え、今回は早々から徐々にペースを上げていくBrian Cooper騎手の好騎乗も光った。Vroum Vroum Mag、Limini辺りは馬主の意向で牝馬限定戦を使ってきたが、本来であればStayers' Hurdle (G1)、Champion Hurdle (G1)でも有力馬となり得る馬。セン馬の一線級相手でも十二分勝ち負けになると思わせるパフォーマンスであった。シーズン当初から比べるとかなり飛越技術にも無駄がなくなり、今後の活躍が楽しみである。

連覇を狙ったVroum Vroum Magだが、アイルランド移籍後初の黒星となったHatton's Grace Hurdle (G1)と同様の展開でApple's Jadeに負けた格好。この馬自身は16fから24fまで、HurdleもChaseもこなせる非常に能力の高い馬なのだが、一方で適する条件が読めないところがある。緩い流れとなりがちな牝馬限定戦で無双してきた実績もあるため、もしかすると24f戦の方が良いかもしれない。この馬もセン馬相手のレースを期待したいところ。Liminiは昨シーズンまでの実績から考えると、相当な強敵相手に健闘した。Ruby WalshがVroum Vroum Magとの二択でLiminiを選んだことは非常に興味深い。馬群の中を抜けてくる器用なスピード能力を見せていた。多頭数となりがちな同レース、スローからの一気の上り勝負となる牝馬限定戦においてこの能力は強力な武器となる。ハイペースの追走さえできればセン馬相手でもやれるだろう。