にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/04/06 National Hunt Racing

*Aintree Good (Good to Soft in places)

Manifesto Novices' Chase (G1) 2m3f200y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/6-April-2017/1345

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170406/2676646/16027579

Frodonが逃げるも残り5障害から後退。ここで先頭に立ったFlying AngelがCloudy Dreamの必死の追撃を凌ぎ切って勝利した。Top Notchは遅れ3着。

JLT Novices' Chase (G1)におけるイギリス組の再戦のようなメンバーであったが、結果はやや異なるものとなった。逃げたFrodonはNovice馬ながら今シーズンは既に10戦目、経験馬相手のCaspian Caviar Gold Cup Chase (G3)勝利を含んでいる。ただしどうにも胴が詰まった体形で、外にいたFlying Angelと比べるとストライド負けしている部分が大きかった。それなりにペースを作り出すことで展開を動かしていったが、本来はSoftな馬場でこその馬だろう。さて、勝ったFlying AngelはJLTでは大きな不利を受けて全くレースにならなかったのだが、ここではその借りを返す結果となった。だらだらと脚を使う展開が合っているのだろうか。Arkle Challege Trophy (G1)にてAltiorの2着に入ったCloudy Dreamはどうにも惜敗の多い馬。瞬間的な推進力でFlying Angelの方に分があったようだが、Cloudy Dreamもやや飛越にもたつく場面があり、これからが楽しみな馬であることは間違いない。期待されたTop Notchはやや勝負所で前が詰まる場面があった。もう少しシャープなラップ変動が存在するレースの方がいいかもしれない。

 

Doom Bar Anniversary 4-Y-O Juvenile Hurdle (G1) 2m209y Good

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/06-April-2017/1420/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170406/2676633/16027630

Forth Bridgeが少しずつペースを上げていく展開。残り2障害で先頭に立った人気のDefi Du Seuilが食らいついてきたDivin Bereを凌ぎ切って勝利した。Bedrockが3着。

Defi Du Seuilはこれで7戦7勝、うちG1は3勝とした。とにかく持ったままで進出できるスピード、そこから足を伸ばし切る機動力ともにここでは抜けている。さほど身体全体を伸ばした際のストライド利がある馬ではないようだが、最終障害にてやや遠い位置から無理を効かせてしまう飛越技術は目を引いた。Devin Bereは強敵相手に最後まで食らいつくことが出来た。大きな勝ち鞍こそないが、同世代であれば重賞を取れる器。

 

Bowl Chase (G1) 3m210y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/06-April-2017/1450/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170406/2676659/16026265

Cheltenham Gold Cup (G1)のイギリス組といったメンバー構成。

Bristol De Maiが例によって出てくるが、やや飛越にミスがありSilviniaco Contiに先頭が変わる。2周目からこれにCue Cardが早々に絡んでいき、第13障害辺りでSilviniaco Contiを競り落とす。さらにここにSmad Placeが押して前に行くが、残り3障害辺りでCue CardはSmad Placeを競り落とす。しかしこれに接近したのがTea For Two。最終障害でCue Cardを交わすと、内で抵抗するCue Cardを凌いで勝利した。3着にはSmad Place。

良馬場ならではの機動力を生かした強烈な意地の張り合いとなった。Tea For Twoは2015 Kauto Star Novices' Chase (G1)の勝ち馬で、Cheltenham Gold Cup (G1)では早々に落馬に終わっていた。そのときにものすごく悔しがっていたLizzie Kellyはここでその雪辱を果たす形となった。もともとは瞬間的な機動力を生かして勝ってきた馬だが、ようやくここにきてこのクラスのペースにも慣れてきたのだろうか。良馬場も味方したかもしれない。Cue Cardは惜しい2着。自らSilviniaco Contiを潰しに行き、Smad Placeを跳ね除け、そして最後まで抵抗したパフォーマンスは古豪健在という単語がぴったりだろう。Cheltenham Gold Cup (G1)では勿体ない落馬に終わったが、この馬もまた長距離Chaseにおいて主役を張るクラスの馬であることは間違いない。

Smad Placeは自ら押してCue Cardを潰しに行くも、残り3障害辺りで遅れ万事休す。機動力よりもハイテンポを作り出すワンペース型の馬だけに、出来ればSoftでやりたかったが、この騎乗は褒めてよいもの。Ryanair Chase (G1)で人気薄ながら3着に頑張ったAsoはさりげなく追い込んで4着。この辺りのペースに付いていければ24fでもチャンスはあるだろう。人気よりも評価されてよい馬。Bristol De Maiはやはり良馬場は向かない。Empire of Dirtは終始制御を欠いた。Silviniaco Contiは徐々にペースアップしていく展開を作りたかった。あそこまで執拗に絡まれると厳しい。これで引退とのことで、幸せな余生を願うばかりである。

 

Aintree Hurdle (G1) 2m4f

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/06-April-2017/1525/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170406/2676667/16026266

例によってThe New Oneが飛ばす展開。好位に付けたBuveur D'Airが残り3障害で先頭に立つと、大外に持ち出したThe New One、後ろから忍び寄っていたMy Tent Or Yoursを突き放して快勝した。激しい2着争いはMy Tent Or Yoursに軍配が上がった。

Buveur D'AirはこれでChampion Hurdle (G1)を含む6連勝。どうにも6連勝という印象がないのは、途中でChaseを挟んでいるからかもしれない。初の20f戦であったが、最後まで脚が上がることなくトップスピードを維持するパフォーマンスはここでは一枚上か。FaugheenやAnnie Powerなどとの対戦が期待される。My Tent Or Yoursは出来れば前に行って欲しかった。The New Oneは相変わらず飛越が安定せず。

 

Foxhunters' Open Hunters' Chase (National Course ) 2m5f19y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/06-April-2017/1605/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170406/2676671/16027830

15歳馬Big Fella Thanksがすごく頑張っている。2009、2010、2011年のGrand National (G3)に出走し、それぞれ完走を果たしている馬。正確無比な飛越を繰り出し、15歳になった現在でもHunters' Chase路線で活躍している歴史の生き証人。勝ったDineurは11歳馬で昨年の2着馬。3連覇を狙ったOn The Fringeは早々にミスをして途中棄権。