にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/04/08 National Hunt Racing

*Aintree Good to Soft (Good in Places) (National Course)

Randox Health Grand National (Grade 3 Handicap Chase) (Class 1) (7YO plus) 4m2f74y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/8-April-2017/1715

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170408/2677215/16031393

出走馬の詳細はこちらから。補欠馬の繰り上がりはなし。Hurdle / Chaseを用いるここまでのレースを見る限り、かなり馬場は良くなっていたようだ(Good表示)。気温も上がっていたことから、入線後に馬を一度水でクールダウンする措置が取られていたようだ。人気は昨年のRSA Chase (G1)の勝ち馬Blaklionから。続いてDefinitly Red、Vieux Lion Rouge、One For Arthurなど。

そういえばDAZNでも中継をやったらしい。日本語実況とかいらないからグリーンチャンネルでも中継すればいいと思う。あと馬券も売ればいいと思う。これほど難解極まりないレース、わかる人はほとんどいないはずなので一攫千金間違いなし。キャリーオーバーもあるかもしれない。

とりあえず恒例のFalse Startから。Highland Lodge、Double Shuffle、Rogue Angel、Thunder and Roses、Vicenteなどが出てくる。第一障害にて早速VIncenteとCocktails at Dawnの2頭が落馬。第2障害から第5障害は全馬見事クリア。Becher's Brookでは中団にいたThe Young Masterが落馬、The Young MasterにぶつかったRaz De Mareeは躓いて落馬、Definitly Redは大きく不利を受ける。どうやらアブミを落としてしまったようで、Definitly RedはそのままValentinesの前で途中棄権。Foinavonは全馬クリア。この辺りからRogue Angel、Thunder And Roses、Roi Des FrancsのGigginstownの3頭が前に出てくる。Valentinesにて前に居た空馬が飛越をミス、これにぶつかったThunder And Rosesは落馬。第11障害にて後方にいたSaphir Du Rheuが落馬。Melling Roadを横切る辺りでは隊列はかなり長くなるが、ここから少しずつ馬群は凝縮。第14障害で後方にいたDoctor Harperが大きなミスをするも立て直す。スタンド前のThe Chairでは中団にいたMeasureofmydreamsが落馬。WaterのあとにRoi Des Francsが空馬に絡まれて外に膨れるも、いつぞやのAcross The Bayほどではなく前目に取り付く。そのまま馬群は凝縮して2周目へ。Rogue Angelはやや押して飛越しにいくもペースは上がらない。Becher'sにて大きく躓いたUcello Contiが落馬。Chase未勝利馬の夢は来年へ持ち越された。Valentinesにて大きくミスしたPleasant Companyだが、Ruby Walshの超人的なリカバリーで持ち直す。ここから好位をするすると上がってきたBlaklionが先頭に。第27障害でRogue Angelが大きなミスをして後退。やや苦しくなった後続を尻目に、第28障害の地点ではBlaklionが早々に後続を引き離す。しかし第29障害の地点からやや手が動き、後ろにいたCause of Causes、Gas Line Boy、さらにOne For Arthurが接近。最終障害で内に切れ込んできたOne For ArthurがBlaklionを交わして先頭に立つと、内から忍び寄っていたCause of Causesを突き放して勝利した。3着には追い込んだSaint Are、4着にはBlakion、5着にはGas Line Boy。大きく離れて、Vieux Lion Rouge、Lord Windermere、Regal Encore、Pleasant Company。さらにHoublon Des Obeaux、Ballynagour、Le Mercurey、Goodtoknow、Just A Par、La Vaticane、The Last Samuri、Tenor Nivernais、Roi Des Francs、Wonderful Charm。以上が完走した馬である。

勝ったOne For Arthurはスコットランド調教馬として、1979年のRubsticに続き2頭目のGrand National勝ち馬になった。さて、逃げたRogue Angelをはじめ、Thunder And Roses、Roi Des Francsなどはアイルランドの長距離ハンデ戦では重賞クラスの締まったペースを作り出す馬たちなのだが、あくまでペースとしては24f戦仕様。前半は何頭かが代わる代わる飛ばしたが、The Chairから2周目の入り口にかけてペースが緩み、馬群が凝縮。Roi Des Francsは不運だったとはいえ、そこから先頭集団に再加速する余裕はなく、Becher'sの辺りから代わってBlaklionが引っ張る形となり、結果としてそこから再加速している。One For Arthurは前走のBetfred Classic Chase (G3)を快勝しているのだが、このレースで引っ張ったのはRigadin De Beaucheneなる深いブリンカーが特徴的な馬。集中力に課題のあるのこの馬は、前半からハイテンポで引っ張る形が持ち味であり、例にもれずこのレースでもこの形を作っている。さらにClassic Chase (G3)では後半からGoodtoknowが絡んでいきペースが上がっている。One For Arthurはここをまくり上げて勝ってきた。これはニュージーランド障害でよくある形なのだが、馬場こそ大きく違えど、結果的に今回のGrand National (G3)はBetfred Classic Chase (G3)と同様の展開となった。それにしても、National Fenceを馬群の中で器用に飛越し、ここをすり抜けていく機動力は素晴らしいものがある。重馬場で実績を残してきた馬だが、良馬場への対応も見せた。やや後方からレースを進める馬だけに、落馬や不利などのリスクがあるのだが、このような後傾型のラップを刻む馬としては類稀なる機動力と持久力を持っているのだろう。まだ8歳と若く、今後の活躍が楽しみでならない。

Glenfarclas Chaseを勝ってきたCause of Causesは惜しい2着。残り2障害でGas Line Boyと接触する不利はあったのだが、それ以上にスムーズに進出したOne For Arthurとは異なり、勝負所から内を抜けられなかった機動力の差によるところが大きい。Balthazar KingのようにCross Countryで一時代を築き上げ、そしてBalthazar Kingが成し遂げられなかったGrand National (G3)制覇までも手が届く馬。Saint Areは得意の舞台で3着に入ったが、Blaklionが一気に加速したところでやや遅れてしまった。ここまで変動の大きいペースだとついていくのが厳しいか。一時はあわやのシーンまで作ったBlaklionだが、最後はさすがに失速して4着。昨年から比べるとかなりタフな馬へと成長しているが、出来れば前をもう少し可愛がりたかったところ。脚の使いどころさえ違っていれば勝利まであっただろう。

2015年では第一障害で早速落馬し、雪辱を期してきたGas Line Boyは前々で踏ん張るも5着まで。最後の最後で苦しくなったところで連続で不利を受け、そこから再加速が出来なかった。Vieux Lion Rougeは昨年の7着から一つ着順を上げたが、本来34fは長いかもしれない。いつぞやのCheltenham Gold Cup (G1)の勝ち馬Lord Windermereはあんまり実況されなかった上に話題にもあまり上らなかったが、さりげなく7着まで頑張った。後ろの方でぽつんと追走し、そこから少しずつこっそり上がっていく姿は往年のそれを思い出させる。

Houblon Des Obeauxはやはり馬場が渋った方がよかった。Regal Encoreはここのところやたらと勝ちまくっている髪の毛の後退したおじさんRobbie Powerさまのご加護でもあったのだろうか。Goodtoknowは前々で踏ん張るもCanal Turnでミスして万事休す。牝馬La Vaticaneは全く人気がなかったがとりあえず完走したようだ。重馬場の超長距離ハンデ戦であればチャンスはあるだろう。The Last Samuriは急激なペース変化についていけなかったようだ。より淡々としたペースで流れやすくなるため、馬場は渋った方が良いかもしれない。Just A Parは来ないときはこんなもの。Rogue Angelは前で引っ張るも最後は余力を無くして途中棄権。前に来られてからは早々に後退しているように、精神的な強さに問題があるのだろう。Definitly RedはThe Young Masterの不利を受けて全くレースにならず。Raz De Mareeは勿体ない落馬。Ucello Contiはなんとかどこかで勝利を上げて欲しい。