にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/04/16 National Hunt Racing

*Ffos Las Good (Good to Soft in places)

West Wales National (C3) 3m3f208y

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Ffos-Las/16-April-2017/1715

内から忍び寄ったThe Bay Oakが最終障害でCogryを捉えて勝利。大きく離れた3着にはStreets of Promiseが入った。人気のAubussonが残り2障害で大きなミスをして4着。

The Bay OakはChase3戦目にして初勝利となる。メンバー的にそれなりに揃っており、かつ11st2lbとさほどハンデの利もあったわけではないが、それでもこのパフォーマンスはこれからが楽しみになるもの。おそらくロングスパート戦の方が合っているのかもしれない。Cogryは重賞からListed辺りでも走れるだけのリズムを持った馬だが、最終障害で前に入られる形での2着。牝馬Streets of Promiseはもう少し馬場が渋った方がいいかもしれない。

 

*Cork Good to Yielding (Good in places)

Dr Vincent O'Brien Centenary Chase (G3) 3m

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Cork/16-April-2017/1505

ハナに行ったVal De Ferbetが2周目から少しずつペースを上げると、残り3障害辺りから後続を振り切り12馬身差の快勝。2着には人気のA Toi Philが入った。

Val De FerbetはもともとはWillie Mullins厩舎にいた馬で、Hugh Mcmahon Memorial Novice Chase (G2)勝ちもあるのだが、その後転厩してからはなぜかHurdleや平地を使ったりしていた。これが久々の重賞勝ちとなる。頭が高いわりに低めの飛越を見せる馬だが、ペースを上げたときの飛越のスピードアップと安定感は見事であった。人気のA Toi Philはいつ走るのかよくわからないのだが、24fは少し長いのだろうか。

 

*Fairyhouse Good to Yielding

Irish Stallions Farms E.B.F. Mares Novice Hurdle Championship Final (G1) 2m4f

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Fairyhouse/16-April-2017/1450

例によってAirlie Beachが逃げる展開も、残り2障害辺りからRuby WalshのLet's Danceがあり得ないくらいの圧迫感で迫ってくる。これに最終障害で並びかけたAugusta Kateが前脚で障害を蹴り飛ばすも、Let's Danceを半馬身ほど退け勝利した。

Ruby Walshとの叩き合いを制するDavid Mullinsって人すごくないですか。Augusta KateはNaasのLawlor's Hotel Novice Hurdle (G1)ではいいところで落馬、Cheltenhamでは序盤のミスでリズムを崩して大敗に終わっていたが、牝馬限定戦となったここではようやく力を見せた。飛越に粗さはあったが、最終障害のミスをものともせずにLet's Danceを競り落とすスピードには高い能力を感じさせる。現時点では距離もこのくらいの方がいいかもしれない。5連勝で挑んだLet's DanceとRuby Walshは勿体ない2着だが、完成度としてはこちらの方が上だろう。

 

Ryanair Gold Cup Novice Chase (G1) 2m4f

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Fairyhouse/16-April-2017/1600/

圧倒的な人気を背負ったYorkhillだが、散々外埒に激突するかの勢いで左へ斜飛を繰り返す。最終障害でも大きくミスをすると、内から忍び寄っていたRoad to RespectがYorkhillを僅差でしのぎ切って勝利した。

YorkhillはCheltenhamでJLT Novices' Chase (G1)を勝利するなどG1を4勝している馬。どうにもChase初戦の右回りとなったFairyhouseにてこのような斜飛する癖を見せていた。Hurdle時代は目立たなかったのだが、Chaseとなるとやはり勝手が違うのかもしれない。ここでも圧倒的に身体能力は高いところを見せたが、今後に向けては課題が残る一戦となってしまった。同じ右回りのPunchestownに向かうのであれば再度よく観察したい一頭。並みの騎手であれば落ちていたところを何とかこらえきったのはRuby Walshだからこそだろう。Road to Respectは完成度の高さでYorkhillを凌ぎ切った印象。Ball D'arcはもう少し馬場が渋った方がよいか。Baily Cloudは人気ほど軽視して馬ではないはずだが、気性的な部分に向上の余地があるだろう。