にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/04/29 National Hunt Racing

*Sandown Good

Oaksey Chase (G2) 2m6f164y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Sandown/29-April-2017/1425

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170429/2682592/16067543

第15障害辺りから逃げるJosses HillにプレッシャーをかけていったMenorahが圧勝。2着には遅れて追い込んできたTraffic Fluideが入った。

MenorahはこれでOaksey Chase (G2)は4連覇となる。とにかくSandownの競馬場と良馬場という条件には相性が良く、なぜか挑戦したHenry II Stakes (Flat)以外は全勝。22fのメンバーとしては重賞クラスが揃ったここでも素晴らしいパフォーマンスを見せた。これが引退とのことで、引退後もSandow競馬場に来て欲しい馬。Traffc Fluideは最後まで差を詰めた。難しい馬だがどこかで重賞くらいは勝てるだろう。

 

Celebration Chase (G1) 1m7f119y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Sandown/29-April-2017/1500/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170429/2682632/16066717

例によって逃げたSpecial Tiaraだが、残り2障害からAltiorが接近。そこからのフラットで一気にAltiorがSpecial Tiaraを突き放して勝利した。遅れた3着にSan Benedeto。

Special Tiaraは胴長の体形と筋肉の強さを生かして障害から遠い位置でも無理を効かせて飛越をしてしまうという、かなりリスクのあるパフォーマンスが持ち味なのだが、Altiorは同様の特性を持ち、さらに身体の柔軟性すらも兼ね備えた馬。そのためAltiorの飛越写真は素晴らしくダイナミックな身体性を映し出したものがちらほら存在する。それにしても、例によってSpecial Tiaraが飛ばす展開を難なく追走し、残り2障害から一気に突き放したパフォーマンスは次のChampion Chaserを予感させるものだろう。一方のSpecial Tiaraは自分のレースはしたのだが、Railway Fencesが存在するSandownではややそのロングスパートを生かし切ることが出来ない。Alitorとの8馬身はフラットの加速力の違いなので仕方がないのだが、それよりもSan Benedetoとの4馬身半という着差が全てだろう。道中抑えが効くのならば20fでもやれると思うのだが。

 

bet365 Gold Cup Chase (G3) 3m4f166y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Sandown/29-April-2017/1535/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170429/2682661/16066718

8着までがほぼ同時に入線しているという大接戦。こういうレースの場合はだいたい少しでもスムーズに進行した馬が前に来るのだが、Henllan Harriは人気薄ながらも積極果敢なレースで大金星を上げることが出来た。Sean Bowenの好騎乗だろう。ただし10st0lbとかなり楽だったことは否めず、今後もこのようなレースができるかは疑問符。Vyta Du Roc、Theatre Guideは機動力で迫るも惜敗。

 

Select Hurdle (G2) 2m5f110y

結果:http://www.attheraces.com/racecard/Sandown/29-April-2017/1610/

映像:http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20170429/2682645/16067679

The New Oneがスローで逃げる展開も、向こう正面から進出したL'ami Sergeが残り2障害で先頭に。そのままPtit Zigを突き放して勝利した。The New Oneは4着。

L'ami Sergeは非常に機動力に優れた馬なのだが、いまいち使える脚が一瞬だけという欠点もある。今回はスローでThe New Oneが引っ張る中、抑えが効かなくなるギリギリのところで我慢させながらあっさりとポジションをとるというDaryl Jacobの素晴らしい騎乗があった。スローの機動力比べとなればもはやこの馬の天下。Ptit Zigはおそらくこれからフランスだろうが見せ場を作った。The New Oneの現状はこんなものだろう。

 

*Punchestown Good to Yielding

Irish Stallion Farms E.B.F. Mares Champion Hurdle (G1) 2m4f110y

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Punchestown/29-April-2017/1550/

Airlie Beachが逃げる展開も、早々にプレッシャーをかけていったApple’s Jadeが14馬身差の完勝。Karaleeは3着。

Apple's Jadeは今年のOLBG Mares' Hurdle (G1)の勝ち馬。純粋な瞬発力勝負ではやや苦しいところがあるのだが、20fクラスの早めに動いてロングスパート勝負に持ち込む勝負であれば無類の強さを誇る。メンバー的にも負けられないものであったこの一戦、パフォーマンスとしては完勝だろう。それよりもBrian Cooperが自ら動いて展開を作っていくという騎乗を見せていたのが今回の収穫と思われる。

 

Aes Champion Four Year Old Hurdle (G1) 2m

結果と映像:http://www.attheraces.com/racecard/Punchestown/29-April-2017/1625/

Willie MullinsとGordon Elliotのリーディング争いが佳境に入っていた一戦。

Dandy Magが逃げる展開もMega Fortuneがこれをぴったりとマーク。しかしこれをDandy Magが突っぱね、さらにはBaupameが外から被せに行く。大外からはMeri Devieが差し込む。Mega Fortuneは根負けし、抜け出したBapaumeが勝利した。Landofhopeandgloryが2着。

Willie Mullinsの軍勢の連係プレーにMega Fortuneをはじめ他の馬が巻き込まれたという印象のレース。Bapaumeはこれで重賞2勝目。Mega Fortuneに早々に圧力を掛けに行った上に、スムーズに運べたという利はかなり大きい。Landofhopeandgloryは車間距離が小さいタイトなスペースに入ってしまった。Willie MullinsによるGordon Elliot包囲網についでに巻き込まれてしまった印象。やはり良馬場であれば走る。スムーズであれば勝利まであっただろう。