にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/11/04 National Hunt Racing / French Racing

*Wetherby Soft

Charlie Hall Dayだったが若干雨が降ったようだ。

 

Novices' Chase (C3) 1m7f36y

Eamon An Cnoicが早々に落馬。Born Survivorがスムーズにレースを運ぶと、そのままThe Nipperを11馬身ほど突き放して勝利した。

Born SurvivorはHurdleではC2のハンデ戦でいちおう勝負にはなっていた馬。ここでは飛越の完成度が抜けており、その分の勝利と言った印象。The Nipperは勝ち馬と比べるとだいぶ飛越に無駄が多く見られた。馬場もHeavyまで悪化した方がよさそう。

 

OLBG Mares' Hurdle (Listed) 2m

同じような名前のレースがわりとあるのでややこしい。勝ったのはLa Bague Au Roi。Novice上りの馬だが一線級相手ではやや水をあけられ、仕切り直しのシーズンとなる。大き目の馬体から繰り出される飛越はダイナミックなものがあるが、やや緩慢に動く場面もあるため馬場は少し渋った方がよさそう。

 

bet365 Hurdle (G2) 3m26y

Gayebury、Missed Approachが逃げるも、残り4障害から進出したColin's SisterがWholestoneを抑えて勝利した。Lil Rockerfellerは3着。Ptit Zigは遅れた。

Colin's SisterはNovice上りの馬で、昨シーズンはJane Seymour Mares' Novices' Hurdle (G2)を勝っている。今回は初のセン馬混合戦、24fへの距離延長と課題は多かったのだが、前評判を覆す走りを見せた。どちらかというと筋肉の収縮力を生かしたタイプだが、馬場は渋った方が得意そうな印象がある。同じくNovice上りのWholestoneは惜しい2着。勝ち馬の一瞬のスピードにやられたイメージだが、この馬もまた瞬発力を生かすタイプなだけにやや残念な敗戦。Stayers' Hurdle (G1)にて2着に入ったLil Rockerfellerはペースがもっと流れた方がいい。Haies d'Auteuil Grade 1 Hurdle (G1)を勝っているPtit Zigは今日のAuteuilに遠征せずこちらにチャレンジしていたのだが結果は出ず。全盛期の勢いには届かない印象。

 

Charlie Hall Chase (G2) 3m45y

Coneygree、Cue Cardの参戦で話題になっていた。Blaklion、Definitly Red、Vieux Lion RougeなどのGrand National組も多く参戦していた。

逃げるのは例によってConeygreeだが第3障害で踏切位置を間違えるミス。そのままリズムを崩すと第8障害でBristol De Maiに前に出られてそのままPU。Bristol De MaiとBlaklionが引っ張る展開で、途中からはBlaklionが前に出る。Cue Cardは好位で追いかけるも第15障害でまさかの落馬。Definitly Red、Vieux Lion Rouge、Shantou Flyerは前の2頭から遅れ、結局前の2頭の叩き合いはBristol De Maiが勝利した。Village Vicは全く見せ場無し。

ConeygreeとCue Cardのアクシデントでレースが全く変わってしまった。Bristol De Maiは重馬場のワンペースで逃がしたときは異様なまでの強さを発揮する馬で、今回は結果的にマイペースとして運ぶことが出来た。何回か怪しい飛越はあったのだが、最後までこらえることが出来たのは収穫だろう。ただしやはり良馬場で、オーバーペースで展開した際の対応には不安が残る。Grand Nationalで途中先頭に立って見せ場を作ったBlaklionは惜しい2着。以前はピッチ型のスパートを行う馬だったのが、最近では図太く足を伸ばせるタフなステイヤーへと変化している。ただしここは勝ちたかったというのが正直なところ。Definitly Red、Vieux Lion Rouge、Shantou Flyer辺りはやはりハンデ戦ならではの馬。Village Vicは戦術を変更したが見せ場を作れず。Cue Cardはもともと首を大きく使った飛越を行う馬なのだが、どうにも飛越位置で大きなミスをする場面がある。鞍上曰く日照不足が原因とのこと。Coneygreeはミスをしたところで前脚と後肢を引っ掛けて怪我をしたらしい。これも日照不足が原因とのことだが。

 

*Down Royal Soft (Yielding in places)

JNwine.com Champion Chase (G1) 3m

14:30 | Down Royal | Saturday 4th November 2017 | At The Races

Zabanaを筆頭に、Gigginstownの4頭がこれを追いかける展開。その中から抜け出したOutlanderがRoad to Respectとの追い比べを制して勝利した。More of That、Our Dukeは見せ場を作れず。

OutlanderはFlogas Novice Chase (G1)、Lexus Chase (G1)などの勝ち星がある馬なのだが、どうにも一線級相手であると分が悪く、前走のIrish Daily Star Chase (G3)の敗戦で人気を落としていた。その雪辱を晴らす勝利となる。どちらかというと淡々とレースが進行し、残り数障害からペースアップする形の展開を得意としており、今回はZabanaがレースを作ることで展開も向いただろう。調子も比較的良かったか。3連勝で挑んできたRoad To Respectは惜しい2着だが、これは騎手のコース取りの差か。More of Thatは動きが重たく見えた。Our Dukeは散々飛越をミスしており、レース後の検査でもどうにも芳しくなかったとのこと。

 

MycarNeedsA.com Chase (G2) 2m3f120y

15:05 | Down Royal | Saturday 4th November 2017 | At The Races

葦毛のDiskoがBallyosinを抑えて逃げ切り。A Toi Philは4着。

DiskoはこれでもNoviceではG1を2勝している馬なのだが、比較的緩慢な動きをするワンペース型であり、勝つときはあっさりなのだが、負けるときもあっさり交わされるところがある。今回は早々から絡んでくる馬もいなかった上に、メンバー的にも格上の部分があったのだろう。Ballyosinはこのクラスでもやれることを示した。

 

*Auteuil Tres Souple (3.8)

Prix Bournosienne (Haies 3 ans G3) 3600m

Course | France Galop

途中から先頭に立ったWhetstoneがElimayを抑えて勝利。Impala Du Rhue、Merlin Woodsと続いた。WhetstoneはDevice、So Frenchの妹で、これでListed含めて4連勝。やや緩慢で大きめのストライドはフランス障害馬らしい体質であり、途中からハナに行ったのは結果的に正解だった。Elimay、Impala Du Rhue辺りはPrix Magne (Listed)にも出ていたメンバーで、 ほぼその時の着順をなぞるような結果となった。

 

Prix Congress (Steeplechase 3 ans G2) 3600m

Course | France Galop

Sochaがオーバーペース気味に飛ばすも早々に失速。代わって先頭に立ったEchiquier RoyalがMy Wayを抑えて勝利。3着以下は大きく遅れた。

3歳戦らしくやや経験の浅い馬がハイペースで引っ張る展開となっている。Echiquier Royalはこれで3連勝だが、それよりもこの厳しい展開を前々でしのぎ切った点には価値がある。特にここまでのライバルと目されていたPiton Des Neigesには今回は決定的な差をつけた。My Wayは勝ち馬とは対照的にじっくり追走してから前を追いかけるレース。ここまでくれば交わしたかったが、勝ち馬の粘り腰に屈した印象。

 

Grand Prix d'Automne (Haies G1) 4800m

Course | France Galop

Galop Marinが淡々と逃げるも馬群は一段になって進行。Device、Alex De Larredyaは中段から。最終コーナーを回って外から進出する2頭だが、激しいたたき合いはAlex De LarredyaがDeviceを凌ぎ切って勝利した。離れた3着にはGalop Marin。

Alex De Larredyaはこれで同レース3連覇とした。ここ2戦はいずれもDeviceの2着と敗れていたが、今回はその借りを返す勝利となった。飛越はフランス馬にしてはやや硬いものを見せており、慣れればイギリスのそれにも対応が出来るだろう。昨年のJLT Long Walk Hurdle (G1)に続くイギリス遠征が期待される。2連勝で臨んだDeviceは4000mを越えると途端に詰めが甘くなる。16f戦の方がよいのかもしれないが、飛越としてはフランス障害馬らしいものであり、いまいちイギリスでどうこうというイメージはない。