にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/11/18 National Hunt Racing

*Cheltenham Soft (Good to Soft in places)

JCB Triumph Trial Juvenile Hurdle (G2) 2m87y

Soft表示だが雨が降っており次第に馬場は悪くなっていったようだ。

Gumballが飛ばす展開も、残り3障害辺りからApple's Shakiraが接近。脚が上がったGumballを尻目にApple's Shakiraが17馬身差の快勝。Eragon de Chanayが3着。フランスのEh Geogesが4着に入った。

Apple's ShakiraApple's Jadeの妹で、これがイギリス初戦となる。少しずつ加速していくエンジンのかけ方は姉に似ており、これからも若干馬場は渋った方が力を出せる馬だろう。管理がGordon Elliot厩舎からNicky Henderson厩舎に移ったこともまた興味深く、ひとまずはJuvenile路線だろうが、その後どのような馬となるのかは楽しみである。2連勝で挑んできたGumballは交わされてからは完全に脚が上がった。ここまで苦しいレースは初経験であり仕方がないか。Eh Georgesはペースが上がったところでついていけず。

 

Novices' Chase (C2) 3m80y

Ballyopticが逃げるも、残り4障害からBlack Cortonがこれに並びかける。食い下がるBallyopticを抑えてBlack Cortonが勝利した。West Approachは3着。

Black Cortonは昨年11月からChaseを走っている馬で、夏場も走っていたため比較的経験は豊富な馬。どうしても夏場の格下相手に走っていた印象が強く軽視されがちなのだが、Hurdle時代にはNovice Listed勝ちもある程度には実績のある馬である。Chaseデビュー戦は2頭立てでAltiorの相手をさせられたりと(63馬身差2着)どうしても戦歴的には格下のイメージもあるのだが、今日の走りを見る限りではこの馬自身もまた重賞を狙える器であるということなのだろう。飛越のスムーズさがモノをいうNovice Chase重賞戦線であれば活躍が期待される。Chase2戦目のBallyopticは目立ったミスはなかったが惜しい2着。Thistlecrackの弟West Approachはそもそも途中まで飛越にスムーズさを欠いた。この馬場と距離、相手を考えれば29馬身差の3着で済んだのはむしろこの馬の能力を証明するものだろう。

 

BetVictor.com Handicap Chase (G3) 3m3f71y

Three Faces Westが軽快に逃げる展開。残り3障害からPerfect Candidateがこれを競り落として先頭に立つと、追い込んできたVicenteを僅差凌いで勝利した。

Three Faces WestはC2辺りで走ってきた馬で、逃げたときは非常にしぶとく前で張り続ける馬。さほど早いペースは刻むことはないようだが、G3クラスとしては平均的ながらも緩みどころがないペースを作り出した。Perfect Candidateはこれが重賞初勝利。最後はやや脚が上がっていたが、積極的なレースが功を奏した。Veterans' Chaseを使っている馬でもあり、このような緩まないペースには慣れていたのだろう。Scottish Grand Nationalの覇者Vicenteはゴール前で再度加速して2着。やや飛越をミスする場面もあったが、余力の面ではこの馬の方が上手であった。今年もAintreeを目指すのだろうか。Benbens、Shotgun Paddyは途中から遅れた。Minella Roccoは途中から飛越にスムーズさを欠いた。

 

BetVictor Gold Cup Handicap Chase (G3) 2m4f87y

好位から抜け出したSplash of Gingeが勝利。これに並んで抜け出したStarchitectが2着。Le Prezienが3着。

Barbados Trophy Handicap Chase (G3)を軽量で勝ったFoxtail Hillが逃げているのだが、同馬11st2lbを背負っており、馬場もかなり悪化していたせいかさほどペースが上がっていない。Splash of Gingeは16fだとペースが速すぎ、24fだと長すぎ、20fでもペースが流れると厳しくなるという微妙な立ち位置なのだが、やや緩めのペースを好位から一気に抜け出すレースは性に合っているようだ。残り数障害での飛越は無駄がなく、非常に効率的なものが出来ていた。Starchitectはむしろ残り2障害辺りでの飛越に粗が目立ち、最後は差を詰めているが飛越でのミスが致命的になった。Le Prezienは斤量の差。