にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/12/08 National Hunt Racing

*Exeter Soft (Heavy in places)

Novices' Chase (C2) 2m3f48y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20171208/2735105/16403964

Modusが人気になっていたが、手ごたえの怪しくなった残り3障害地点で落馬。West ApproachがReport to Baseを抑えて勝利した。

日照不足ということで幾つか障害がバイパスされている。West ApproachはこれでChaseは3戦2勝としたが、まだ本来の身体能力に頼った飛越であり、最後も気を抜いて走るなど気性の悪さを見せていた。Robbie Powerがある程度押していく騎乗を見せており、これはこの馬の難しさを物語るものだろう。Modusは案外なパフォーマンス。Report to Baseは早々にHurdleに見切りをつけて転向してきた馬だが、上手くいけばNovice重賞のひとつくらいは。

 

Handicap Chase (C3) 3m6f153y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20171208/2735093/16404605

約6000メートル。長いやつ。False Startのおまけつき。

 

*Sandown Good to Soft

Juvenile Hurdle (C2) 1m7f216y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20171208/2735049/16403962

ハナを走ったSussex Rangerが後続を突き放して完勝。Quothquanが2着。人気のJukebox Jiveは4着まで。

アメリカ生産馬は英国障害ではさほど多くは見ないのだが、ぱっと思いつくのはStayers' Hurdle (G1)2着のLil Rockerfeller。Sussex Rangerは日本のマイルチャンピオンシップ (G1)等を制したHat Trickの産駒でアメリカ生産馬。Ryan Moore騎手の親父さんのGary Moore調教師のところの管理馬で、騎手はRyan Moore騎手の弟Jamie Moore騎手といえば日本人にもなじみがあるだろう。Sussex RangerはこれでHurdle2戦目。平地ではAW含めて下級条件で1勝のみにとどまったが、3歳馬としてはかなり安定した飛越を見せていた。フラットのスピードもこの中に入れば上位のものを持っている。走法もパワフルでダイナミックであり、もともとのスピード能力と飛越の完成度がモノをいうJuvenile Hurdle路線であれば現在のこの馬の能力は大きな武器になるだろう。これからが楽しみな一頭。CheltenhamのTriumph Hurdleが大目標だろうか。

 

Ballymore Novices' Chase (G2) 2m3f173y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20171208/2735083/16403963

Springtown Lakeが逃げるも、残り2障害辺りから先頭に立ったOn The Blind Sideが後続を突き放し完勝。2着にはSpringtown Lake。White Moonは大敗。

On The Blind Sideはこれで3戦3勝。名門Nicky Henderson厩舎の馬らしく飛越は正確なものを持っている。少しずつ加速していくタイプのスパートを見せており、これは多頭数で揉まれるレースにさえならなければ自ら展開を動かす大きな武器となる。Nico de Boinvilleはあまり馬群に突っ込むタイプではないのでそのようなリスクは今のところ低いだろう。対抗角と目されたWhite Moonは案外。いまいち走りが硬いのが気になった。