にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/12/10 National Hunt Racing

*Cork Soft to Heavy

Kerry Group Hilly Way Chase (G2) 2m160y

14:20 | Cork | Sunday 10th December 2017 | At The Races

例によって軽快に飛ばしたUn de Sceauxが後続を寄せ付けず快勝。2着にはTop Gamble。Ballyosinは残り2障害で落馬。

Un De Sceauxは今年のRyanair Chase (G1)を含むG1を7勝している馬で、16fでは図抜けたスピードを持っている。Ruby Walsh負傷で乗り替わりだったが、この馬のリズムで行けたここでは問題とはならなかったようだ。16fで馬場が渋ったここでは単純にペースに付いていける馬がいなかったという印象。Douvanとの使い分けが課題になるだろうが、おそらくこの馬を16fに持ってきた方がよいイメージがある。Top Gambleは出来れば良い馬場でやりたかった。

 

*Punchestown Heavy

John Durkan Memorial Punchestown Chase (G1) 2m4f40y

14:05 | Punchestown | Sunday 10th December 2017 | At The Races

Djakadam、Sizing John、Sub Lieutenantと隊列が並ぶも、残り3障害からSizing JohnがDjakadamを競り落とすと、そのまま後続を突き放して勝利した。2着にDjakadam。

Sizing Johnは16fでは物足りないレースを繰り返していたのだが、20fから24fと距離を延長してから頭角を現してきた馬。もともと馬場不問で力を出せる馬だが、ここでも安定したレースを見せた。序盤で一度ミスがあったが大きなものではないだろう。今シーズンの24f路線でも中心視される一頭。Djakadamは24fの方がレースをしやすいように見えた。Sub Lieutenantはやはり20fであればこのくらいは。Carlingford Loughまで珍しく差はつかなかったのだが、全体的に慎重なレースに徹したこともあるかもしれない。Shaneshillは気性的な問題があるように見える。