にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/12/23 National Hunt Racing

*Ascot Good to Soft (Soft in places)

Graduation Chase (C2) 2m5f8y

Adrien du Pontが逃げるも、途中からリズムよく飛んだConey Islandが残り3障害辺りからこれに接近。最後はAdrien Du Pontを9馬身ほど突き放して勝利した。More of Thatは大敗。

Coney IslandはGold Cup Darkhorseとか言われており、実績的にはDrinmore Novice Chase (G1)勝ちがある。今回は1年近い休み明け初戦であった。途中までの飛越は粗が多かったのだが、中盤からは本来のリズムを取り戻し、そこからはスムーズに運ぶことが出来た。能力自体はここでは抜けていそうだが、相手関係としてはListedよりも楽な部類だったのでよくわからない。Adrien du Pontは途中までやや引っかかる面があった。Coney Islandに来られてからほとんど抵抗できず突き放されたのは気がかり。More of Thatは相変わらず走れないのだが、どこか体質や精神的な部分に問題があるのだろうか。World Hurdle (G1)を無敗で勝った馬であり、本来この程度のパフォーマンスで終わる馬ではないはずなのだが。

 

Reve de Sivola Long Walk Hurdle (G1) 3m97y

2012年から2014年まで同レースを3連覇したReve de Sivolaの名前が付けられたレース。人気は連覇を狙うUnowhatimeanharryから。そのほか上がり馬Sam Spinner、French Champion HurdlerのL'ami Serge、World Hurdle (G1)を2着したLil Rockerfellerなど。

例によってSam Spinnerが逃げる展開。好位からUnowhatimeanharry、Lil Rockerfeller。Thomas Campbell、The Worlds Endはその後ろから。Taquin Du Seuil、L'ami Serge、Ubakは後方に構える。手ごたえが怪しくなってきた後続を尻目にSam Spinnerは軽快に逃げると、満を持して追いかけてきたL'ami Sergeを突き放して勝利した。3着にはUnowhatimeanharry。

Sam Spinnerは昨シーズンはNoviceのC4辺りを走っていた馬なのだが、今シーズンに入り24f Hurdleに距離を延長し重賞を連勝。今季一番の上がり馬だろう。やや前脚が短く重心が低い走法を見せていたが、馬体を見るとどちらかというとパワー型で、やや馬場が渋った方が力を出せそうなタイプに見える。前々でリズムを作っていき、パワフルなロングスパートを掛ける競馬があっているようだが、この路線ではCole Hardenも同タイプなだけにStayers' Hurdle (G1)では2頭の兼ね合いがどうか。

Haies' d'Auteuil (G1)の勝ち馬L'ami Sergeも力を見せた。一度はChaseに転向しているが、跨ぐような飛越を見せる馬だけにHurdleの方がいいようだ。とにかくインにぴったり張り付いて馬群を縫って出てくるレースはこの馬の形である。今回は勝ち馬の粘り腰に屈したが、ここのところは安定して結果を残しているだけに、来年も信頼できる馬として楽しみだろう。UnowhatimeanharryはSam Spinnerに真っ向勝負を挑むも苦しくなった。これはやはり力負けだろうが、出来ればもう少しペースは落ち着いた方がいいのだろう。The Worlds End、Tomas Campbellは3着争いに加われたことが収穫。このクラスのレースに慣れればもう一声あってもおかしくない。Lil Rockerfellerはペースが速かったのかもしれないが、出来ればインではなく外で、かつ良馬場でレースがしたかった。