にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/01/01 National Hunt Racing

*Cheltenham Heavy (Soft in places)

新年ですね。こんなマニアックもいいところの辺境マイナーブログにお越しいただいている奇特な皆様、今年もどうかよろしくお願いいたします。もともとは非公開で自分用の備忘録程度のつもりで始めたのですが、いろいろな形で声をかけてくださる方の支えもあり、気が付いたら800記事も超え、楽しく長続きしています。

 

Handicap Chase (C2) 3m2f70y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180101/2744519/16438143

序盤から軽快に飛ばしたVyta du RocがLamb or Codに22馬身差をつけ快勝。Ballymalinは3着まで。

Vyta du RocはもともとはReynoldstown Novices' Chase (G2)勝ちがある馬なのだが、その後は長距離の重賞戦線では相手にならず低迷していた。今回から馬具と戦術を変え、積極的なレースを行っていた。今回は自分のペースで走れたこと、メンバーが大きく弱化したこともあるが、終始スムーズな飛越を見せる完勝であった。順調であればListedからG3くらいでは勝負になるだろう。C2を走ってきたBalymalinは最後根負けする形でLamb or Codにも先着を許した。堪えきれなかったところを見ると馬場はもう少しよくなったほうがいいだろう。Southfiled Royalは早々にリズムを崩してPU。

 

Dipper Novices' Chase (G2) 2m4f166y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180101/2744549/16437850

Sizing TennesseeとAmi Desboisが引っ張るも、早々にAmi Desboisは後退。内を掬って伸びてきたYanworthがSizing Tennesseeをしのぎ切って勝利した。Willoughby Cort、Ballyandyと続いた。

YanworthはもともとHurdleでは10戦8勝と化け物クラスの活躍をしてきた馬で、その中にはChristmas Hurdle (G1)、Liverpool Hurdle (G1)勝ちもある。今年のChampion Hurdle (G1)ではその後圧倒的な強さを見せつけることになるBuveur D'airを差し置いて1番人気にも押されていた。今シーズンからChaseに転向しているが、これで4戦2勝と期待ほどの走りは見せていない。今回もさほど飛越は安定せず、最後も身体能力でSizing Tennesseeを凌ぎ切ったという印象。Sizing Tennesseeはあまり人気がなかったが、前走のCheltenhamの勝ち方を考えるとこれくらい走っても不思議ではない。ただし距離は24fのほうがいいかもしれない。Neptune Investment Management Novices' Hurdle (G1)勝ちのあるWilloughby Courtはやや残念な敗戦。ただし今回は不良馬場に戸惑った可能性もある。2016 Champion Bumper (G1)の勝ち馬Ballyandyは飛越が安定せず。下級条件であれば身体能力で誤魔化しは効いたかもしれないが、この相手ではよほど抜けたものがない限りあの飛越では厳しい。

 

Betbright Handicap Chase (G3) 2m4f166y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180101/2744568/16438234

Burtons Wellが逃げるも下り坂のあたりから後退。外から先頭に立ったBallyhillがShanton Flyerを抑えきって勝利した。Top Ganbleは4着まで。

Burtons Wellがさほど上のクラスで引っ張ってきた馬ではないので仕方はないのだが、途中からペースがかなり落ち着いている。BallyhillはChase初勝利。LudlowやHerefordの下級条件Hurdleしか勝ち鞍はなかったのだが、この馬としては大きな勝利を挙げた。もともとは16fで走ってきたこと、10st2lbの軽量、そして外をスムーズに周れた利が大きかった。価値あるのは2着のShantou Flyerで、この不良馬場を馬群の中に入って思うように動けず、かつ11st5lbとそれなりに斤量も背負っていた。さほど脚が速い馬ではないので、G3クラスでペースが落ち着いた際には気を付けたほうが良い馬かもしれない。Top Gambleはペースが上がってからおいて行かれてしまった。距離がどうこうというイメージはないのだが、馬場だろうか。Burtons Wellは踏み切り位置を間違えたりとリズムが悪かった。Splash of Gingeは一気に前に入られてそのまま抵抗できずPU。

 

Relkeel Hurdle (G2) 2m4f56y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180101/2744639/16438242

例によってRayvin Blackが逃げるも残り3障害地点からあっさり後退。変わってRoyal Vacation、Colin's Sisterが先頭に立つも、内から忍び寄ったWholestoneが抜け出し勝利した。2着にはAgrapart。

どうもDaryl Jacobなる人はこういうレースが上手い。Wholestoneはどうにも24fは長いようだが、20fのそこそこ落ち着いた流れの中からこのような機動力を生かすレースがあっているようだ。ただしStayers' Hurdle (G1)に向けてはそもそもL'ami Sergeと鞍上の兼ね合いもあるのでやや難しいところがある。昨年の勝ち馬Agrapartはなかなかエンジンがかからなかったが、最後は盛り返しての2着。休み明けの分だろうが、戦績を見ていると20fのほうがよさそうだ。なおフランスHaiesはあっていないだろう。bet365 Hurdle (G2)でまさかの穴をあけたColin's Sisterはどうにもポン駆けするタイプ。道中無駄なしぐさが多く、これが最後の失速につながっている。7歳とまだ若いが名前からしてベテランぽいOld Guardはどうも足が速いタイプではなさそうだ。Rayvin Blackは負けるときはこんなもの。

 

*Exeter Heavy

Beginners' Chase (C3) 2m1f109y

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180101/2744640/16438241

Adam Wedgeなる人がやらかしてしまった案件。Report to BaseはさすがにC2でWest Approachを追い詰めている馬だけに、これくらい走ってもおかしくはないのだが。