にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/01/06 National Hunt Racing

*Chepstow Heavy

12月末に予定されていたWelsh Grand Nationalが延期になったので。相変わらず馬場はHeavyだが、騎手からは「思ったよりはいい」のようなコメントが出ていた。

 

Future Champion Finale Juvenile Hurdle (G1) 2m11y

http://www.attheraces.com/racecard/Chepstow/6-January-2018/1335

We Have A DreamとSussex Rangerの一騎打ちムード。追いかけてFamous MillyとMercenaire。レースは有力馬2頭が抜け出すと、ゴール前でもう一伸びを見せたWe Have A DreamがSussex Rangerを抑えて勝利した。遅れてMercenaire。

We Have A Dreamはもともとフランスで走っていた馬で、英国移籍後これで3戦3勝。ここまでGoodからGood to Softで圧勝してきたスピードは馬場がHeavyになっても通用する本物であった。Heavyであると基本的にはどこまで最後まで脚を残すかというサバイバルレースになりがちなのだが、この馬場にも関わらず最後にもう一脚使うパフォーマンスはまだ余力が残っている証左だろう。Juvenile路線であれば最有力候補の一等となる。ハットトリック産駒Sussex Rangerも勝ちに等しいレースを見せたが、できれば馬場はもう少しよくなったほうがこの馬のスピードを生かせるだろう。Aintreeで圧勝してきたFamous Millyは最終障害で落馬。馬は無事とのこと。走法から見るとスピード比べというよりは、全馬がほぼ歩くような状態となってゴールするタイプのレースに適性があるように思われる。

 

Welsh Grand National (G3) 3m5f110y

http://www.attheraces.com/racecard/Chepstow/06-January-2018/1405/

Novice馬Vintage Cloudsが一番人気に押されていた。そのほかBishops Road、Ask The Weatherman、2014年の勝ち馬Emperor's Choiceなど。

例によってVintage Cloudsが出てくる展開だが、Wild West Wind、Ask The Weatherman、Buckhorn Timothyなどが先頭集団を形成。第1障害で狭いところにいたEmperor's Choiceが落馬。そのままVintage Cloudsなどが引っ張るが途中からスペースが狭くなり後退。第13障害からAlfie Spinnerが先頭に立つも、残り2障害辺りからRaz De Mareeが抜け出し勝利した。2着にはAlfie Spinner。Final Nudge、Vintage Cloudsと続いた。

13歳馬はWelsh Grand National (G3)史上最高齢での勝利、騎手のJames Bowenは16歳での勝利であり、こちらは史上最年少での勝利と記録づくめになった。Alfie Spinnerも13歳馬であり、この日は高齢馬の活躍が目立った。Raz De Mareeは昨年の2着馬。Munster National (Grade A)や、Cork Grand National (Grade B)を2012年、2016年と勝利しており、Grand National (G3)にも2回挑戦しているベテラン。基本的には馬場不問で年末から3月くらいにかけて超長距離であれば走れる馬であり、やや飛越が低い部分があるため道中どこまでミスをしないかというあたりにかかっている。今回も何度か前が狭くなる場面があったが、最終障害以外で目立ったミスがなかったのは特筆すべき部分だろう。やはり超長距離である程度ペースが流れた際の持久戦で強さを発揮する馬。レーティングとしてGrand National (G3)を目指すことは可能であり、出走すれば人気の一頭となるだろう。

Somerset National (C3)の勝ち馬で、Welsh Grand National Trial (C2)で2着に入ってきたSlfie Spinnerはさほど人気がなかったが好走した。もともと逃げることで自分のペースを作り出すタイプの馬なのだが、今回は好位の外々で気分よく回れたのが構想の要因か。この馬もHeavyの超長距離戦を得意としている。National Courseに関しては2014年のBecher Chase (G3)でOscar Timeの4着があるのだが、レーティングから考えるとGrand National (G3)への出走はぎりぎりといったところ。Badger Ales Trophy (Listed)にて2着に入ったFinal Nudgeは経験は浅い馬だが踏ん張った。超長距離ハンデ戦でこれから活躍できる馬だろう。Novice馬Vintage Cloudsは相変わらず飛越にもたつく場面があり、これが勝負所で置いて行かれる原因となっている。最後は盛り返してきているだけに、この辺りが解消されればもう少し上に行ける馬。

そのほか。Scottish Grand National (G3)を連覇したVicenteは途中で落馬。ただし少しずつ遅れての落馬なだけに、あまりHeavyはよくないように見える。Beware the Bear、Chase The Spudはいいところなし。Wild West Windは派手に落馬していたが馬は無事とのこと。Ask The Weathermanはペースについていけず。O'Faolains Boyはこのような馬ではないのだが。Emperor's Choiceは第1障害で落馬したが、スタート直後でペースが上がり混雑するところ、やや狭いところに入ってしまったようだ。

 

*Sandown Heavy (Soft in places)

Tolworth Novices' Hurdle (G1) 1m7f216y

Mont Des Avaloirsが逃げるも飛越にスムーズさを欠き後退。代わって追い上げたSummerville BoyがKalashnikovを凌いで勝利した。Western Ryderは大敗。

メンバー的にはChampion Bumper (G1)5着のWestern Ryderが目立つ程度でさほど協力ではない。Sussex RangerがChepstowに回ったという背景もある。Summerville BoyはこれがHurdle初勝利。道中スムーズに走れていたということも大きいのだが、それ以上に敵失といった印象が強い。2連勝で挑んできたKalashnikovはHeavyな馬場に戸惑ったようだ。Mont Des Avaloirsは飛越に向上が欲しい。