にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/04/01 National Hunt Racing

*Fairyhouse Soft to Heavy (Heavy in places)

FairyhouseのEaster Festival。お天気が心配なところ。

 

Irish Stallion Farms EBF Mares Novice Hurdle Championship Final (G1) 2m4f

http://www.attheraces.com/racecard/Fairyhouse/1-April-2018/1450

Redhotfillypeppersがゆったりと逃げるも第7障害で落馬。代わって先頭に立ったSalsarettaだが、これをスムーズに交わしてLaurinaが先頭に立つと、そのまま後続を突き放して勝利した。2着にはLackaneen Leader。

Laurinaはこれで4戦4勝とした。CheltenhamのTrull House Stud Mares' Novices' Hurdle (G2)では後続をあっさりと18馬身突き放す快勝劇を演じており、今回もその勢いのままの勝利となった。ほぼ最終障害を越えてから少しエンジンを入れただけのレースであり、さすがにスピード能力自体がここでは桁違いであるようだが、この4戦とも牝馬限定戦でかつ重馬場という点は今後に向けてはやや気になるところ。来シーズンも牝馬限定戦を使うのであればOLBG Mares' Hurdle (G1)の中心となる可能性があるが、ここ4戦はメンバー的にさほど強力ではないことには注意した方がよいだろう。

 

Underwriting Exchange Novice Hurdle (G2) 2m4f

http://www.attheraces.com/racecard/Fairyhouse/01-April-2018/1520/

Mount Hanoverが逃げるも、残り3障害辺りから先頭に立ったPallasatorがJetzの追い上げを凌いで勝利。Sacarpetaは3着。

Qatar Racingの馬が障害走っている。Pallasatorは平地で7勝を挙げてきた馬で、Doncaster Cup (G2)、Henry II Stakes (G3)辺りの勝ち鞍が目立つ。2017年の秋にGordon Elliot厩舎に移籍し、これがHurdle2勝目となった。やや頭が高い走法が目立ち、飛越はどうにも怪しい部分が残っていたが、それでもやはり平地で走ってきたスピード能力は健在のようだ。馬場がよくなればもう少し変わる可能性は残っている。9歳とNovice Hurdlerとしてはかなり高齢だが、障害馬として老け込む年齢ではない。Jetzはまたもや惜敗となった。ぎりぎりまで馬の後ろで我慢させた方がいいようで、これが最後の一押しが足りない原因となっている。

 

Ryanair Gold Cup Novice Chase (G1) 2m4f

http://www.attheraces.com/racecard/Fairyhouse/01-April-2018/1630/

Up For Reviewが逃げるも残り2障害辺りからShattered Loveが先頭に。そのまま逃げ込みを図るも、Al Boum Photoがこれをゴール前でとらえて勝利した。Invitation Onlyが3着。

Al Boum PhotoはRSA Chase (G1)でこそ落馬に終わっていたが、ここでようやくG1初勝利とした。Shattered Loveはどちらかというとストライドを伸ばして走るタイプの馬であり、逆にAl Boum Photoは小脚と機動力を武器している。Shattered Loveは好位からスムーズな抜け出しで完全に勝ちパターンであったのだが、残り3障害地点で加速がつくCheltenhamとは異なり、完全な脚力での加速が必要なFairyhouse競馬場ということもあり、後続を突き離し切ることが出来ず、かつ最終障害での踏切地点をミスすることで、結果的にAl Boum Photoの差し切りを許すことになった。現時点でさほどこの2頭に差はなさそうに見える。Invitation Onlyは善戦したが最後はやや遅れて3着。