にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/04/27 National Hunt Racing

*Punchestown Soft

Punchestown Champion Hurdle (G1) 2m

http://www.attheraces.com/racecard/Punchestown/27-April-2018/1730/

Wicklow Braveが軽快に飛ばす展開。好位からSamcro、これを追いかけながらMelonが追走するも、残り3障害でSamcroとMelonが仲良く落馬。Wicklow Braveを残り2障害辺りで射程圏に入れたSupasundaeがこれを抑えて勝利した。

The Game Changerが早々に途中棄権しようとしているのだが、SamcroとMelonが落馬するのを見た瞬間頑張ってもう一度馬を走らせていたりする。SupasundaeはLeopardstownのIrish Champion Hurdle (G1)の勝ち馬で、その後はStayers' Hurdle (G1)、Aintree Hurdle (G1)と距離を伸ばしていた。逃げたWicklow Braveは平地でもやれるだけのスピードを持った馬で、去年のこのレースも暴走気味のペースで押し切っていたりする。今年もハナを切り、それなりに流れる展開を作り出した。Supasundaeは中長距離のペースに対応していただけにやや道中で追っ付けて追走する場面はあったが、それでも最後まで脚を伸ばし切れたあたり、やはりこの馬の精神的な強さを示すものだろう。ただしどちらかというと20~24fの方がいいように感じる。Wicklow Braveは気分よく走ればこのくらいは。Blue Berry、Coquin Mansは完全にoutpace気味。Melon、Samcroは勿体ない落馬に終わったが、2頭も仲良く同じような落馬を見せており、当該障害の着地地点に問題があったのではないかと疑われる内容。とりあえず馬は無事とのことで、いずれも来シーズンの16f Hurdle路線をにぎわせてくれる馬だろう。

なおこれでWillie Mullins調教師がアイルランドリーディングに決まったとのこと。Gordon Elliot先生がちと気の毒である。

 

Champion Novice Hurdle (G1) 2m4f

http://www.attheraces.com/racecard/Punchestown/27-April-2018/1805/

葦毛のDebuchetがゆったりと逃げる展開も残り2障害地点で落馬。さらにこれに避ける動作によりGetabirdとScarpetaが内側にコースアウト、Debuchetが転倒時に破壊したラチが倒れてきて、後続の進路も阻むことになる。これらの不利を上手いこと回避したDortmund ParkがBurrows Saintを振り切ると、Whiskey Sourの追い上げを凌いで勝利した。

Debuchetがゆったり逃げることによって残り数障害からペースアップする典型的なNovice戦になっているのだが、いかにDebuchetの転倒の不利を受けずに進めるかというところで勝敗が大きく変わった印象。Dortmund Parkは本来G1だとやや足りないレースを続けていたのだが、とにかく今回は好位でスムーズに立ち回ることが出来たことが大きかった。中3日で出走してきたWhiskey Sourは倒れ込んできたラチの影響を受けてやや踏み遅れたことが痛かった。20fに距離を延長してパフォーマンスを上げており、馬群を抜けてくる器用さもあるため、おそらく20~24fのハンデ戦では面白い存在となるだろう。Burrows SaintはDortmund Parkと同じように上手く立ち回ったが、Dortmund Parkとはやや差がある印象。Real SteelはWhiskey Sourと同じように上昇を開始したが、脚が上がった辺り16fの方がよいのだろう。人気のPallasatorは勝負所から付いていけず。さほど大きな不利を受けてはいなかっただけに、やや心配な置いて行かれ方。台風の目となったDebuchetは勿体ない落馬だが、どうにも前半から飛越はいまいちだった。