にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/05/02 Australian Racing

*Warrenambool Soft 5

Decron Dunroe BM120 Steeplechase 3450m

https://www.racing.com/form/2018-05-02/warrnambool/race/4/results

前半から早いペースで飛ばしたThe Dominatorがそのまま逃げ切り勝ち。追いかけてきたKing Kamadaが僅差の2着に入った。

The DominatorはHurdleやSteeple-Trialでは勝ち星があるものの、Steeplechaseでは初勝利となる。やや前半から飛ばしたものの、中盤で息を入れ、順周りに入ったあたりから再度ペースを上げるという典型的な勝ちパターンに持ち込むことが出来た。69.5kgを背負っての勝利はここではやや力が抜けているだろう。飛越にはスピードに任せて飛ぶ場面があったが、これはオーストラリア障害の特徴でもあるので仕方がない。King Kamadaはどうにも勝ち切れない馬のようで、今回も惜しい2着。勝ち馬とは3kgの差があるだけにここは差し切りたかった。勝ち馬を追いかけて行ったTrouble Boundは足が上がったようだ。Hale Sorianoは大きなミスをして途中棄権。

 

Sovereign Resort Galleywood Hurdle 3200m

https://www.racing.com/form/2018-05-02/warrnambool/race/6/results

Ancient Kingが逃げる展開も、これを制してハナに行ったTwo HatsがHoney Steel's Goldの追い上げを凌ぎ切って勝利した。Ancient Kingは伸びを欠き3着。

Two HatsはJJ Houlahan Hurdleの勝ち馬で、Grand National Hurdlesでも2着に入るこの路線ではトップクラスの馬。Ancient Kingに対して1kgのハンデ差があったことは否めないが、それでも安定した飛越で力を見せた。MJ Bourke Hurdleではまさかの落馬に終わっていたが、まともに走ればこのくらいは。そのMJ Bourke Hurdleを勝って挑んできたHoney Steele's GoldはTwo Hatsを目掛けて乗ったが、最後はやや突き放される内容の2着。かつてイタリアダービーにて3着に入り、その後オーストラリア障害でMJ Bourke Hurdle、Grand National Hurdleと勝利するに至ったAncient Kingは伸びを欠いて3着だが、小柄な馬だけにやや斤量が堪えたかもしれない。3月からなぜか休みなく平地を使っている点もマイナス。