にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/05/06 New Zealand Racing

*Wanganui J.C. @ Wanganui Slow9

Lowe Schollum Jones Maiden Hurdle MDN HDL 3000m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/46604/1/Race-Detail.aspx

明らかに叩き台で出てきたWise Men Sayが勝利。昨年のGreat Northern Steeplechaseの勝ち馬。調子はよさそうで、ニュージーランド障害はしばしば重馬場のハードスケジュールとなり馬が参ってしまうことがあるのだが、現状その心配はなさそうな印象。

 

Palamountains Nutrition Open Hurdle RST OPN HDL 3000m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/46604/2/Race-Detail.aspx

Thatz Davidがハナを伺うもこれを制してTallyho Twinkletoeが先頭に。途中からThatz Davidが絡んでいくも、これを振り切るとGame Percyの追い上げを凌いで勝利。

Tallyho Twinkletoeは2015年以来のHurdleとなったが危なげない勝利をあげた。破竹の3連勝でGrand National Hurdlesを制したのだが、その後英国移籍がどうのとか調子が上がらないとかいう話が出たきり全く音沙汰がなかったのだが、ようやく今年の3月に平場で復帰してきた。STPにも登録があったようにどのような路線を選ぶかは不明だが、ひとまずここでは明らかに格上のパフォーマンスを見せた。もともと行きたがるくらいの気性の持ち主だけに、ここでガス抜きが出来たことはいい材料だろう。Game PercyはTallyho Twinkletoeが抜け出したところによく迫った。RST OPNに目途を立てる好走。Thatz DavidはFlatでは107戦11勝、HurdleではWellington Hurdle (PJR)を含む36戦5勝とかいう鬼のようにタフな馬なのだが、12歳となった今年も元気いっぱいの3着。あえてハナを主張してもよかったが、RST OPNであり無理をするところでもないだろう。そもそも今回はちと相手が悪い。昨年のGrand National Steeplechaseの2着馬Upper Cutはいいところなく敗れたが、所詮はたたき台なので気にする内容ではない。

 

Jol Coffee House Open Steeple RST OPN STP SWP 3800m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/46604/3/Race-Detail.aspx

The Big Opalが逃げるも、最終コーナーを回ってまくったMaxがそのまま押し切り勝ち。2着には遅れて追い上げたChocolate Fishが入った。The Big Opalは3着まで。

そもそもThe Big Opalは74kgのとびぬけたトップハンデを背負っている。Waikato Steeplechase含むSTP5勝であるだけに仕方はないのだが、シーズン初戦の緩い流れも相まって、ある程度機動力のある馬のスピードの前に屈する形となった。MaxはSteeple3勝目。どうやらさほどパワーと持久力を必要としないレースでは持ち前の機動力が生きるようで、今回は得意の形となった結果だろう。Chocolate FishはOPNの安定勢力。今回も安定したレースを見せており、馬場がさらに悪くなってもやれるタイプだが、どこか決め手に欠ける部分は否めない。