にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/10/28 National Hunt Racing

*Aintree Good

Old Roan Limited Handicap Chase (G2) 2m3f200y

http://www.attheraces.com/racecard/Aintree/28-October-2018/1500

Templehills、Frodonなどがゆったりと引っ張る展開だが、残り5障害辺りから前に出たFrodonがそのままJavert、Cloudy Dreamなどの追い上げを凌いで勝利した。

FrodonはもともとNoviceの身ながらCaspian Caviar Gold Cup (G3)を勝利して名を上げた馬だが、Novice路線ではG2勝ちのみにとどまり、Noviceを卒業した昨シーズンはCrest Nicholson Handicap Chase (G3)を勝利するにとどまっていた。どうやらノドの問題があったようで、これがWind Surgery明けとなる。さほどトップスピードに優れた馬ではなく、むしろ20f程度のダラダラとしたレースでロングスパートをかけるような展開があっているようだ。ここまでG1級の瞬発力を要求されるレースとなるとやや厳しいようだが、手術でどこまでよくなっているかというところだろうか。飛越技術はさすがに高いものがあり、ここでも安定した飛越を見せていた。Javertは前走2年半近い休み明けのC3を勝ってきた馬だが、G2のここでいきなり目途をつけたのはこの馬にとって大きな進捗となる。Cloudy Dreamは相変わらず詰めの甘さが残る。同じくWind Surgery明けのFlying Angelはさっぱり走らず。この馬の場合は気性面の問題もあるかもしれない。