にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/11/06 National Hunt Racing

*Exeter Good (Good to Firm in places)

Haldon Gold Cup (Grade 2 Limited Handicap Chase) 2m1f109y

http://www.attheraces.com/racecard/Exeter/6-November-2018/1405

ある程度注文を付けてOzzie The Oscarが逃げる展開。Diego Du Charmilがこれを追いかけ、God's Own、San Benedetoなどがそれに続く。残り4障害辺りからDiego Du Charmilが前に出ようとするもここから失速。代わって上がってきたGod's OwnがOzzie The Oscarを抑えて勝利した。

God's Ownは本来であればPunchestownのChampion Chase (G1)にてVautourを下してきた馬であり、G1を3勝の実績はここでは明らかに格上の存在である。しかしどうにも16fの一流どころに入るとワンパンチ足りないレースが多く、どうにも上述の実績を額面通りに受け取れない部分がある。昨シーズンは20fに挑戦するも結果を残せず、CheltenhamのQueen Mother Champion Chase (G1)やCelebration Chase (G1)でも前とは大きく離されたレースを見せており、やはりどうにも頭打ちの面が見えていたこと、また昨シーズンのいまいちなパフォーマンスが響いたのか、ここでは人気を落としていた。しかし内容的には自分のレースを作ったOzzie The Oscarを競り落とすレースは完勝と言ってよいものであり、10歳になったここでもやや行きたがる面を見せるくらいに馬は若く、往年の力は残っていると考えてよいだろう。G1戦線に入っても勝ち切るまでは微妙だが、上位に食い込んでくるだけの力は持っている。Ozzie The Oscarはむしろ強敵相手に自分のレースを作って健闘した。このレースができれば重賞クラスでも勝利するチャンスはある。San Benedetoは実績を考えればここでは好勝負まで持ち込みたかったのだが、どうにもトップスピードの面で問題があるようだ。距離短縮のTheoはむしろこれがよい方向に出れば。Maghull Novices' Chase (G1)を勝ってきたDiego Du Charmilは期待されたが残念な結果。Celebration Chase (G1)の結果を考えればこのくらいだろう。