にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/11/25 French Racing

*Auteuil Terrain Lourd (4.6)

Prix Morgex (Steeplechase / 4 ans / G3) 4400m

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2018/O/L0lTUWlHRmRzOGtYZVF1Y2JmWXZtdz09

Edgeoy、Cicalinaなどが引っ張る展開だが、2周目あたりから先頭に立ったCat Tigerが食らいついてきたCicalinaを競り落として勝利。2着にはBlasimonが追い上げた。人気のCicalinaは3着。

同日のJapan Cupで世界的なレコードが出たらしいが、それとは対照的なまでの超不良馬場となったAuteuil競馬場。Cat Tigerは人気がなかったが好走した。SteeplechaseはPrix The Fellow (G3)に次ぐ重賞制覇となる。馬場に張り付くようにして走る走法は不良馬場を得意とするそれであり、最後はやや脚が上がったCicalinaとは対照的に足を伸ばすことが出来ていた。BlasimonはListedを勝ったばかりの上り馬だが、勝負所で置いていかれたものの最後まで勝ち馬を追いかけた内容は評価してよいだろう。飛越技術が向上すればもう少しやれるはず。Prix Maurice Gillois (G1)の勝ち馬Cicalinaは人気を背負うも3着まで。どちらかというとパワー型で大きなストライドで走る馬なのだが、こういう馬は重馬場ではそのパワーを発揮する一方で、不良馬場まで悪くなるとかえってこのストライドがエネルギー効率を削ぐ形になる。パワフルな走りは迫力があるが、残念ながら最後は馬場の重さに脚を取られて後退してしまった。とはいえ、この辺りの着順は馬場状態によって容易に変化するものであろう。

 

Prix Andre Michel (Haies / 4 et 5 ans / G3) 3600m

Pour juments de 4 et 5 ans, n'ayant pas, en courses à obstacles, cette année, reçu une allocation de 100.000.

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2018/O/U0lTaHh5VnlzMDFZTDR1am9oWTdWdz09

やや早いテンポで逃げたRaffles Sunがそのまま逃げ切り勝ち。Jubilatoire、Ex Fan Des Sixtiesと続いた。

Raffles Sunは前走のPrix Renaud Du Vivier (G1)ではMaster Dinoの3着に入っていた馬。この4歳Haies路線はMaster Dino、Tunisの2頭が抜けているのだが、それに次ぐ立ち位置にはいる馬である。走法を見る限りではLourdの馬場を苦にするところはなく、自分のペースで運んだこともあり最後まで飛越は安定していた。どこかでSteeplechaseを再度試す可能性もあるのだが、そこでも期待ができる馬だろう。対抗角と目されていたJubilatoireは惜しい2着。あくまでフラットの叩き合いで敗れたといったところで、勝ち馬とはそう差はなさそうな印象。

 

Prix Georges Courtois (Steeplechase / G2) 4400m

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2018/O/WnBScit1WWhCaEs0YXZVVlRRdVNtUT09

Saint Goustan Blueが逃げる展開もRail Ditchにてまさかの落馬。内を立ち回って進出したSrelighonnが追い上げてきたCrystal Beachを振り切り勝利した。3着にRoi Mage。

明らかに全盛期のデキにはないSo Frenchや、さすがに全盛期のスピードはないMilord Thomasはともかく、Prix La Haye Jousselin (G1)にて2着に入ったSaint Goustan Blueが落馬したことでレースは大荒れの内容となった。SrelighonnはPrix Ferdinand Dufaure (G1)勝利や、Prix Maurice Gillois (G1)にてOn The Goの3着に入った経歴はあるのだが、さすがにこの路線のSteeplechaseの一線級と戦った経験はなく、やや格下という扱いであった。実績どころが走らなかった以上、内容的に評価は難しいのだが、ひとまずこの路線の重賞級には目途をつける内容といっていいだろう。連勝で挑んできたCrystal Beachは最後はやや根負けする格好の2着。

 

Prix Leon Olry-Roederer (Haies / G2) 4300m

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2018/O/M3ZiRGFXN2gwdE1zUEl3SC9HWk45QT09

軽快に逃げたGalop Marinがそのまま後続を大きく突き放して勝利。2着にはLe Rocherが上がった。

Galop MarinはこれでGrand Prix D'Automne (G1)を含む4連勝。今年の秋からは明らかにパフォーマンスを上げており、特に展開が厳しくなった際にはより力を発揮することが出来ているようだ。パワフルな走りは馬場適性を感じさせるものであるが、ここでは明らかに格上の存在であり、条件が云々というレベルの話ではないだろう。イギリスから遠征したLe Rocherは頑張って2着まで来たが、いくらなんでも相手が強すぎた。