にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/12/29 National Hunt Racing

*Newbury Good to Soft

Challow Novices' Hurdle (G1) 2m4f118y

https://www.sportinglife.com/racing/results/2018-12-29/newbury/506418/betway-challow-novices-hurdle-grade-1

例によってやる気のないスタート。Coolanlyが逃げる展開も、残り2障害辺りから一気にペースアップ。Katesonが抜け出してくるも、馬群を縫うように出てきたChampがGetaway Trumpの追い上げを凌いで勝利した。

ChampはこれでHurdleは4連勝。5月に下級条件戦を使っていたのはともかく、Newburyでは連勝とした。やや行きたがって走るところのあるスピードに富んだ馬という印象で、かなりBarry Geraghty騎手が抑えるのに苦労していた。もう少しペースが上がってもやれる可能性はあるが、比較的ペースが落ち着くことの多い20f Novice戦ではこの機動力は大きな武器になるだろう。Getaway Trumpは外を回って追い込んだが、このようなレースでスムーズにレースを運ぶことは、それだけで展開利が見込めることは注意した方がいいだろう。Ketasonはややスピードの差を感じる3着。Brewin'upastormは最後まで前が空かず。

 

*Leopardstown Good

Neville Hotels Novice Chase (G1) 3m

https://www.attheraces.com/racecard/Leopardstown/29-December-2018/1355

24fのNovice戦らしく馬群は固まって進行。ここから抜け出してきたDelta WorkがMortalを抑えて勝利した。

出走馬7頭中5頭が同じ馬主の馬ということで、同じような勝負服の馬がうろうろしているのでどうにもわかりにくい。Delta WorkはChase転向後3連勝とした。Irish Daily Mirror Novice Hurdle (G1)の2着馬だが、飛越の上手さよりは持っている能力の高さで抜け出してきたという印象。また、Novice戦の経験のみであり、ペースが流れた際の対応力という意味ではやはり疑問がまだ残る。RSA Chase (G1)に向けては、イギリスのKauto Star Novices' Chase (G1)を勝ったLa Bague Au Roiが当面のライバルとなると思うが、この牝馬もまた運動神経の良さに基づく機動力を武器にした馬であり、瞬発力勝負という面では現時点では何とも言えないといったところか。

 

Ryanair Hurdle (G1) 2m

https://www.attheraces.com/racecard/Leopardstown/29-December-2018/1430

RyanairのGigginstown House Studの持ち馬であるSamcroが人気になっていた。レースはTombstoneが逃げる展開だが、これにSamcroが並んでいく。しかし直線を向いてSamcroは失速、代わってSharjahが馬群から抜け出して勝利した。2着にはSupasundae。

SharjahはこれでMorgiana Hurdle (G1)から連勝とした。ここにきて突然馬が変わってきたのかよくわからないが、どちらかというと良良馬場での瞬発力に長けた馬という印象がある。Tombstoneは最近こそ16fを使っているとはいえ、もともとはより長い距離やChaseにも出走していた馬であるため、あまりペースは流れていないことを考えると、よりペースが上がった際の対応力は不明であるが、いずれにせよハマった時の破壊力には注意した方がいいだろう。Supasundaeはさすがにしぶとく伸びて2着に来たが、道中どうにもスムーズに走れない場面が目立った。この馬はしぶとく伸びるロングスパート能力が武器であり、このように終始窮屈なレースは合わない。Cheltenhamに代わって見直せる一頭。Melonは最後加速して追い上げていたが、やはり馬場はもっと渋った方がいいだろう。Samcroは全く走らなかった。16fは本来向いているようには思えないのだが、さすがにこの負け方は距離云々の問題ではない。